刀剣乱舞について調べてみた件

刀剣乱舞』(とうけんらんぶ)は、DMMゲームズとニトロプラスが共同製作したPC版ブラウザゲーム。2016年3月1日にスマートフォン版(iOS、Android)が『刀剣乱舞 Pocket』(とうけんらんぶぽけっと)として配信された。

日本刀の名刀を男性に擬人化(ゲーム上では「付喪神」という設定)した「刀剣男士」を収集・強化し、日本の歴史上の合戦場に出没する敵を討伐していく刀剣育成シミュレーションゲーム。正式名称は「刀剣乱舞-ONLINE-」(とうけんらんぶオンライン)、公式略称は「とうらぶ」。

2015年にミュージカル化、2016年に舞台化され、また2016年と2017年にそれぞれ別の制作会社によりアニメ化されている。

ゲーム内容

ストーリー

西暦2205年、時の政府は過去へ干渉し歴史改変を目論む「歴史修正主義者」に対抗すべく、物に眠る想いや心を目覚めさせ力を引き出す能力を持つ「審神者」(さにわ)と刀剣より生み出された付喪神「刀剣男士」(とうけんだんし)を各時代へと送り込み、戦いを繰り広げる。そして「刀剣男士」、「歴史修正主義者」の双方を良しとしない第三の勢力「検非違使」が介入し、刀剣男士の前に立ちはだかる。

プレイシステム

プレイヤーは「審神者」という位置付けで短刀・脇差・打刀・太刀・大太刀・槍・薙刀などの刀剣が男性に擬人化された「刀剣男士」と呼ばれるキャラクターを収集し、最大6人編成の部隊で出陣、敵との戦闘で勝利を目指す。ゲームシステムは、カードゲームとシミュレーションゲームを合わせたものになっている。

刀剣男士達はそれぞれ固有の生存値が設定されており、中傷以上の状態になるとグラフィックが変化(服が破けるなど)するが、専用のグラフィックとともに能力値が上がる「真剣必殺」が発動する可能性がある。生存値が0になると「刀剣破壊」してしまい、最期の言葉を残して部隊から消滅(ロスト)してしまう。刀剣破壊を予防する手段はあるものの、破壊してしまった刀剣男士を復活させる手段は存在せず、新たに同種の刀を育てるなどの代替手段しかない。

ゲームスタート時に、あらかじめ設定されている5口の打刀 の中から、一刀剣男士を選択し、以降は鍛刀や出陣時に敵を倒した際のドロップで刀剣男士を増やしてゆく。経験値の取得方法は出陣での勝利の他に、1日に2回更新される演練と称される他のプレイヤーによる部隊との対戦や、各々定められ条件を満たすことで成功する遠征群の達成でも得ることが出来る。刀剣男士は一定のレベルに達すると自動的に「特」へと進化し、ステータスがより強化される。

また、「特」へと進化した一部の刀剣男士は「極」(きわめ)へと成長させることも可能である。対象の刀剣男士はアップデートで随時追加されていく。

「特」とは条件が異なり、一定レベルの達成の他、指定ステージのクリアと「手紙一式」「旅装束」「旅道具」の三つのアイテムが必須となる。これらの条件を満たした上で刀剣男士を修行に送り出すことで96時間後もしくはアイテムの使用後に、「極」へと成長した刀剣男士が帰還し、ステータス上昇の他、グラフィックが変化し、レアリティも一段階上がる。

同じステージのボスを複数回クリアすると、「検非違使」が出現し、以降そのステージにランダムに出現するようになる。通常の敵に比べて手強く難易度が高いが、検非違使の撃破によってのみ得られる刀剣男士も存在する。

特定のメンバーの組み合わせで、戦場へ赴くと「回想イベント」が発生し、ゲーム内の回想ページへ記録される。組み合わせによって、イベントの発生する戦場は、限定されているものもある。

ゲームシステムの基本的な部分やUIは『艦隊これくしょん -艦これ-』に準拠しており、難易度の緩和や追加要素・改良が加えられている。

なお、DMMゲーム公式サイトでは「女性向け」にカテゴライズされているが、ニトロプラスは「(女性が好む)BLでも乙女でもない、プレイヤーさん次第のゲーム」との公式見解を述べている。

ユーザー数の推移

2015年1月31日、5基あるサーバー全てが収容人数上限に達し、新規登録受付が停止。半月で登録者数が50万人を超える 。2015年3月10日、2基のサーバーが追加され新規登録の受付を再開したが、半日で収容人数上限に達し受付停止となった。 2016年3月1日、ブラウザゲームと連動させたアプリケーションソフト「刀剣乱舞-Pocket-」がリリースされ、石見国以後のサーバーが実装された。2016年3月16日時点でこのアプリのダウンロード数が100万を超えたことが発表されている。2016年8月5日には、アプリのダウンロード数150万超えを記念して新しい追加キャラクターが発表された。

サーバー

2016年3月11日時点でサーバーは21基。

登場キャラクター

刀剣男士

実在する、あるいはかつて実在したとされる日本の刀剣をモチーフとしている。2017年12月時点における実装済の刀剣の種類は7種、刀剣数は80口。運営開始時に実装されていた刀剣は7種42口だが、イベントや新マップ、新システムの実装に伴い随時キャラクターが追加されている。

表の空欄は公式記載無し。

なお、キャラクター実装後にキャラクターデザイン担当者の一部が名義変更をしているため、表記も変更されているが、担当者自体の交代が行われたわけではない。

サポートキャラクター

敵キャラクター

敵キャラクターは以下の2種類に大別される。いずれもクリーチャーデザインは源覚(ニトロプラス)によるものである。

制作

企画

2013年9月にニトロプラスの小坂崇氣がDMMに相談を持ちかけ、企画が立ち上がる。ニトロプラスは原作としてキャラクターデザインや脚本、UIを手がけることになった。

2016年3月1日から、アプリケーションソフト「刀剣乱舞-Pocket-」がリリースされた。ブラウザではDMMの利用規約により18歳未満はプレイが不可能であったが、携帯端末でゲームを利用する場合のレーティングは3歳以上となった。 ブラウザ版とアプリ版はコードを入力することにより同期可能であるが、アプリ版ではDMMゲームストアの導入の必要がなく「甲州金」というDMMポイントとは異なる課金システムを採用しており、ブラウザ版とアプリ版を合算してゲーム内購入を行うことはできない。事前登録者数は約147万人に達した。

