ベイブレードについて調べてみた件

ベイブレード』(Beyblade)は、1999年7月からタカラ / タカラトミーが発売している現代版ベーゴマ(玩具)。

ベイブレード第1世代として、『爆転シュート ベイブレード』(ばくてんシュート ベイブレード)は2001年から2002年に全国の小学生の間で大流行した。2008年からは、第2世代『メタルファイト ベイブレード』が展開された。2015年からは、第3世代『ベイブレードバースト』が発売されている。

ここでは主に、アニメ、漫画以外の玩具自体について説明する。

概要

日本の伝統玩具であるベーゴマの改良性、競争性を発展させ、商業玩具として販売したもの。日本の伝統玩具を商業玩具化する手法はタカラの得意とするところで、ベイブレードはビーダマン、オハジキマン、メダルマン、すげゴマ、デジケンの系譜の延長線上に存在している。特に、すげゴマの後期に発売されたものとは構造、回転方法、遊び方が近い。タカラボーイズホビーは初期の成功事例であるビーダマンの大ヒットの後、コマ遊びをベースとした玩具「すげゴマ」と「バトルトップ」の2つのシリーズを展開し、大ヒットには至らなかったものの、これら2つの要素を後のベイブレードへとつなげていった。

ベイブレードは従来の遊びに加え、ひとつのパーツだけからなるベーゴマとは違い複数のパーツで構成され、各パーツの組み換えによって自分だけのコマをカスタマイズできるのが特徴。勝負はすり鉢状のスタジアムで行い、専用のシューターを使ってベイブレードを発射させ相手を外に弾き出すか、相手より長く回転し続けることで勝ちとなる。

パーツの改造により、ある能力を伸ばすと別の能力が落ちるという背反する能力スペックを持たされており、持続力(スタミナ)、攻撃力(アタック)、防御力(ディフェンス)の3つ巴の力の均衡が考えられている。コマの「軸」は平らにするほど暴れ、尖らせると安定し、「重り」は遠心力の影響を受けるため、自重だけでなく面積や形状によっても持久力が変わってくる。

  • 『爆転シュート ベイブレード』の大会運営はBBA(Beyblade Battle Association)が執り行う。このBBAという名称は、ビーダマンの大会運営団体JBA(Japan B-daman Association)の名称に揃えている。『メタルファイト ベイブレード』ではWBBA(World Beyblade association)が行う。『ベイブレードバースト』では、wbba.(world beyblade battling association.)が運営となる。
  • ベイブレード本体にシューターとワインダーが付属したスターター、本体のみのブースター、ランダムで数種類の内どれかが当たるランダムブースター、スタジアムなどが入っているセットという形式で販売される。この売り方はカードゲームのデッキ構築の仕組みを活用したもの。
  • アニメのサウンドトラックやDVD、ゲームなど、商品のおまけにもなることがある。
  • 全世界出荷数は、1999年発売の第1世代が約1億6000万個(売上1650億円以上)、2008年発売の第2世代『メタルファイト ベイブレード』が約1億9000万個(売上2000億円以上)。

    第一次ブーム

    初めのうちは『月刊コロコロコミック』や小学館の学年別学習雑誌と組んで商品記事と漫画を連載し、通常の男子系玩具と同様の売り方をしていた。2001年1月開始のアニメ『爆転シュート ベイブレード』が爆発的人気の起点となり、全国の小学生の間に大流行した。

    最盛期には、

  • バラエティ番組に登場する
  • ゲームセンターの景品になる
  • 懸賞の商品となる
  • 起源であるベーゴマの売り上げが急上昇する
  • アメリカ・韓国を初めとする日本国外でも発売される
  • 通常は玩具を扱わないコンビニエンスストアでも販売される
  • どこに行っても手に入らない程の品薄状態が約半年間続く
  • 全国大会が国技館で開催される
  • などの事象があった。

    当時、早期退職制度を実施するほどの赤字に苦しんでいたタカラの経常利益は、2001年には過去最高を記録。ベイブレードはその年の上半期だけで1500万個以上を売り上げた。タカラが出した次世代メンコ『BANG!』にも、売り上げを後押しするために後期商品にはベイブレードのキャラクターが使用されている。

