ナガシマスパーランドについて調べてみた件

地理院地図 Googleマップ ナガシマスパーランド

ナガシマスパーランド(英語: Nagashima Spa Land)は、三重県桑名市長島町浦安にある長島観光開発株式会社の運営する遊園地である。同社が形成するナガシマリゾートの中核施設であり、東京ディズニーランドに次ぐ日本で二番目の敷地面積をもつ大型アミューズメントパーク。1966年3月にオープンした。

概要

西日本有数の絶叫マシンの宝庫で、絶叫マシン愛好家や海外からは「東の富士急、西のナガシマ」と並び称されている。2017年3月現在、園内でのローラーコースターの総数は大小含め12機種(スチールドラゴン2000・アクロバット・ホワイトサイクロン・4Dスピンコースター 嵐(ARASHI)・コークスクリュー・ルーピングスター・シャトルループ・ウルトラツイスター・ダブルワイルドマウス・ジェットコースター・チルドレンコースター・ピーターラビットコースター)にも及び、それまで日本一だった熊本県のグリーンランドの10機種を抜いて日本一となった。この為、地元東海地方はもちろん関西地方をはじめとする他地方からの来園者も数多い。夏には屋外プール「ジャンボ海水プール」も開業する。

隣接して当地開発の発端となった日帰り温泉施設「湯あみの島」や、「ホテル花水木」「ガーデンホテルオリーブ」「ホテルナガシマ」のホテル群、アウトレットモール「三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島」(2011年9月増床、出店数では国内最大規模となる)がある。 ナガシマリゾートとしての年間入場者数は、約1,510万人であり、東海地方の主要施設の中では11年連続で首位である(2017年現在)

休日とゴールデンウィーク・お盆などは来園者が多く、特に人気の高いスチールドラゴン2000は2時間以上待つこともある。しかし平日(特に午前中)は空いていて、30分ほどで乗れる。2003年10月よりイメージキャラクターとして「ピーターラビット」のライセンス契約を世界で初めて締結し、園内でサンダル・浮き輪などのグッズ販売も行う。元々、昭和53年(1978年)頃より約20年間ほどウッディー・ウッドペッカーがイメージキャラクターとして使用されていたが、大阪にユニバーサル・スタジオ・ジャパン (USJ) が開園になるためにマスコットキャラクターが変更されたという経緯がある。

石原プロモーションが製作した『西部警察 PART-II』第37話及び『西部警察 PART-III』(「燃える勇者たち」【正月スペシャル】)では、本施設内でロケーションが行われた。

1990年代初頭まで、テレビ東京の『日曜ビッグスペシャル』(夜8時?)のスポンサーであったため、東京のゴールデンタイムの番組では異色のローカルCM(「長島?」と「ホテル花水木」)が流れていた。現在も関東でテレビ朝日のスーパーJチャンネルにて遊園地とそのイベント関連・ホテル・日帰り温泉のいずれかで流れている。CMは現在、地上波では関東から徳島県までの広範囲に渡って、BSではBSフジにて全国一斉に見ることが出来る。

なお、「温泉」を意味する SPA を語源としているため、スーパーランドではない

2011年のThemed Entertainment Association発表資料に拠れば、年間利用者数は5,820,000人。これは、全世界のテーマパーク別の年間利用者数で16位についている。日本国内に限れば東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに次ぐ利用者数でもある。