スタッフ

公式発表済みの製作者の一覧。

  • 運営 – DMMゲームズ
  • 原作 – ニトロプラス
  • 企画 – 片岸憲一・小坂崇氣
  • エグゼクティブプロデューサー – 花澤雄太
  • プロデューサー – 村田彩・島田達弘
  • ゲーム開発 – CLARITY STUDIO
  • 開発プロデューサー – 栗林智和
  • 開発ディレクター – 下田誠
  • 原作プロデューサー – でじたろう
  • 原作ディレクター – 小鞠、星野未来
  • 世界観監修 – 芝村裕吏
  • 脚本 – ニトロプラス・芝村裕吏・海法紀光・Akiharu Szuhara
  • クリーチャーデザイン – 源覚
  • デフォルメキャラクターデザイン – 奈良達人
  • インターフェースデザイン – 3WD
  • OPムービー – ポリゴン番長
  • 音楽 – ZIZZ STUDIO
  • 主題歌 – 「夢現乱舞抄」歌:板垣奏太郎
  • 展開・受容

    本作に登場する名刀・ 鯰尾藤四郎を所蔵する徳川美術館へ問い合わせが急増し、2015年2月10日から同年4月12日までの2か月間限定で一般公開されることになった。

    他の刀剣に関しても収蔵されている神社仏閣や博物館・美術館にファンが足を向けているほか、刀剣関連書籍の売上がいきなり伸びはじめるなど出版にも影響が現れており、『別冊宝島』の日本刀シリーズの女性読者の割合が高まったことについて、版元である宝島社は本作を含むゲームや漫画などの影響があったのではないかと分析し、こうした流れを受け、河出書房新社のようにユーザーに向け自社出版物をアピールする版元も現れている。

    本作の女性ファンについては「刀剣女子」とも呼称されるようになり、2015年の新語・流行語大賞のノミネート語50語にも選出された。

    2015年4月23日には同じDMMゲームズから日本刀を題材としたブラウザゲーム「しんけん!!」のサービスが開始された。当作品は刀剣乱舞の開発スタッフとは無関係の別の開発チームの作品であるが当作品の登録者には刀剣乱舞から興味を持ったユーザーもおり本作の存在が少なからず影響を与えている事を述べている 。

    2017年6月15日には日本キャラクター大賞で審査員特別賞を受賞した。

    また、ゲーム内の案内役こんのすけの着ぐるみが制作され「ゆるキャラグランプリ2016」にエントリーし、企業・その他部門で準優勝となった。

    当ゲームに登場する刀剣の擬人化キャラクターである「刀剣男士」の人気により、実際の刀剣に興味を持つ人が増えたという社会現象に着目し、2016年には、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室主催により第15回文化資源学フォーラム「キャラクター考―『刀剣男士』の魅せるもの―」が開催された。

    キャラクターの元となった刀剣である大太刀「蛍丸」は阿蘇神社に奉納されていた旧国宝であったが、太平洋戦争後にGHQに接収されてより行方不明となっていたため、関市で復元計画が持ち上がり、伝存する押形や墨絵を参考に2017年3月の完成を目指し、各務原市・関市・美濃加茂市共同で2015年1月にクラウドファンディングを立ち上げてネットで資金を募ったところ、開始5時間で目標額の550万円を越え、4日過ぎには3221万円に達した。この計画に資金が集中した原因として「刀剣乱舞」の人気も指摘されている。また、最高額出資者は「刀剣乱舞」を制作した「ニトロプラス」の社長で、彼は2016年2月27日の阿蘇神社におけるプロジェクト開始の「奉納鍛錬」儀式と、2017年6月17日の完成奉告式典にも参列している。刀匠は3振りを作刀し、1振りは不明前に所有していた阿蘇神社に奉納され、1振りは関鍛冶伝承館に寄贈され9月29日に一般公開された。

    関連イベント・コラボレーション

    作中の刀剣と縁のある博物館・美術館や神社、自治体と公式コラボレーション企画を行っている。

  • 刀剣乱舞 -ONLINE- ?京の軌跡 スタンプラリー? – 第一弾が2016年1月23日から3月13日まで、第二弾が2017年1月21日から3月13日にそれぞれ開催された。京都市内の刀剣ゆかりの神社や寺等に刀剣男士のパネルが展示され、北野天満宮では「髭切」の特別展示も実施された 。
  • 佐野美術館展覧会「名刀は語る 磨きの文化」開催記念 三島市・「刀剣乱舞-ONLINE-」コラボレーション企画 – 静岡県三島市の佐野美術館にて2016年11月12日から2017年2月19日まで開催され、「刀剣男士・蜻蛉切」と「刀剣男士・太鼓鐘貞宗」のパネルが展示され、三島市郷土資料館(楽寿園内)と三島大社宝物館も含めたスタンプラリーが設けられた。
  • 「刀剣乱舞-本丸博-」 – 2017年1月6日から1月15日までサンシャインシティ、同年4月28日から5月7日までグランフロント大阪、同年5月13日から5月28日まで仙台駅前イービーンズ、同年7月22日から8月6日まで西鉄ホール、同年8月31日から9月6日まで松坂屋名古屋店にてそれぞれ開催された「刀剣乱舞-ONLINE-」の二周年を記念した初の公式複合イベント。ゲームの参加イラストレーターによる描き下ろしイラストの他、推定復元「三日月宗近 生ぶ復元プロジェクト」として石田四郎國壽刀匠が試作した影打「復元 三日月宗近 影」も展示された。
  • 京都文化博物館「戦国時代展 -A CENTURY of DREAMS-」 – 2017年2月25日から4月16日の期間に開催された同展において、3月1日から5日にスペシャルコラボとして「五虎退」をデザインした特製クリアファイルが先着500名にプレゼントされた。
  • 特別展『今、超克のとき。山姥切国広 いざ、足利。』 – 2017年3月4日から4月20日まで「山姥切国広」の刀工に縁のある栃木県足利市において、コラボレーション企画「「足利市×刀剣乱舞-ONLINE-」」が開催され、個人蔵である「山姥切国広」が20年ぶりに展示された他、市内開催場所でコラボグッズ販売や講演・キャラクターパネルなども展示された。
  • 「刀剣乱舞-ONLINE-」×「グッドスマイル×アニメイトカフェ」 – 2015年2月24日から5月6日までアニメイトカフェ秋葉原店および大阪日本橋店で開催された。
  • カードファイト!! ヴァンガードG
  • タイトルブースター「刀剣乱舞 -ONLINE-」(G-TB01)が2015年7月17日に発売。一部のカードには「誉」や「真剣必殺」などゲームにちなんだスキルが付与されている。また、イラストレーターの表記は全て「2015 DMMゲームズ/Nitroplus」に統一されている。
  • タイトルトライアルデッキ「刀剣乱舞 -ONLINE-」(VG-G-TTD01) およびタイトルブースター「刀剣乱舞 -ONLINE-」弐(G-TB02)が2016年10月14日に発売。一部のカードには「二刀開眼」などゲームにちなんだスキルが付与されている。また、イラストレーターの表記は全て「2015-2016 DMMゲームズ/Nitroplus」に統一されている
  • デッキセット「刀剣乱舞-花丸-」 第1弾/第2弾(VG-G-THD01/02)が2017年10月6日に発売。
  • 上記は全て日本語版のヴァンガードを使用した大会でのみ使用でき、英語版を使用した大会では使用できない。
  • 問題・批判