    長期シリーズの常として徐々に熱気が沈静化、TVアニメシリーズ(末期は『爆転シュート ベイブレード Gレボリューション』)が2003年12月に終了と共に流行も終息を迎え、国外の売れ行きも低下していくこととなる。さらに従来型と互換性を持たないヘヴィメタルシステムの不振が決定打となり、2004年の中期決算でタカラは赤字を計上してしまう。かつて品薄で騒がれたベイブレードも、末期には100円ショップで投げ売りされるようになっていた。そして2005年2月発売のHMSランダムブースターACT.5をもって、5年7ヶ月続いたベイブレードの商品展開は一旦終了となる。

    第二次ブーム

    2008年4月9日、タカラトミーは2008年8月頃から約4年ぶりの商品展開を再開する見込みと発表。2008年8月9日から『メタルファイト ベイブレード』として新シリーズを発売した。メタルファイトシリーズは、以前にあったヘヴィメタルシステム同様、主要パーツが金属製である。また、2009年4月より約5年ぶりのベイブレードの新作アニメの放送が開始され、再び人気に火がついた。メタルファイトシリーズはこの年の「日本おもちゃ大賞」を受賞し、一躍ヒット商品となる。さらに、2010年8月より約8年ぶりのベイブレードの新作アニメ映画が上映されたことで、さらに人気が増した。

    2010年からは日本国外での展開も始まり、『Beyblade Metal Fusion』の名称で商品展開が行われた。タイトルロゴの左上方には「ベイブレード」と日本語表記が組み込まれている。商品は『爆転シュート ベイブレード』や『トランスフォーマー』同様ハズブロ社によって取り扱われており、機械的デザインの円筒形ベイケースやポータブル式展開型スタジアムなど日本未発売の商品も登場している。また、タカラトミーは2012年3月25日にカナダ・トロントにおいて25の国と地域が参加する国際大会「ベイブレード ワールドチャンピオンシップ2012」を開催した。

    2013年3月16日をもってタカラトミーはベイブレードの公式イベントを終了すると発表。各店舗に設置されたベイ太スタジアムも撤去され、ベイブレードポイントの景品交換も2013年6月30日をもって終了となった。

    その後の展開

    2015年4月15日、タカラトミーは第2世代にあたる『メタルファイト ベイブレード』の発売以来、約7年ぶりの新シリーズ『ベイブレードバースト』の商品化を発表した。約2年半ぶりの商品展開の再開となる。新たに相手のコマを破壊するバーストギミック、記録端末「ベイロガー」により記録を可視化するベイクラウドシステム、極小NFCチップ搭載によるベイブレードの成長などが導入されている。2015年7月18日に発売され、国内発売後は日本国外でも順次展開される。テレビアニメは2016年4月4日より放送された。

    2017年1月7日から1月29日には『爆転シュート ベイブレード』アニメ15周年記念として「爆転シュート ベイブレードバー」が池袋パルコに期間限定でオープンした。また、ベイブレードシリーズ20周年記念として2018年3月15日から4月15日まで、池袋パルコで期間限定でオープンする。

    またハリウッドで実写映画化が企画されており、パラマウント・スタジオが同玩具の発売を行っているアメリカ資本の玩具メーカー・ハズブロに映画化権を求めている段階となっている。制作はメアリー・ペアレントが務める。

    ベーゴマからの改良点

  • 重さを増す、削って形を変えるという程度の改造しかできなかった点を、各部品の換装という方法で誰にでも簡単に改造できるようにした。
  • 一定の習熟が要求された紐を使う回し方を、シューター、ワインダーという道具を使って回す方法に変えたので、誰でも簡単にコマが回せるようになった。なお『爆転シュート ベイブレード』の発展部品「A-134 ストリングシューター」はシューターと紐を用いる。ファイティングトップシリーズは紐だけで回す。『メタルファイト ベイブレード』のシューターにはワインダーを引っ張って発射する初歩的なライトランチャーと、ライトよりもやや大きくストリング(紐)を引いて発射するベイランチャーがある。
  • 爆転シュート ベイブレード(1999年 – 2005年)

    ベイブレード第一号はアルティメットドラグーン。発売前に行われたコロコロコミック主催のイベントでは、サイゾー、フロスティックドランザーと共に試験版が無料配布されていた。