2017年11月18日・19日の両日にわたってゆるキャラグランプリ2017が開催された。

沿革

ナガシマスパーランドの沿革は次の通り。

  • 1966年3月19日 「ナガシマスパーランド」営業開始
  • 1978年7月2日 「コークスクリュー」導入
  • 1980年3月1日 「シャトルループ」「バイキング」営業開始
  • 1982年3月7日 「ルーピングスター」営業開始
  • 1985年3月30日 「ダブルジャンボバイキング」営業開始
  • 1989年8月1日 「ウルトラツイスター」営業開始
  • 1992年8月1日 「大観覧車オーロラ」営業開始
  • 1994年3月20日 「ホワイトサイクロン」営業開始
  • 1995年7月20日 「シュート・ザ・シュート」「フリーフォール」営業開始
  • 1997年4月27日 「スペースショット」営業開始
  • 2000年8月1日 「スチールドラゴン2000」営業開始
  • 2004年3月18日 「ボブカート」営業開始
  • 2004年7月9日 「ジャイアントフリスビー」営業開始
  • 2006年3月18日 「ロックンロール」「テレコンバット」「パラトルーパー」営業開始
  • 2006年5月2日 「トップスピン」営業開始
  • 2009年3月19日 「こども遊園地 キッズタウン」営業開始
  • 2010年8月 「お化け屋敷」移設営業開始
  • 2012年3月17日 「スターフライヤー」営業開始、「コークスクリュー」移設営業開始
  • 2012年4月25日 「キッズタウン」第2期拡張営業開始
  • 2012年7月14日 「ウルトラツイスター」移設営業開始
  • 2012年7月21日 大型ウォークスルーアトラクション「ポケモンアドベンチャーキャンプ」営業開始
  • 2013年3月15日 「スチールドラゴン2000」リニューアル営業開始
  • 2014年3月14日 「ポケモンアドベンチャーキャンプ」リニューアル
  • 2015年7月18日 フライングコースター「アクロバット」営業開始
  • 2017年3月10日 4Dスピンコースター「嵐」営業開始
  • 2017年9月24日 「ポケモンアドベンチャーキャンプ」終了予定
  • 主なアトラクション

    スチールドラゴン2000

  • 2000年8月1日に営業を開始した。当時最高部高度97m、最大落差93.5m、最高速度153km/h、全長2479mの4項目でギネスに認定された、世界最大級のローラーコースター。2014年現在、最高部高度・最大落差は共にシックスフラッグス・グレートアドベンチャーのキンダ・カが、最高速度はフェラーリワールドのフォーミュラ・ロッサがギネスを保持しているが、総走行距離としては現在でも世界最長であり、総走行距離を除く3つのギネス記録を超えた機種は直線加速方式であるため、巻き上げ式のローラーコースターとしては最高部高度、最大落差、最高速度ともに現在でも世界一を誇る。
  • 2ヵ所の大きなキャメルバック、8の字形の旋回、連続キャメルバック等、コースターとしてのエレメントはシンプルかつダイナミックな構造となっている。
  • 乗車中の写真撮影が行われ、連続キャメルバックの途中にカメラが設置されている。以前は、ホームを出発してすぐに撮影された。
  • 初代の車両は2012年12月9日の営業を最後に引退。2013年3月15日に2代目の車両がデビューした。2代目の特徴は板の上に1人掛けのバケットシートを乗せただけで周りを囲うカバーが無く、足が床につかない座席となっている。
  • 初代の定員は1編成36人であり、6人乗りの車両が6両繋がっている。ボディカラーは当初はイエロー・ブルー・シルバーの3色だったが、2007年に中日ドラゴンズが日本シリーズで優勝したため、その記念の車両(オレンジ)が追加された。制作は米国のD.H.モーガン社。
  • 2代目の定員は1編成28人であり、4人乗りの車両が7両繋がっている。ボディカラーはレッド・イエロー・ブラックの3色。制作はスイスのボリガー&マビラード社。
  • 2003年8月23日から2006年9月2日まで休止していた。#事故も参照のこと。
  • 全景

    ファーストドロップ

    フライングコースター アクロバット

    ナガシマリゾートの開業50周年を記念し、2015年7月18日にオープンした。日本初の大型フライングコースターで、スタートすると座席が傾き、乗客はうつぶせの状態で走行する。コース中にはプレッツェル状のループやスクリュー(ひねり)回転、噴水による演出などがあり、爽快で楽しい『まさに空を飛び回る』様な未体験の新しいスリルを体験できる。なお、当フライングコースターのスペックはアメリカ合衆国のシーワールド・オーランド(英語版)にあるアトラクション、マンタ(英語版)とほぼ同じである。大型コースターの導入は、2000年オープンのスチールドラゴン2000以来15年振り。総工費は約50億円(周辺施設含む)。

    水しぶきポイント

    4Dスピンコースター 嵐(ARASHI)

    2017年3月10日にオープンした、日本初の4Dスピン(新四次元)コースター。アメリカのS&Sワールドワイド社のモデルである。レールから横にはみ出した座席が、走行しながら前後に回転をする。機械的に制御されておらず、乗客の重量バランスによって回転する為、乗る度に回転数が変化する。