    メディアミックス

    ミュージカル

    第一部がミュージカル、第二部がライブの全二部構成。第二部ではサイリウムやうちわ等の応援グッズが使用可能となる。審神者は存在するが、声のみの出演で舞台上には登場しない。公式略称は「刀ミュとうミュ)」。 また、ミュージカルからの派生ユニット「刀剣男士 team三条 with加州清光」「刀剣男士 team新撰組 with蜂須賀虎徹」「刀剣男士 formation of 三百年」としても音楽活動も行っている。2017年10月時点でシングル4枚、アルバム2枚をリリース。2016年にはオリコン年間総売上新人部門において3位を獲得した。

  • 三日月宗近 – 黒羽麻璃央
  • 小狐丸 – 北園涼
  • 石切丸 – 崎山つばさ
  • 岩融 – 佐伯大地
  • 今剣 – 大平峻也
  • 加州清光 – 佐藤流司
  • 武蔵坊弁慶 – 田中しげ美
  • 源義経 – 荒木健太朗
  • 源頼朝 – 奥野正明(2015-2016)冨田昌則(2018)
  • 藤原泰衡 – 加古臨王
  • 加州清光 – 佐藤流司
  • 大和守安定 – 鳥越裕貴
  • 和泉守兼定 – 有澤樟太郎
  • 堀川国広 – 小越勇輝
  • 蜂須賀虎徹 – 高橋健介
  • 長曽祢虎徹 – 伊万里有
  • 近藤勇 – 郷本直也
  • 土方歳三 – 高木トモユキ
  • 沖田総司 – 栩原楽人
  • 石切丸 – 崎山つばさ
  • にっかり青江 – 荒木宏文
  • 千子村正 – 太田基裕
  • 蜻蛉切 – Spi
  • 物吉貞宗 – 横田龍儀
  • 大倶利伽羅 – 財木琢磨
  • 徳川家康 – 鷲尾昇
  • 松平信康 – 大野瑞生
  • 竹千代 – 阿由葉朱凌、小島幸士 ※Wキャスト
  • 吾兵 – 高根正樹
  • 三日月宗近 – 黒羽麻璃央
  • 小狐丸 – 北園涼
  • 岩融 – 佐伯大地
  • 今剣 – 大平峻也
  • 髭切 – 三浦宏規
  • 膝丸 – 高野洸
  • 武蔵坊弁慶 – 田中しげ美
  • 源義経 – 荒木健太朗
  • 源頼朝 – 冨田昌則
  • 藤原泰衡 – 加古臨王
  • 大和守安定 – 鳥越裕貴
  • 和泉守兼定 – 有澤樟太郎
  • 陸奥守吉行 – 田村心
  • 堀川国広 – 阪本奨悟
  • 長曽祢虎徹 – 伊万里有
  • 巴形薙刀 – 丘山晴己
  • 原案 – 「刀剣乱舞-ONLINE-」(DMMゲームズ/Nitroplus)
  • 演出 – 茅野イサム
  • 脚本 – 御笠ノ忠次
  • 振付 – 本山新之助(『幕末天狼傳』を除く)、TETSUHARU(『幕末天狼傳』)
  • 音楽監督 – YOSHIZUMI
  • 主催 – ミュージカル『刀剣乱舞』制作委員会(ネルケプランニング、DMM.com、ニトロプラス、ユークリッド・エージェンシー)
  • グッドスマイル×アニメイトカフェ – ミュージカル『刀剣乱舞』~阿津賀志山異聞~×「アニメイトカフェ」として、2016年5月1日から5月31日までアニメイトカフェ池袋2号店および天王寺店で開催。刀剣男士をイメージしたドリンクおよびフードメニューの他、限定商品も販売された。また、一部メニューは出演キャストがアイディアを出した。
  • 刀剣乱舞2.5Dカフェ – 2017年12月9日から期間限定で開催。公演グッズの販売の他、ミュージカルに出演した刀剣男士をイメージしたドリンクも販売された。なお、刀剣乱舞の舞台とミュージカルでのコラボレーションはこちらが初となる。
  • 刀剣乱舞-本丸博- – 開催期間および場所は刀剣乱舞#関連イベント・コラボレーション参照。パネル展示の他、公演で実際に着用した衣装の展示も行われた。
  • 舞台