    漫画版とアニメ版の主人公たちが使うベイブレード(ドラグーン、ドランザー、ドライガー、ドラシエル、ガイアドラグーン)には、名前の終わりに各シリーズを意味する「S」「F」(スピンギアシステム)「V」「V2」(マグネシステム)「G」「GT」(エンジンギアシステム)「MS」「MF」(ヘヴィメタルシステム、「MF」はランダムブースターの一種として販売されたドラグーンメタルファントム、ドランザーメタルフレイムのみ)が付けられた。ファントムの正しい綴りは「Phantom」だが、ドラグーンファントムおよびメタルファントムの綴りは「Fantom」になっている。発売当時のコロコロコミックによれば造語とのこと。

    アメリカでの販売は2001年に提携を結んだハズブロが担当。アメリカ版トライピオは羽に角度が無く、アタックリングのみを回しても空を飛ばないよう改良されている(日本版トライピオの特徴であるダウンフォースによる持久力増加機能はオミット)。しかしその結果により特徴的なダウンフォースと羽の角度が仇となってしまい、持久力と攻撃力増加の意味を成さなかった日本版トライピオと比べ、アメリカ版トライピオはそれなりに強いベイブレードとなった。アメリカで販売されていた初期の一部ベイブレードは日本でも発売されたこともあった。

    各システム

    構造

    基本的にビットチップ、アタックリング、ウエイトディスク、ブレードベース(HMSはランニングコア)の4構造からなる。

    派生シリーズ

    メタルファイト ベイブレード(2008年 – 2012年)

    2008年8月9日、約3年ぶりに復活した新シリーズのベイブレード。ほとんどを金属型にすることにより、攻撃力と防御力と回転速度がさらに向上している。また、HMSと同様に金属同士がぶつかり合う音も魅力の一つ。HMSを含め従来型とは全く異なる機構のため、これらとの互換性はない。左回転やHMSのような両回転対応はあるが、従来型とは違い左回転専用のモデルのウィールでないと左回転を回すことができず、両回転専用のモデルも同様にそのウィールでないと左か右の切り替えができない。

    初代からのイメージチェンジのために素材をプラスチックから金属に変え、「小学生は大人が使うものにあこがれる」という狙いから商品名を「ペガシス 105F」などの携帯電話の型番のようにしている。本シリーズの通し番号は「BB-000」で、ZEROGシリーズ以降は「BBG-00」となっている。

    各システム

    ポイントバトル制

    バトルシミュレータ筐体

    構造

    従来型とは異なる構造で、初期型の4層構造ではフェイス、ウィール、トラック、ボトムからなり、ハイブリッドウィールシステムではウィールがクリアウィールとメタルウィールに分けられた5層構造となる。一番メタルウィールが多いものは4Dシステムのビッグバンペガシスの3層で全7層構造になる。さらに、メタルフェイス改造バージョンの導入でフェイスがプレートとコアに分けられるようになったことで事実上8層構造にもなる。ZEROGシリーズでは各部の名称が変化し、ストーンフェイス、クロムウィール、クリスタルウィール、トラック、ボトムの新5層構造となっている。組み立てはHMSと同様に、フェイスとボトムを固定するためのツールパーツがないと完成することができない。

    必殺転技

    ベイバトルにおいて状況に応じて使用されるシュートテクニック。漫画、アニメでは必殺技として登場する。以下は一例。

    シリーズ一覧

    派生シリーズ

    ベイブレードバースト(2015年 – 現在)

    2015年7月18日より展開の第3世代ベイブレード。相手より長く回る(スピンフィニッシュ)、相手をはじき飛ばす(オーバーフィニッシュ)に加え、相手を破壊するバーストフィニッシュが特徴。またスマートフォンとの連動する記録端末ベイロガーを使用する「ベイクラウド」システムも特徴。コマには村田製作所開発のNFCチップが搭載されており、勝敗結果などを読み書きするアイテムを今後発売する予定がある。本シリーズの通し番号は「B-000」。

    各システム

    構造

    ベイブレード本体は、レイヤー・ディスク・ドライバーの3層構造となっている。この3パーツは従来のようなネジではなくクラッチで固定されており、対戦時の衝撃で緩むような構造になっている。クラッチが完全に緩み切るとバネが作動して分解し「バースト」となる。