    ホワイトサイクロン

  • 世界最大級の木製ローラーコースター。米国産の松材4,800m3を使用。1994年3月に営業運転を開始。
  • 最高点高度45.5m、最高速度102km/h、全長1,715mであり、日本の木製コースターでは最大規模である。
  • 第一水平ループ突入前や、セカンドドロップ後のキャメルバック・フィニッシュ直前のキャメルバックでは、綺麗で強めのエアタイムを味わうことができる。ライドフォト(2011年8月撮影システムリニューアル)は、セカンドドロップの途中で撮影される。制作はスイスのインタミン社。
  • 2019年春に予定しているリニューアルオープンに向けて、2018年1月28日をもって営業を終了。利用者は延べ2,200万人。以前はボルトとレール以外は木製だったが、以後は木製と鉄製の混合であるハイブリッドコースターとなる。
  • 全景

    ファーストドロップ

    コークスクリュー

  • ナガシマスパーランドの初代絶叫マシンであり、設置は1979年と35年経過している。
  • ワインの栓抜き(コルク抜き)を模したエレメントである、360度ひねりのダブルコークスクリューが最大の特徴である。
  • 同機種は他に、としまえんやルスツリゾートなどに設置されている。かつては奈良ドリームランドや谷津遊園などにも設置されていた。
  • 正式名称は表題の通り「コークスクリュー」だが、アトラクション看板には「コークスクリュウ」と表示されている。
  • ライドは赤白青のものと緑白黄の2種類がある。
  • 4人乗り×6両の定員24名。
  • 制作はアメリカのArrow社。
  • キッズタウン拡張のために2011年9月19日に一旦営業終了したが、移設され2012年3月17日に営業を再開した。
  • ダブルコークスクリュー正面から

    コークスクリュー途中

    シャトルループ

  • 走路を1周せず、折り返し走行をする往復式のコースター。1980年営業運転開始。
  • 最高部高度42m、最高速度91.7km/h、走路延長263m
  • 通常のコースターのような巻き上げはなく、フライホイールによる急発進により運動エネルギーを得る。
  • かつては横浜ドリームランドやとしまえんなどにも同機種が存在したが、2014年現在、国内ではナガシマスパーランドの機種だけになっている。
  • 制作はドイツのアントン・シュワルツコフ社。設計者はIng.-Buro Stengel社。
  • 垂直ループとファーストドロップ

    急発進!!

    ルーピングスター

  • 上記のシャトルループと同じ製造会社であるシュワルツコフ社の標準的なループコースター。
  • 1982年営業運転開始。
  • 最高部高度24.5 m・最高速度77 km/h・走路延長592 m
  • エレメントはひねりながら落下するシュワルツコフカーブに始まり、垂直ループ・八の字コース・小キャメルバック・オーバーバンクターンが用意されている。
  • 設計者はIng.-Buro Stengel社。
  • 全景

    ファーストドロップ・シュワルツコフカーブ

    ループ中

    ジャイアントフリスビー

  • 世界最大級の振り子型絶叫マシン。2004年7月9日開業。
  • 50人乗りの円盤が回転しながら大きくスイングする。最高到達点は43m、最大傾斜角は120度、最高速度は102km/hに達する。
  • 富士急ハイランドのトンデミーナ(開業日は一日遅れ)と同機種である。
  • スターフライヤー

  • 2012年3月17日開業の大型回転ブランコ。
  • 2人乗りのブランコが、タワーの周りを最高速度51km/hで旋回する。ブランコの高さは47m、最大回転直径は28mに達する。
  • タワーの高さは63.4mあり、日本の回転ブランコとしては最大である。
  • 富士急ハイランドの鉄骨番長と同機種である。
  • その他のアトラクション

    乗車優先券

    フリーパスやアトラクション利用券とは別に、数量限定で販売しているチケット。待ち列に並ぶ事無く短い待ち時間でアトラクションを利用できる。但し、土日祝日及び混雑予想日の平日且つ、待ち時間が30分以上発生した場合のみの販売となる。

    対象アトラクションは、アクロバット、嵐、スチールドラゴン2000、ホワイトサイクロン、の4機種。アクロバットと嵐は、券売機で販売しており、入口ゲートで優先券専用の列から入場する。スチールドラゴン2000とホワイトサイクロンは、出口に併設されているフォトショップで販売しており、出口から入場する。