  • 三日月宗近 – 鈴木拡樹
  • 山姥切国広 – 荒牧慶彦
  • 宗三左文字 – 佐々木喜英
  • 小夜左文字 – 納谷健
  • 薬研藤四郎 – 北村諒
  • へし切長谷部 – 和田雅成
  • 不動行光 – 椎名鯛造
  • 一期一振 – 廣瀬大介
  • 鯰尾藤四郎 – 杉江大志
  • 燭台切光忠 – 東啓介
  • 鶴丸国永 – 染谷俊之(初演)/健人(再演)
  • 江雪左文字 – 輝馬(初演)/瀬戸祐介(再演)
  • 森蘭丸 – 丸目聖人
  • 明智光秀 – 窪寺昭
  • 三日月宗近 – 鈴木拡樹
  • 山姥切国広 – 荒牧慶彦
  • 大倶利伽羅 – 猪野広樹
  • 燭台切光忠 – 東啓介
  • 太鼓鐘貞宗 – 橋本祥平
  • 鶴丸国永 – 健人
  • 小夜左文字 – 納谷健
  • 歌仙兼定 – 和田琢磨
  • 伊達政宗 – 富田翔
  • 細川忠興 – 早乙女じょうじ
  • 片倉景綱 – 高松潤
  • 山姥切国広 – 荒牧慶彦
  • へし切長谷部 – 和田雅成
  • 小夜左文字 – 納谷健
  • 骨喰藤四郎 – 北川尚弥
  • 同田貫正国 – 武子直輝
  • 山伏国広 – 横山真史
  • 日本号 – 成松慶彦
  • 博多藤四郎 – 木津つばさ
  • ソハヤノツルキ – 飯山裕太
  • 藤原在吉 – 竹下健人
  • 北条氏直 – 早川一矢
  • 長尾顕長 – 合田雅吏
  • 黒田官兵衛 – 山浦徹
  • 黒田長政 – 伊阪達也
  • 豊臣秀吉 – 川下大洋
  • 弥助 – 日南田顕久
  • 母里友信 – 松川真也
  • 三日月宗近 – 鈴木拡樹
  • 原案 – 「刀剣乱舞-ONLINE-」(DMMゲームズ/Nitroplus)
  • 演出・脚本 – 末満健一
  • 音楽 – manzo、テルジヨシザワ
  • 制作委員会 – マーベラス、ニトロプラス、東宝、DMM.com
  • 刀剣乱舞2.5Dカフェ – 2017年12月9日から期間限定で開催。公演グッズの販売の他、舞台に出演した刀剣男士をイメージしたドリンクも販売された。なお、刀剣乱舞の舞台とミュージカルでのコラボレーションはこちらが初となる。
  • 刀剣乱舞-本丸博- – 開催期間および場所は刀剣乱舞#関連イベント・コラボレーション参照。パネルや公演写真が展示された。
  • 舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺×ナンジャタウン – 2017年1月7日から1月15日までナンジャタウンで開催された。舞台に出演した刀剣男士をイメージしたコラボメニューの他、限定グッズも販売された。
  • グッドスマイル×アニメイトカフェ – 『舞台 刀剣乱舞 義伝 暁の独眼竜』とのコラボレーション。2017年6月1日から6月28日までアニメイトカフェ秋葉原店および大阪日本橋店、アニメイトカフェショップ京都店で開催。刀剣男士をイメージしたドリンクおよびフードメニューの他、限定商品も販売された。
  • アニメ

    「刀剣乱舞-ONLINE-」を原作とするアニメ作品。2016年よりテレビアニメ「刀剣乱舞-花丸-」(とうけんらんぶ はなまる)が、2017年よりテレビアニメ「活撃 刀剣乱舞」(かつげき とうけんらんぶ)が放送。両作品は、原作であるニトロプラス、DMM.comが参加する以外、製作陣が完全に異なっており、ストーリーに繋がりはない。

    2016年10月より12月までTOKYO MX・カンテレ・BS11にて第1期として放送された。その後、2017年3月25日から26日にかけて開催されたAnimeJapan2017TOHO animationブースにて第2期の制作が発表され、2018年1月より『続 刀剣乱舞-花丸-』のタイトルで放送中。 また、第1期の劇場版総集編『刀剣乱舞-花丸- ?幕間回想録?』が、2017年12月1日より2週間限定で上映された。

    キャスト、およびキャラクター原案はゲームに準ずる(刀剣男士)。審神者は存在するが、画面には映らない設定になっている。第1話の時点では17振りの刀剣男士が登場する。回を追うごとに刀剣男士は増え、最終話までに47振りの刀剣男士が登場する。

    かつて新撰組の沖田総司(声 – 小野大輔) の愛刀であった刀剣男士、大和守安定と加州清光を中心に、「とある本丸における刀剣男士たちの花丸な日々」を描く。 舞台となる「とある本丸」における刀剣男士たちの平穏な日常生活を縦軸に、現在の主である審神者とかつての主である沖田総司との狭間で思い悩む「とある本丸」の大和守安定の成長を横軸に、物語は繰り広げられる。

    ※刀剣男士のキャスト、およびキャラクター原案はゲームに準ずる(刀剣男士)

  • 原案 – 「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMMゲームズ/Nitroplus)
  • 監督 – 直谷たかし(第1期)→越田知明(第2期)
  • シリーズ構成 – ピエール杉浦(第1期)→ライトワークス(第2期)
  • 脚本 – ピエール杉浦 、吉田恵里香(第1期)→ライトワークス(第2期)
  • キャラクターデザイン – 谷口淳一郎
  • サブキャラクターデザイン – 飯田恵理子
  • 刀剣デザイン・監修 – 中島絵理
  • プロップデザイン – 小野和美
  • 時間遡行軍デザイン・監修 – 大島縁
  • 美術設定 – 高橋武之
  • 美術監督 – 安田ゆかり
  • 色彩設計 – 真壁源太、石黒けい(第1期)→竹内優太(第2期)
  • 撮影監督 – 伊藤邦彦(第1期)→呉健弘(第2期)
  • 編集 – 坪根健太郎
  • 音響監督 – 郷文裕貴
  • 音楽 – 川井憲次
  • 音楽制作 – 東宝
  • 音楽プロデューサー – 三上政高
  • チーフプロデューサー – 古澤佳寛、でじたろう、松本慶明、山本弘毅
  • プロデューサー – 伊藤隼之介、OK間、小浜匠、森田淳、宇佐義大
  • アニメーションプロデューサー – 中村陽介
  • アニメーション制作 – 動画工房
  • 製作 – アニメ「刀剣乱舞-花丸-」製作委員会(東宝、ニトロプラス、マーベラス、DMM.com、動画工房、グッドスマイルカンパニー)
  • 主題歌のCDは下記のリスト内のタイトルと発売日にて東宝の音楽レーベル「TOHO animation RECORDS」からリリースされた。

