チラシについて調べてみた件

チラシ(ちらし、散らし、英: flyer)は、大衆伝達(主に広告)の媒体として用いられる、一枚刷りの印刷物のこと。かつては引き札という名称が使われていた。他にもビラともいう。

チラシによるコミュニケーション

主に、次の3通りの方法で、印刷された情報を伝達する。一般に、大量に印刷し配布(まき散らす)されないと、その効果は薄い。

配布する

一般に撒く(ま-)という。チラシ、フライヤーいずれも、この行為自体を表している。具体的には次のような方法で配布される。

  • 駅前、街頭などで配る
  • 個々の住宅、マンション、アパートなどの郵便受けに投函する(ポスティング)
  • 新聞や書籍に挟み込む(折込チラシ
  • 店頭で商品(店頭個々の)と一緒に客に渡す。商品とは特に関連性がない場合もある
  • 飛行機やヘリコプターを使用し、上空から地上に向けて大量に投下する。フライヤーとも。
  • インターネットで配信する。最近ではデジタルチラシとしてインターネットでチラシを配信する流通企業も多い。
  • 映画館で、次回作のPRの為に、無料で配布される、映画チラシ。
  • 掲示する

    チラシよりもビラと呼ばれることがある。(英)billはその意味のひとつに張り紙という意味を持つ。

    置き場を利用

    チラシ置場や、人(ターゲット層)の多く集まる場所(例:鉄道駅、ファミリーレストラン、映画館など)に置いておくことで、手にとってもらう。ピンクチラシは公衆電話に張られる方式が取られることが多く、トラブルともなっている(電話ボックス内に通話以外の目的で立ち入る事を禁じた規定が作られてからは減る傾向にある)。

    チラシ、ビラ、フライヤーの呼び名の使い分け、由来

    先述の通り古くは「引き札」と呼ばれたが、呼び名については、同一のものでも年代によって変わり、地域によって一定ではない。

  • 日本では、A6などの特に小さいものや、一般的な版型ではなく丸などの裁断やその他の装飾が施された厚い紙のチラシを指すことが多い。
  • その他

  • 2つ折以上のものをどう呼ぶかについて明確な境界はない。新聞折込では広げた場合、B2~B1判(D2~D1判)の大きさのものでもチラシと呼ぶことが多い。
  • 関連項目

  • 引き札
  • ポスティング
  • エフェメラ
  • カテゴリ:

    • 広告
    • グラフィックデザイン
    • 印刷物
    • 通信
    • 情報技術史

    隠しカテゴリ:

    • 独自研究の除去が必要な記事/2012年1月-2月
    • 出典を必要とする記述のある記事/2013年12月

    ※ 参照元:https://ja.wikipedia.org