    キッズタウン

    キッズタウンには次のアトラクションがある。

  • ちびっこひろば
  • ピーターラビットコースター
  • こども急流すべり
  • カイトフライヤー
  • マジックバイク
  • スピンボート
  • くるくるヘリコプター
  • おでかけてんとうむし
  • ダックス
  • ウォーターショット
  • あしかさんのサーカス
  • チルドレンコースター
  • メリーゴーランド
  • バイキング
  • ケロヨンジャンプ
  • バルーンレース
  • ふわふわドーム
  • そらとぶぞうさん
  • レッドバロン
  • モトクロス
  • レッツゴートーマス
  • ウォーターエース
  • ゴーカート
  • ティーカップ
  • ピーターラビットスカイライナー
  • 汽車
  • こども自動車
  • シューティングギャラリー
  • ジャンボ海水プール

    世界最大級の屋外海水プール。毎年7月上旬~9月中旬の夏季限定で営業する。10種のプールと55レーンのウォータースライダーは正に日本はおろか世界最大級。遊園地や日帰り大露天風呂「湯あみの島」が隣接しているので、1日中楽しめると共に、年齢層が幅広く楽しめると人気。2008年7月には、小学3年生以下の子供とその保護者のみが利用できる屋内型プール「スパキッズ」がオープンした。

    ウォータースライダー

    その他の付帯施設、イベント

    ナガシマリゾートトラム

    愛・地球博においてグローバル・ループ上の4停留所を結んでいた電気自動車グローバル・トラムを再利用したものである。 2005年11月3日(祝)より「ナガシマリゾートトラム」として運行されていた。有料駐車場、遊園地、湯あみの島、ジャズドリーム長島の間、約1kmを約6分間で結ぶ。料金は無料である。現在はバスに置き換えられ、運行中止となっている。一部が再譲渡され、錦川鉄道に2編成が2009年9月19日から「とことこトレイン」として運行、1編成が平城遷都1300年祭会場で「ハートフルトラム」として運行されている。

    名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク

    『アンパンマン』のテーマパークとして、ナガシマスパーランドのシャトルループ西側の旧駐車場部分の土地に2010年4月23日にオープンした。入場料は1500円。

    中京テレビと長島観光開発株式会社、株式会社アンパンマンチルドレンスミュージアムの共同出資により設置されている。施設内ではアンパンマンのショーが催され、アトラクションも付随する。また、関連グッズのショップや飲食店も設置されている。横浜アンパンマンこどもミュージアムに続く、国内2か所目の「アンパンマンこどもミュージアム」である。

    開館当日とその翌日には、中京テレビの生放送番組「ラッキー!!」と「幸せの黄色い仔犬」が同所から生放送された。

    この他、開業前には中京テレビのグルメ情報バラエティ番組「PS」のメンバーである高田純次と柴田理恵が、番組企画で工事の手伝い(ミュージアム内にある「おもしろウィンドウ」のはめ込み作業)をしている。

  • 三重県桑名市長島町浦安108-4
  • アンパンマンテラス名古屋
  • ドキンちゃんのドキドキおしゃれショップ
  • バタコさんの手づくりハウス
  • うどんちゃんのやたい
  • フルーツ島のジュース屋さん
  • ふっくらごはん工場
  • アンパンマン&ペコズキッチン
  • ピクニックランチボックス
  • プレミアムソフトクリーム
  • ジャムおじさんのパン工場
  • アンパンマンカーニバル王国
  • 名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク
  • ナガシマ カウントダウン&ニューイヤーズパーティ