    ※OP=オープニング、ED=エンディング

  • 大和守安定(市来光弘)
  • 加州清光(増田俊樹)
  • へし切長谷部(新垣樽助)
  • 宗三左文字(泰勇気)
  • 薬研藤四郎(山下誠一郎)
  • 前田藤四郎(入江玲於奈)
  • 薬研藤四郎(山下誠一郎)
  • 五虎退(粕谷雄太)
  • 秋田藤四郎(山谷祥生)
  • 乱藤四郎(山本和臣)
  • 平野藤四郎(浅利遼太)
  • 厚藤四郎(山下大輝)
  • 堀川国広(榎木淳弥)
  • 和泉守兼定(木村良平)
  • 歌仙兼定(石川界人)
  • 燭台切光忠(佐藤拓也)
  • 鶴丸国永(斉藤壮馬)
  • 三日月宗近(鳥海浩輔)
  • 陸奥守吉行(濱健人)
  • 博多藤四郎(大須賀純)
  • 山伏国広(櫻井トオル)
  • 御手杵(浜田賢二)
  • 前田藤四郎(入江玲於奈)
  • 鯰尾藤四郎(斉藤壮馬)
  • 薬研藤四郎(山下誠一郎)
  • 五虎退(粕谷雄太)
  • 秋田藤四郎(山谷祥生)
  • 乱藤四郎(山本和臣)
  • 平野藤四郎(浅利遼太)
  • 骨喰藤四郎(鈴木裕斗)
  • 厚藤四郎(山下大輝)
  • 博多藤四郎(大須賀純)
  • 一期一振(田丸篤志)
  • 今剣(山下大輝)
  • 岩融(宮下栄治)
  • 愛染国俊(山下誠一郎)
  • 蛍丸(井口祐一)
  • 明石国行(浅利遼太)
  • 大和守安定(市来光弘)
  • 加州清光(増田俊樹)
  • 大和守安定(市来光弘)
  • 加州清光(増田俊樹)
  • 髭切(花江夏樹)
  • 膝丸(岡本信彦)
  • 大和守安定(市来光弘)
  • 加州清光(増田俊樹)
  • ゲストボーカル
  • 鯰尾藤四郎(斉藤壮馬)
  • 骨喰藤四郎(鈴木裕斗)
  • 一期一振(田丸篤志)
  • 大和守安定(市来光弘)
  • 加州清光(増田俊樹)
  • ゲストボーカル
  • 燭台切光忠(佐藤拓也)
  • 大倶利伽羅(古川慎)
  • 太鼓鐘貞宗(髙橋孝治)
  • 大和守安定(市来光弘)
  • 加州清光(増田俊樹)
  • ゲストボーカル
  • 山姥切国広(前野智昭)
  • 獅子王(逢坂良太)
  • 小鳥丸(保志総一朗)
  • 大和守安定(市来光弘)
  • 加州清光(増田俊樹)
  • ゲストボーカル
  • 蜂須賀虎徹(興津和幸)
  • 浦島虎徹(福島潤)
  • 長曽祢虎徹(新垣樽助)
  • 大和守安定(市来光弘)
  • 加州清光(増田俊樹)
  • ゲストボーカル
  • 宗三左文字(泰勇気)
  • 小夜左文字(村瀬歩)
  • 江雪左文字(佐藤拓也)
  • 大和守安定(市来光弘)
  • 加州清光(増田俊樹)
  • ゲストボーカル
  • 前田藤四郎(入江玲於奈)
  • 鯰尾藤四郎(斉藤壮馬)
  • 薬研藤四郎(山下誠一郎)
  • 五虎退(粕谷雄太)
  • 秋田藤四郎(山谷祥生)
  • 乱藤四郎(山本和臣)
  • 平野藤四郎(浅利遼太)
  • 骨喰藤四郎(鈴木裕斗)
  • 厚藤四郎(山下大輝)
  • 博多藤四郎(大須賀純)
  • 一期一振(田丸篤志)
  • 後藤藤四郎(村田太志)
  • 信濃藤四郎(小林裕介)
  • 包丁藤四郎(宮田幸季)
  • ニコニコチャンネル
  • フジテレビオンデマンド
  • アクトビラ
  • 楽天ショウタイム
  • VIDEX
  • Playストア
  • アニメ放題
  • GYAO!
  • ビデオマーケット
  • ひかりTV
  • Amazonビデオ
  • Amazonプライムビデオ
  • dアニメストア
  • U-NEXT
  • アニメイトチャンネル
  • バンダイチャンネル
  • ムービーフルPlus
  • AbemaTV
  • Amazonビデオ
  • dアニメストア
  • dアニメストア ニコニコ支店
  • Google Play
  • YouTube
  • Hulu
  • J:COMオンデマンド
  • ビデオパス
  • みるプラス
  • Netflix
  • RakutenTV
  • TSUTAYA TV
  • ふらっと動画
  • GYAO!
  • GYAO!ストア
  • ひかりTV
  • ムービーフルPlus
  • 第1期のWebラジオ『アニメ『刀剣乱舞-花丸-』WEBラジオ 「安定・清光の『花丸通信』」』は、2016年7月18日のアニメイトタイムズでのプレ配信を経て、同年8月26日から12月26日までアニメイトタイムズ、音泉、HiBiKi Radio Stationにて配信された。パーソナリティは大和守安定役の市来光弘と加州清光役の増田俊樹。不定期配信で、全10回。 2017年2月15日に当番組の通常配信回に加え、新規撮り下ろし回を収録したDJCDが発売。2017年11月24日にはSP回が配信された。

    第2期のWebラジオ『WEBラジオ ぞく!『花丸通信』』は、2018年1月15日よりアニメイトタイムズ、音泉、HiBiKi Radio Stationにて配信。隔週月曜日に更新。パーソナリティは加州清光役の増田俊樹とへし切長谷部/長曽祢虎徹役の新垣樽助。

