ベッドについて調べてみた件

ベッドまたはベット(英語: bed、 ドイツ語: Bett)とは床(寝床・苗床・川床・鉱床・道床など)を表す言葉である。日本語では主に寝床ねどこの意味で用いる。寝台しんだいと意訳される場合もある。

日本での位置づけ

奈良時代以前に中国より伝わった。正倉院には聖武天皇のベッドが保存されており、かなり早い段階から皇族や貴族、高級官僚などの間で使用されていた。しかし平安時代に畳の出現と共に居住空間の様式が変化し廃れる。一般には当初から広まらなかった。

明治以降欧米式の生活様式が広まると共に再度伝わるが、畳の上で寝る形式が普通であった日本に於いては余り広がらず、病院や軍隊等、特殊な生活環境を要求される際に使用する物(あるいは金持ちのステータス)の意味合いが強かった。 日本に外来語としてこの語が入ってきた当時は「ベット」とも呼ばれていた。ドイツ語ではBettであり、ドイツ医学由来の呼び名を使っていた医療現場を中心にベッドが納入されていたために、その影響もあったのではないかとも言われる。

敗戦後に大衆の生活の欧米化と歩調を合わせるように、英語教育の浸透した戦後世代からは「ベッド」と呼ぶ人も増えていったと見られる。 そして昭和30年台、双葉製作所(後のフランスベッド)が徹底的な営業戦略(月賦販売)を展開し、折からの団地・洋風住宅ブームも相まって、庶民へ普及していった。この時期、販売ルートは呉服店が担っていたという。

構造

  • ベッドパット
  • マットレス
  • ボトム – マットレスを置くベッドの本体部分。前後左右の板をボルトで固定し、左右の板を針金で結び、マットレスを支えるサナを置く。このほかダブルクッションのものや板張りのボードで下部に引き出しを備えるものなどもある。
  • 脚(無いベッドもある)
  • ヘッドボード – 横になったときに頭の上方に取り付けられているフレーム部分
  • フットボード – 横になったときに足の下方に取り付けられているフレーム部分(無いベッドもある)
  • 宮 – ヘッドボードの部分に取り付けられた照明や小物入れなどのある棚の部分。
  • 分類

    大きさ

    括弧内の数字は、建築設計者が標準的に用いる参考寸法。宮は長さ+200mm程度。

  • ジュニア
  • シングル(幅1,000mm、長さ2,000mm)
  • セミダブル(幅1,200mm、長さ2,000mm)
  • ダブル(幅1,400mm、長さ2,000mm)
  • クィーン
  • キング
  • カリフォルニアキング
  • ロング
  • 実際のベッドの大きさやその呼び方は、国や企業などによって異なる。

    例えばアメリカでは、Twin(990mm×1900mm)、Full(1380mm×1900mm)、Queen(1530mm×2030mm)、King(1930mm×2030mm)、などがよく用いられる。

    形態

    マットレス

    ベッド用のマットレスは、敷布団の下に使用するウレタンのものと異なり、中にスプリングが入っている。スプリングは鋼鉄製で、スプリング形状にそれぞれ工夫がなされている。形状によって、S式、Z式、ポケットコイル式等がある。体重やサイズによりバネスプリングの硬度が異なる為、用途により選択される。

    木製部分と底面の間に毛布などを敷くことによって、摩擦による表面のほころびを防ぐことができる。3ヶ月毎に表裏上下を変え、1年で元に戻すなどバランスよく使うことにより、寿命が延びる。

    ※ 参照元:https://ja.wikipedia.org