    ベイクラウド

    ベイロガーはランチャーに取り付ける装置で、光学センサーによってベイブレードの威力などを検出し、ベイロガー内に記録する装置である。ベイクラウドは、名前の通りクラウドを利用したシステムで、対戦記録やシュート回数、獲得ポイントなどがクラウド上で記録される。なお、ベイロガー単体はインターネット通信機能を持たないため、ベイロガー内の記録をクラウド上に送信するためには、ベイロガーとスマートフォンを接続する必要がある。

    ベイターミナル

    2016年1月30日より順次稼動のガチャ搭載店頭用無料ゲーム筐体。レイヤーのNFCチップをスキャンするとパーツ1個につき1日1回無料で遊ぶことができ、ベイロガーがあればベイポイントを貯めることもでき、ゲームで大当たりすると付属ガチャからレアパーツを入手することができる。ワインダーを持っていけばワインダーでシュートができるシステムとなっているが、設置当初不具合があり使用休止している。

    派生シリーズ

    ベイブレード一覧

    爆転シュート ベイブレード(1999年 – 2005年)

    メタルファイト ベイブレード(2008年 – 2012年)

    ベイブレードバースト(2015年 – 現在)

    随時『コロコロコミック』などで、情報が更新される。

    メディアミックス

    漫画

  • 爆転シュート ベイブレード(青木たかお、連載誌:月刊コロコロコミック)(1999年 – 2004年)(全14巻)
  • レッツ ベイブレード(玉井たけし、連載誌:小学四年生)(2000年)(未単行本化)
  • 爆転シュート外伝 ベイブレード大地(青木たかお、連載誌:別冊コロコロコミック)(2001年 – 2004年)(『爆転シュート ベイブレード』第6巻から第13巻に収録)
  • 爆転HERO ブレーダーDJ(おおせよしお、連載誌:月刊コロコロコミック、別冊コロコロコミック)(2001年 – 2003年)(全2巻〈未完〉)
  • 聖闘士BLADERS -ベイブレードバトルストーリー-(シナリオ:宮崎まさる、漫画:印照、連載誌:小学五年生、小学六年生)(2001年 – 2003年)(全3巻)
  • ベイブレード大戦 聖龍伝(黒岩よしひろ、連載誌:小学三年生、小学四年生)(2001年 – 2003年)(全2巻)
  • 爆転龍HAYATE(おおせよしお、連載誌:てれコロコミック)(2001年 – 2002年)(前後編の読みきり作品)(未単行本化)
  • メタルファイト ベイブレード(足立たかふみ、連載誌:月刊コロコロコミック)(2008年 – 2012年)(全11巻)
  • 爆転伝授 ブレーダーDJ(かとうだいご、連載誌:別冊コロコロコミック)(2009年 – 2012年)(全3巻)
  • ベイブレード超外伝 ブレイブ!!アヌビウスマスク(瀬戸カズヨシ、掲載誌:別冊コロコロコミック)(2011年)(読みきり作品)(未単行本化)
  • メタルファイト ベイブレード ZERO G(足立たかふみ、連載誌:月刊コロコロコミック)(2012年)(全2巻)
  • 爆転ヒーロー!ブレーダーGAI(難波孝、掲載誌:コロコロイチバン!)(2012年)(読みきり作品)(未単行本化)
  • ベイブレードバースト(森多ヒロ、連載誌:月刊コロコロコミック、別冊コロコロコミック) (2015年 – )(既刊8巻)
  • 爆転シュート ベイブレード ライジング(青木たかお、掲載誌:コロコロアニキ)(2016年 – )(既刊1巻)
  • ベイブレードソウル タク&ショウ(御狐ちひろ、掲載誌:コロコロイチバン!)(2017年 – )(既刊1巻)
  • ベイブレードバースト おしえて!!改造!!マスターブレーダー(山内コウタロウ、掲載誌:別冊コロコロコミック)(2017年 – )
  • アニメ