  • 第2回:新垣樽助(へし切長谷部 役)
  • 第3回:佐藤拓也(燭台切光忠 役)
  • 第4回:興津和幸(蜂須賀虎徹 役)
  • 第5回:山下誠一郎(薬研藤四郎 役、愛染国俊 役)
  • 第6回:鳥海浩輔(三日月宗近 役)
  • 第7回:田丸篤志(一期一振 役)
  • 第8回:間島淳司(にっかり青江 役)
  • 第9回:近藤隆(小狐丸 役)
  • 刀剣乱舞-花丸- 動画工房公式 原画集 上巻(動画工房、2017年1月14日発売)ISBN 457-3-38-464132-0
  • 刀剣乱舞-花丸- 動画工房公式 設定資料集 上巻(動画工房、2017年1月14日発売)ISBN 457-3-38-464133-7
  • 刀剣乱舞-花丸- 動画工房公式 原画集 下巻(動画工房、2017年8月14日発売)
  • 刀剣乱舞-花丸- 動画工房公式 設定資料集 下巻(動画工房、2017年8月14日発売)
  • バイエル程度で楽しめる アニメ『刀剣乱舞 -花丸-』 ピアノ・ソロ楽譜集(ドレミ楽譜出版社、2017年12月30日発売)ISBN 978-4-28-514719-3
  • NTTドコモ – 2016年8月12日から2016年8月13日まで東京ビッグサイトで開催されたコミックマーケット90にて実施。会場内に設置された移動基地局車や、Wi-Fiサポーターが大和守安定や加州清光のラッピングを施されるなど刀剣乱舞-花丸-仕様となった。
  • TOWER RECORDS CAFE – アニメ『刀剣乱舞』花丸 × TOWER RECORDS CAFEとして、2016年10月4日から2016年10月30日まで表参道店および梅田NU茶屋町店にて開催。店内ディスプレイの他、刀剣男士をイメージしたコラボメニューも販売された。
  • カラオケの鉄人 – アニメ「刀剣乱舞-花丸-」×カラオケの鉄人として2016年11月1日から2017年3月31日まで一部店舗で開催。対象店舗では刀剣男士をイメージしたオリジナルカクテルが販売された。また、池袋東口店限定でコラボルームも同時開催された。
  • グッドスマイル×アニメイトカフェ – アニメイトカフェおよびカフェショップ6店舗 にて、前半が2016年12月1日から2017年1月11日、後半が2017年1月13日から2017年2月19日の期間限定で開催。刀剣男士をイメージしたドリンクおよびフードメニューの他、限定商品も販売された。
  • はなまるうどん – 作中に登場したうどんをコラボメニュー『栄養満点!“へし切長谷部”のおうどん』として2016年12月15日から2017年1月15日まで一部店舗で販売。対象店舗ではコラボ期間中、店内放送にてオープニング曲『花丸◎日和!』が使用された。
  • ufotable関連店舗 – 刀剣乱舞-花丸-原画カフェ by動画工房としてコラボレーションカフェが2016年12月6日から、コラボレーションダイニングが2016年12月8日からそれぞれ期間限定で開催。
  • 大江戸温泉物語 – 「アニメ『刀剣乱舞-花丸-』×大江戸温泉物語 ?大江戸温泉遠征?」のタイトルで2016年12月27日から2017年2月26日までコラボイベントを開催。描き下ろしイラストを使用したグッズ販売の他、縁日ゲームの実施、刀剣男士をイメージしたコラボフードも販売された。また、期間内に開催されたスタンプラリーでは、脚本・シリーズ構成のピエール杉浦による描き下ろしオリジナルストーリーが使用され、部隊 により内容と景品が異なる。アニメ2期放送開始を記念して、2017年12月22日より約30日の期間限定で再び実施(但しスタンプラリーは実施しない)。
  • 刀剣乱舞-本丸博- – 開催期間および場所は刀剣乱舞#関連イベント・コラボレーション参照。原画や設定資料の展示の他、『とある本丸』の縁側を再現したフォトスポットも登場した。
  • 水戸の梅まつり – 「花丸遊印録」(はなまるゆうろくいん)のタイトルで2017年2月18日から3月26日まで開催。JR東日本の駅 および水戸市内の観光施設 でのスタンプラリーの開催、描き下ろしイラストを使用したグッズ販売の他、水戸駅構内では佐藤拓也(燭台切光忠 役)による告知放送も実施される。
  • カードファイト!! ヴァンガードG – 構築済みデッキ「刀剣乱舞 -花丸-デッキセット」第1弾(VG-G-THD01)および第2弾(VG-G-THD02)が2017年10月6日に発売。
  • 2017年7月より9月までTOKYO MXほかにて放送された。当初はタイトルが決まっておらず、『刀剣乱舞(仮)』というタイトルであったが、2016年12月29日に正式タイトルが発表された。

    『花丸』と製作陣は異なるが、キャスト陣は原作ゲームからの続投となっている。平穏な日常生活を軸とした『花丸』と異なり『活撃』では、史実をふまえた本格剣戟アクションが展開される。原作およびメディアミックス展開でも初めてこんのすけに声が付き、アニメオリジナルキャラクターとして審神者が初めて明確なビジュアルをもって登場する。

    本作では和泉守兼定・陸奥守吉行・堀川国広・薬研藤四郎・蜻蛉切・鶴丸国永の六振りを中心に、彼らの所属する第二部隊の物語から始まり、第7話には新たに第一部隊が編成されたことから、山姥切国広・三日月宗近・骨喰藤四郎・大典太光世・髭切・膝丸ら第一部隊のエピソードも展開されている。

    放送終了後、劇場版アニメの製作が発表された。公開時期は未定。

    Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2017において、こんのすけでマスコットキャラクター賞を受賞した。

    原作をニトロプラス、製作をアニプレックス、アニメーション制作をufotable、音楽を深澤秀行、主題歌をKalafinaが担当するなど『Fate/Zero』および『Fate/stay night 』を製作したスタッフ陣が集結している。また、本作で初の監督を務めるufotable所属の白井俊行もFate作品において絵コンテ・演出や作画監督、美術設定などを担当していた。キャラクターデザインはufotableに所属する8人の若手女性アニメーターが1人1振りのデザインを担当する。担当は、内村が和泉守兼定、都築が陸奥守吉行、石塚が堀川国広、新里が薬研藤四郎、塩島が蜻蛉切、山崎が鶴丸国永、鬼澤が審神者、瀬来がこんのすけを担当する。

    シリーズ構成はufotableが担当。代表取締役社長の近藤光が主な脚本を務める。また、ニトロプラス所属の鋼屋ジンが脚本で参加している。さらに、原作ゲームにて世界観監修・シナリオを担当している芝村裕吏が設定協力として参加してる。本作品にて近藤は、脚本以外にも企画・プロデューサー・制作プロデューサー・音響監督を務めている。

    本作でメインとなるアクションパートでは「剣戟アニメーター」の役職が置かれ、『空の境界』や『Fateシリーズ』などでアクションパートの中核を担ったufotable所属アニメーターの3人が担当。また、アクションパートの剣術指導として「玄黄二刀流剣術」などを指南する双月会会長の渡邉鋼玉が参加。「『日本刀とはいかに切れるか』を知らないと本当の剣戟は描けない」という渡邉の考えにより主要スタッフの多くが、真剣による試し切りを含めた各種刀剣による剣術、居合などを学んでいる。さらに、時代考証としてNHK大河ドラマ『新選組!』や『龍馬伝』などの時代考証を担当した山村竜也がスタッフとして参加。ufotableが制作した脚本、絵コンテなどの監修を行っている。また、土佐弁の監修を陸奥守吉行役の濱健人が行っている。

