攻殻機動隊について調べてみた件

  • 押井守の映画1作目については「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」をご覧ください。
  • 押井守の映画2作目については「イノセンス」をご覧ください。
  • 黄瀬和哉の映画については「攻殻機動隊 ARISE」をご覧ください。
  • テレビアニメについては「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」をご覧ください。
  • ルパート・サンダースの実写映画については「ゴースト・イン・ザ・シェル (映画)」をご覧ください。
  • プレイステーション用ゲームについては「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」をご覧ください。
  • 攻殻機動隊』(こうかくきどうたい、英語タイトル:GHOST IN THE SHELL)は、士郎正宗による漫画作品。ジャンルとしてはSF(パラレルワールド含む)に属する。

    この作品を原作とする劇場用アニメ映画が1995年に公開され、またテレビアニメ作品が2002年に公開された。士郎正宗の原作版・押井守の映画版・神山健治の『S.A.C.』・黄瀬和哉と冲方丁の『ARISE』では、時代設定や主人公草薙素子のキャラクター設定、ストーリーを始め多くの相違点があり、それぞれが原作を核とした別作品といえる。その他、小説、ゲームなどの派生作品が展開されている。

    あらすじ

    時は21世紀、第3次核大戦とアジアが勝利した第4次非核大戦を経て、世界は「地球統一ブロック」となり、科学技術が飛躍的に高度化した日本が舞台。その中でマイクロマシン技術(作中ではマイクロマシニングと表記されている)を使用して脳の神経ネットに素子(デバイス)を直接接続する電脳化技術や、義手・義足にロボット技術を付加した発展系であるサイボーグ(義体化)技術が発展、普及した。結果、多くの人間が電脳によってインターネットに直接アクセスできる時代が到来した。生身の人間、電脳化した人間、サイボーグ、アンドロイドが混在する社会の中で、テロや暗殺、汚職などの犯罪を事前に察知してその被害を最小限に防ぐ内務省直属の攻性公安警察組織「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活動を描いた物語。作中の年表は別項、攻殻機動隊シリーズの年表を参照。

    概要

    登場人物

    登場人物に関しては各作品の記事、また『S.A.C.』シリーズの登場人物は「攻殻機動隊 S.A.C.シリーズの登場人物」を参照。

    なお、以下の登場人物については下記リンク記事を参照。

  • 草薙素子
  • 荒巻大輔
  • バトー
  • トグサ
  • 登場兵器

    用語

    企業・団体・組織

    技術

    地理

    地名

    作品一覧

    原作漫画

    原作。初出『ヤングマガジン海賊版』1989年5月号。

    コミック版 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

    コミック版 攻殻機動隊 ARISE

    劇場版アニメ

    TVアニメ

    2002年、2004年、2006年にTVアニメ化された(S.A.C.シリーズ)。キャラクターの外見、基本設定は、劇場版と原作を取り混ぜた形になっているが、物語の舞台設定は劇場版や原作のストーリーとは違うパラレルワールドとなっている(細かいエピソードについては劇場版や原作から引用している箇所もある)。物語の背景に現実的なテーマを含ませており、『S.A.C.』では「薬害」が、『2nd GIG』では「難民問題」が、『Solid State Society(SSS)』では「高齢化問題」が主に扱われている。

    実写映画

    小説

    コンシューマーゲーム

    モバイルゲーム

    パソコンゲーム

    パチスロ

    パチンコ

    その他

    関連作品

    クロスオーバー

  • RD 潜脳調査室 – 士郎正宗原作、Production I.G製作のアニメ。本作と共通の設定が多数登場する。
  • 東のエデン – 『攻殻機動隊 S.A.C.』と同じ世界観の前の時代に当たる神山健治監督作品。
  • 影響を受けた作品

  • マイクロチップの魔術師 – ニューロマンサーと共に、本作に先行する形で攻性防壁やAIとの融合、電子空間のビジュアル化などが描かれている。
  • 影響を与えた作品

  • マトリックス – ウォシャウスキー兄弟(現・姉弟)が監督したアメリカ映画。この映画の制作は元々、『ニューロマンサー』の映画化企画からスタートしているが、監督が本作からもインスパイアされたことから作中のギミックや映像手法などに色濃い影響が見られる。
  • ※ 参照元:https://ja.wikipedia.org