    いずれもテレビ東京系列で放送。

  • 爆転シュート ベイブレード(Beyblade)(2001年)(アニメーション制作:マッドハウス)
  • 爆転シュート ベイブレード 2002(Beyblade V-Force)(2002年)(アニメーション制作:日本アニメディア)
  • 爆転シュート ベイブレード Gレボリューション(Beyblade G-Revolution)(2003年)(アニメーション制作:日本アニメディア)
  • メタルファイト ベイブレード(Beyblade Metal Fusion)(2009年 – 2010年)(アニメーション制作:タツノコプロ)
  • メタルファイト ベイブレード 爆(Beyblade Metal Masters)(2010年 – 2011年)(アニメーション制作:SynergySP)
  • メタルファイト ベイブレード 4D(Beyblade Metal Fury)(2011年 – 2012年)(アニメーション制作:SynergySP)
  • メタルファイト ベイブレード ZEROG(Beyblade Shogun Steel)(2012年)(アニメーション制作:SynergySP)
  • ベイブレードバースト(Beyblade Burst)(2016年 – 2017年)(アニメーション制作:OLM)
  • ベイブレードバースト ゴッド(Beyblade Burst Evolution)(2017年 – 2018年)(アニメーション制作:OLM)
  • ベイブレードバースト 超ゼツ(2018年 – )(アニメーション制作:OLM)
  • 映画

  • 爆転シュート ベイブレード THE MOVIE 激闘!!タカオVS大地(2002年)
  • 劇場版メタルファイト ベイブレードVS太陽 灼熱の侵略者ソルブレイズ(2010年)
  • Webアニメ

    ソフトバンクモバイルのアニメ専門VODサービス『アニメ放題』および、U-NEXTで配信。

  • ベイウォーリアーズ サイボーグ(2015年)(アニメーション制作:SynergySP)
  • ビデオゲーム

    玩具のベイブレードが発売された同1999年7月に、ハドソンからゲームボーイカラー向けのゲーム『次世代ベーゴマバトル ベイブレード』が発売された。 漫画『爆転シュート ベイブレード』に登場する木ノ宮タカオと火渡カイは本ゲームで初めて登場した。

    日本国外ではATARIから「Beyblade V-Force」、「Beyblade G-Revolution」のGBAソフトが欧米のみに発売された。

    韓国ではSONOKONGから『TOPBLADE V』のタイトルでアーケードゲーム化されている。これはアニメ『爆転シュート ベイブレード2002』の韓国版をゲーム化したもので、キャラクター名も全て韓国版の名前に変更されている。日本国内では2016年9月に秋葉原のトライタワーで初めて稼動されたのが確認されている。また、2005年9月3日に新宿ロフトプラスワンで開催されたイベント『韓国まんがまつり12』で映像が公開されている。

    また、2009年に約6年ぶりに発売された『メタルファイト ベイブレード』はキャラクターや世界観を一新し、漫画『メタルファイト ベイブレード』に登場する個性的なキャラクターが登場する。それ以降からは、アニメ『メタルファイト ベイブレード』シリーズのゲームとして発売となる。

  • ドリームミックスTV ワールドファイターズ – 『爆転シュート ベイブレード』の木ノ宮タカオがプレイヤーキャラクターとして登場。
  • パズドラクロス – 『ベイブレードバースト』の蒼井バルトとヴァルキリーが登場。
  • パズル&ドラゴンズ – 『爆転シュート ベイブレード ライジング』の木ノ宮タカオが登場。
  • 妖怪ウォッチぷにぷに – 『爆転シュート ベイブレード』の木ノ宮タカオが登場。
  • カードゲーム

    satz Contrive -divisionが開発した『ベイブレードC.C.G.』が、ブロッコリーから2001年7月27日に発売された。スターターキットにはベイブレード本体がおまけとして付属するものもあった。

    また、タカラトミーのトレーディングカードゲーム『デュエル・マスターズ』に『爆転シュート ベイブレード』や『ベイブレードバースト』とのコラボカードが登場している。

    ベイブレードが登場する作品

  • ギャラリーフェイク
  • おとなのしくみ
  • カオスだもんね!
  • 関連人物

  • OVA 真魔神英雄伝ワタル 魔神山編 プロデューサー。
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ 設定協力。
  • 1997年、タカラBOYSマーケティング部にてベイブレードを開発。
  • ※ 参照元:https://ja.wikipedia.org