  • 原案 – 「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
  • 監督 – 白井俊行
  • キャラクターデザイン – 内村瞳子、都築萌、石塚みゆき、新里りお、塩島由佳、山崎ミキ、鬼澤佳代、瀬来由加子
  • 脚本 – 近藤光、橘千佳、栖原隆史、佐藤和治、関根アユミ、鋼屋ジン(ニトロプラス)
  • 剣戟アニメーター – 小船井充、木村豪、國弘昌之
  • 時代考証 – 山村竜也
  • 剣術指導 – 渡邉鋼玉
  • 刀剣デザイン – 小山将治
  • 時間遡行軍デザイン – 河野悦隆
  • 色彩設計 – 松岡美佳
  • 美術監督 – 衛藤功二
  • 撮影監督 – 寺尾優一
  • 3D監督 – 西脇一樹
  • 編集 – 神野学
  • 音楽 – 深澤秀行
  • 音楽製作 – アニプレックス
  • プロデューサー – 黒﨑静佳、でじたろう、森田淳、近藤光、宇佐義大
  • 制作プロデューサー・音響監督 – 近藤光
  • 脚本制作・構成・アニメーション制作 – ufotable
  • 製作 – 「活撃 刀剣乱舞」製作委員会(アニプレックス、ニトロプラス、DMM.com、ufotable、グッドスマイルカンパニー)
  • かつて新撰組の土方歳三の愛刀であった刀剣男士、和泉守兼定と堀川国広は、第二部隊として幕末へ送り込まれ時間遡行軍と戦っていた。審神者からの主命に従い「歴史を守る」ために奔走する第二部隊だったが、歴史の大局に影響しない小規模な歴史改変が起き、市井の人々が犠牲になる様を目前にして、和泉守も堀川も「本当に歴史が守れているのか」と言う疑念を払拭できずにいた。

    やがて第二部隊に坂本龍馬の警護任務が与えられ、第二部隊の一員で龍馬の愛刀だった陸奥守吉行は、小規模な歴史改変の影響で期せずして龍馬と行動を共にすることになる。龍馬を死なせたくないと思いつつも陸奥守は、歴史が変わらないよう龍馬を寺田屋から伏見の薩摩藩邸へ護送して任務を果たしたが、堀川に「元の主に未来を教えたくならなかったか」と問われ複雑な胸中を吐露する。そんな折、薩摩藩邸からこっそり抜け出した龍馬を追った第二部隊は、歴史上は別の場所にいたはずの新撰組と遭遇する。時間遡行軍を阻止し、龍馬と新撰組の接触をなんとか回避した第二部隊だったが、土方の姿を見た和泉守は土方への思慕と審神者からの主命との板挟みとなり、堀川は「和泉守兼定の本心」を汲んで土方を箱館戦争で死なせまいと第二部隊から去ってしまう。しかし堀川の決意は「歴史を守る」使命に反すること。和泉守と陸奥守は審神者の理解と支援を得て「歴史を守る」べく、そして和泉守の心残りを晴らすべく、土方歳三の最期の地、箱館の地へ降り立つ。

    ※刀剣男士のキャスト、およびキャラクター原案はゲームに準ずる(刀剣男士)が、アニメ独自の設定も多い。

  • dアニメストア
  • dTV
  • ひかりTV
  • ビデオマーケット
  • GYAO!
  • ニコニコチャンネル
  • アニメ放題
  • U-NEXT
  • バンダイチャンネル
  • Amazonビデオ
  • 活撃 刀剣乱舞 音楽集(2017年9月13日発売)
  • 活撃 刀剣乱舞 ラジオの陣』は、2017年6月30日のプレ配信を経て、同年7月6日から11月30日までHiBiKi Radio Stationにて配信されたWebラジオ。第14回までは毎週木曜更新、第15回以降は隔週木曜更新。パーソナリティは木村良平(和泉守兼定 役)と榎木淳弥(堀川国広 役)。

  • 第1回・第2回・第13回・第14回:濱健人(陸奥守吉行 役)
  • 第3回・第4回・第17回:永塚拓馬(こんのすけ 役)
  • 第5回・第6回:斉藤壮馬(鶴丸国永 役)
  • 第7回・第8回:山下誠一郎(薬研藤四郎 役)
  • 第9回・第10回:皆川純子(審神者 役)
  • 第11回・第12回:櫻井トオル(蜻蛉切 役)
  • 第15回:鈴木裕斗(骨喰藤四郎 役)
  • 第16回:鳥海浩輔(三日月宗近 役)
  • 『ジャンプスクエア』(集英社)2017年8月号から2018年1月号まで連載され、2018年1月4日から同誌のホームページにてWeb連載中。作画は津田穂波。