    カウントダウンチケットは前売り限定で毎年3万枚の限定発売。コンビニやチケットぴあにて購入が可能。20秒前からの大観覧車オーロラのデジタル時計でカウントダウンと共に1500発の花火を打上げ新年を祝う。 このライブのMCは、このライブのスポンサーの@FMから、黒岩唯一、川本えこが担当。2003年度は忌野清志郎、2004年度はMAX、2005年度は大黒摩季、2006年度はDA PUMP、Lead、2007年度はFLAME、Lead、2008年度はnobodyknows+、2009年度はHOME MADE 家族、2010年度は青山テルマ、傳田真央、JYONGRI、Sonar Pocket、RAM WIRE、しがせいこ2011年度は、青山テルマ 、傳田真央 、JYONGRI 、Sonar Pocket 、 RAM WIRE 、しがせいこ、2012年度は、高橋優、girl next door、CLIFF EDGE、BRIGHT、KingrassHoppers、Rihwa、2013年度は、Hilcrhyme、Brand New Vibe、lecca、ダイスケ、松下優也、近藤晃央、2014年度は、SEAMO、キマグレン、ハジ→ 、BRIDGET、平井大、 ALEXXX、 BOYS AND MEN、 斉藤利菜、2015年度は、C&K、伊東歌詞太郎、Juliet、クリフエッジ、BRIDGET、Gacharic Spin、ビッケブランカ、 2016年度は、May’n、GRANRODEO、天月(あまつき)、lol(エルオーエル)、MAG!C☆PRINCE、ASH DA HEROがライブを行った。 2017年度は、ファンキー加藤、SILENT SIREN、伊東歌詞太郎、THE BEAT GARDEN、WHITE JAM、マジカル?パレード BEACH、がライブを行う。

    TOKAI SUMMIT

    2007年から2016年の毎年7月に園内特設ステージにて行われていた大型屋外フェス。

    事故

    2003年8月23日10時50分頃、スチールドラゴン2000にて、走行中のコースターの車輪88個のうち半分に相当する44個が落下し、乗客1名とコースター下のプールサイドにいた客1名が重傷となる事故が発生した。以後営業休止の状態が続いていた。事故1ヶ月前の定期点検の際に請け負い業者が車輪の部品を不要な部分にまで取り付けていたことが原因と見られている。2006年8月12日より試運転を重ね、同年9月3日より営業を再開した。

    2013年2月8日15時15分頃、シャトルループの試運転中、乗車していた男性従業員1人が転落する事故が発生した。試運転には従業員14名が乗車していたが、転落した従業員は最後尾の7両目に乗っていた。腹部を固定するバーのロックが不十分だった事が原因と見られている。

    2014年6月5日午後1時40分頃、スターフライヤーが突然停止し、修学旅行で訪れ搭乗していた女児ら計7人が取り残された。乗っていた7人はその後地元消防本部により救助された。

    2017年4月3日午前11時前、嵐が地上高約30mで緊急停止し、7人の客が約15分間その場に取り残された後、コースターを動かして救出された。前を走るコースターが通過を知らせるセンサーの手前で止まり、安全装置が作動したことが原因と見られている。

    かつて存在したアトラクション

    関連施設

    以上4施設は連絡通路を使って相互に行き来可能である。また各ホテル宿泊者専用のナガシマスパーランド入場ゲートがある。各ホテルに宿泊すると「湯あみの島」「ナガシマスパーランド」「なばなの里」への入場が無料になる特典があるほか、ホテルから各施設への無料送迎サービスなどがある。

    ナガシマリゾートは以上の施設とナガシマスパーランドで形成されている。

    交通アクセス

  • 桑名駅より三重交通バスで20分
  • 名古屋駅(名鉄バスセンター)より三重交通バスもしくは名鉄バス(共に高速経由)で45分
  • 栄(オアシス21)より三重交通バス(高速経由)で45分
  • 中部国際空港より三重交通バス(高速経由)で50分
  • 日3往復のみ。桑名駅発着の空港連絡バスが経由する(桑名-長島温泉間の利用はできない)。
  • JR長島駅および近鉄長島駅より桑名市コミュニティバス「K-バス」長島ルートに乗車し、白坊主山公園停留所から南へ徒歩1.4km
  • 便数は1日4便のみと少ないが、運賃は三重交通と比較すると非常に低廉である(小学生以上100円・未就学児無料)。また、所要時間は循環方向により異なるが何れも25分程度である。
  • 伊勢湾岸自動車道湾岸長島ICを降りて5分
  • 東名阪自動車道長島ICを降りて南へ20分
  • 国道23号
  • 国道1号
  • ※有料駐車場は13,000台の収容台数がある。乗用車の場合、料金は一日1,000円であるが、ジャズドリーム長島で物販店3,000円または飲食2,000円購入すると返金される。

    ※ 参照元:https://ja.wikipedia.org