  • 2017年11月7日発行(11月2日発売)、ISBN 978-4-08-881260-1
  • 刀剣乱舞-本丸博- – 開催期間および場所は刀剣乱舞#関連イベント・コラボレーション参照。PVの公開の他、一部原画も掲示された。
  • ufotable関連店舗 – アニメーション制作を担当するufotableが運営するufotale Cafeの3店舗、マチ★アソビ Cafeの2店舗、ufotable DININGにて2017年5月11日から「活撃 刀剣乱舞 Cafe & DINING」を実施。刀剣男士をイメージしたコラボメニューのほか、作品内で使用される原画などの展示や先行上映会などが行われる。
  • マチ★アソビ – 徳島県徳島市にて開催されるufotableが企画運営するアニメ・ゲームなどのエンターテインメントが集うイベント。2017年5月5日から5月7日までの3日間開催されたvol.18にて多数のイベントを実施。開催期間中はJR徳島駅での展示や和泉守兼定役の木村良平、陸奥守吉行役の濱健人によるロープウェイのガイドアナウンス、第1話先行上映会などが実施された。6日には木村良平、濱健人がJR徳島駅にて一日駅長に就任。7日にはトークイベントのほか、関係スタッフによる公開祈祷式が行われた。
  • グッドスマイル×アニメイトカフェ – アニメイトカフェおよびカフェショップ6店舗にて2017年7月11日より期間限定で開催された。刀剣男士をイメージしたドリンクおよびフードメニューの他、限定商品も販売された なお、アニメイトカフェ名古屋のリニューアル後の初コラボ作品は今作である。
  • 徳島市阿波踊り 宣伝ポスター – 徳島市阿波おどりにて、例年、ufotable制作作品とのコラボが行われている「阿波おどりポスター」の2017年のコラボ作品として「活撃 刀剣乱舞」が採用された。ポスターには本作に登場するメインの6振りのほか、徳島にゆかりのある蜂須賀虎徹と、同じく虎徹の名を持つ長曽祢虎徹、浦島虎徹が描かれた。
  • ぜんだめ -全国エンタメ祭り- – 岐阜県にて2017年8月5日から8月6日まで開催予定のゲームを中心とするイベント。ufotableカフェ出張版の他、薬研藤四郎の描き下ろしグッズを販売する。
  • 活撃 刀剣乱舞 乱舞の宴 – 2017年7月15日から10月15日までモンテローザ系列の居酒屋店(白木屋・魚民・笑笑・山内農場)で開催。
  • グランブルーファンタジー – 2017年9月9日から9月21日までコラボレーションイベント「活撃 刀剣乱舞 ?蒼天のえにし?」が開催。活撃より和泉守兼定、山姥切国広、三日月宗近、陸奥守吉行、鶴丸国永、骨喰藤四郎、こんのすけ、堀川国広が登場。
  • 東京プリンスホテル – 2018年2月23日から6月30日まで、エクゼクティブスイート1室を審神者の部屋をイメージしたコンセプトルームとして設定・1月29日より一日一室限定抽選発売すると共に、通常の客室でも後述の特典が受けられるオリジナルグッズ付き宿泊プランを発売。共通特典として、オリジナルグッズ5点(メッセージカード、クッションカバー、アクリルスタンド、ミラー、コースター)が付くと共に館内のティーサロン「ピカケ」でこんのすけをイメージしたオリジナルドリンクが提供される。
  • 関連番組

    第1期が『刀剣乱舞 おっきいこんのすけの刀剣散歩』として2017年1月8日から3月26日までTOKYO MXにて放送していた。同年9月24日に特別番組『刀剣乱舞 おっきいこんのすけの刀剣散歩?でらっくす?』、第2期の『刀剣乱舞 おっきいこんのすけの刀剣散歩 弐』が同年10月6日から12月22日までTOKYO MXにて放送していた。ゲームでの案内役こんのすけが着ぐるみ姿の「おっきいこんのすけ」としてレギュラー出演し、日本全国の博物館や美術館を紹介する5分間の旅番組。また、刀剣男士の声を担当した声優が番組内のナレーションを担当する。東京アニメアワードフェスティバル2017の招待作品に選ばれた。

  • 原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
  • 協力:ニトロプラス、DMM.com、グッドスマイルカンパニー
  • タイトルロゴ:田口 陵(CIDER inc.)
  • 音楽:Tokyo Recordings
  • 構成:市川十億衛門
  • 撮影:戸田正徳
  • 照明:石川和明
  • 編集:密岡譲
  • 音響効果:松本彩希
  • 技術協力:映像工房 隗、IMAGICA、メディアハウスサウンドデザイン
  • 企画:尾山仁康
  • 製作:金子広孝
  • AD:堀内美郷
  • 演出:石原淳平
  • プロデューサー:長江 努、吉田享史、OK間
  • 制作協力:ディレクションズ
  • 製作著作:TOKYO MX
  • 刀剣茶寮 -Ura Akihabara- 裏秋葉原 – 2017年2月1日から3月31日まで開催。油揚げを使用したコラボメニューの他、特別店内装飾も実施された。
  • 漫画

    4コマらんぶっ!』(よんコマらんぶっ!)のタイトルで月刊ブシロード2015年8月号から2016年10月号まで連載されていた。作画は菊野郎。PCブラウザゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原作とし、作者の独自解釈に基づき制作された4コマ漫画。登場する刀剣男士および敵キャラクターはちびキャラ化されているのが特徴。

    2016年10月14日に今作の雑誌連載分に加え、描き下ろし作品を収録された単行本が「刀剣乱舞-ONLINE-」アンソロジーコミック『4コマらんぶっ?ぷちらんぶっ?』のタイトルでKADOKAWAより販売、全1巻。

    アンソロジーコミック

  • 刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジー ?初陣?(KADOKAWA・エンターブレイン、2015年6月1日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジーコミック?刀剣男士幕間劇?(スクウェア・エニックス、2015年8月27日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジーコミック『4コマらんぶっ』(KADOKAWA、2015年9月19日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジー ?ヒバナ散らせ、刀剣男士?(小学館、2015年10月7日発売)
  • 刀剣乱舞学園 ?刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジーコミック?(白泉社、2015年12月4日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジー -出陣準備中!-(秋田書店、2016年3月16日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジー ?出陣?(KADOKAWA・エンターブレイン、2016年4月1日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE- アンソロジー ?ヒバナ舞え、刀剣男士?(小学館 、2016年9月12日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジーコミック?スクエニの陣?(スクウェア・エニックス、2016年9月27日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジーコミック『4コマらんぶっ?ぷちらんぶっ?』(KADOKAWA、2016年10月14日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジーコミック ?誉!?(白泉社、2016年10月20日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジー ?戦陣?(KADOKAWA、2017年2月1日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジー -ただいま帰還!-(秋田書店、2017年4月14日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジーコミック?刀剣男士新風録?(スクウェア・エニックス、2017年6月27日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジー ?季ノ陣?(KADOKAWA、2017年8月10日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE- アンソロジー ?本丸壱番!?(小学館、2018年1月30日発売)
  • 関連商品

  • 刀剣乱舞-ONLINE- 描き下ろし付録つき公式スタートブック(KADOKAWA・エンターブレイン、2015年4月20日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE-ノベル&イラストアンソロジー ?桜?(KADOKAWA・エンターブレイン、2015年9月14日発売)
  • 刀剣乱舞絢爛図録(ニトロプラス、2015年8月28日発売)※ISBNが付いておらず出版物ではなくグッズ。
  • 刀剣乱舞-ONLINE- 公式イメージポーズ写真集(新紀元社、2016年11月11日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE- いざ出陣! ポーチ付きボストンバッグBOOK(宝島社、2017年12月8日発売)
  • 刀剣乱舞-ONLINE-近侍曲集 其ノ一(2017年12月27日、KICA-2524)

  • ※ 参照元:https://ja.wikipedia.org