ゼルダの伝説について調べてみた件

ゼルダの伝説』(ゼルダのでんせつ、The Legend of Zelda)は、任天堂から発売されたゲームソフト。ゼルダの伝説シリーズの一作目にあたる。表記はパッケージやタイトル画面では『THE HYRULE FANTASY ゼルダの伝説』となっている。日本では1986年2月21日にファミリーコンピュータ ディスクシステム用として、日本国外のディスクシステムが発売されなかった地域ではロムカセットとして発売された。

概要

任天堂のディスクシステムの第一弾ソフトとして発売された。当時のパソコンゲームは『ハイドライド』『ドラゴンスレイヤー』『ザナドゥ』といった剣と魔法のファンタジー世界観を持つアクションRPGが人気を博しており、『ゼルダの伝説』はパソコンのフロッピーディスクの容量に対抗できるディスクシステムを生かしたゲームとして開発された。そして『ゼルダの伝説』は大きな人気を博し、その後もシリーズ作品は継続して作られている。

ディスクライターでの累計書き換え回数は第3位を記録する。

ゲーム内容

システム

8つのカケラになってしまった知恵のトライフォースを完成させなければ、力のトライフォースを持ったガノンには太刀打ちできない。リンクは8つの迷宮に隠されたトライフォースのカケラを集め、最後にはボスの待つ迷宮に闘いを挑む。

リンクの操作

十字キーでリンクを4方向に移動させる。

Aボタンで向いている方向に剣を突き出し、敵にダメージを与える。ライフが満タンの時は突き出した剣からビームが放たれ、遠距離攻撃が可能となる(ソードビーム)。

Bボタンでブーメランや爆弾などといった「装備しているアイテム」を使用する。

リンクは常に盾を装備しており、敵から放たれる弾や矢を防ぐことができる(盾や攻撃の種類によっては防げないものもある)。ただし、防ぐことができるのは正面からの攻撃のみで、攻撃行動中(ロウソクなどのアイテムを使用する場合も同様)は盾を一時しまってしまうため、攻撃を防ぐことができない。

スタートボタンを押すとインベントリ画面に切り替わる。Bボタンアイテムの装備変更はここで行うほか、現在入手しているアイテムやトライフォースの確認が可能。ダンジョン内にいる場合は地図も表示される。

セレクトボタンを押すとポーズがかかる(一般的なゲームにおいてスタートボタンを押したときと同様)。

マイクは隠し効果として特定の場面で効果がある。なお、ゲームボーイアドバンスのファミコンミニ版はセレクトボタンの長押し、Wiiバーチャルコンソール版はクラシックコントローラのRスティックか、ニンテンドーゲームキューブ用コントローラのcスティックを回す事により同様の効果が得られるようになっている。

敵に接触したり弾に当たったりしてライフが無くなってしまうとゲームオーバー。

マップ

リンクが進んでいくマップはフィールドとダンジョンの2つから成っており、俯瞰視点で表現される。画面の端に移動した際に進む方向に自動で画面切り替えスクロールをしながら移動していく。

フィールドマップは横に16画面・縦に8画面の全128画面で構成されており、各画面ごとに出現するモンスターが設定されている。マップの中にはそれぞれ1?8のLEVELが設定された8つの迷宮の入り口があり、通常はLEVELの低いものから攻略していく。この他にも、手に入れたルピーでアイテムを購入できる店(それぞれ値段・売っているアイテムは異なる)や、(ルピーを払っての)情報収集、ルピーを使ったギャンブル、隠し部屋などが多く用意されている。フィールドマップでゲームオーバーになった場合・または中断した場合、どれだけゲームを進めていても、ゲームを開始するときは常に同じ地点(洞窟に入ると剣が入手できる画面)から始まる。

ダンジョンマップは最初は全容が明らかになっておらず、また各画面は扉で繋がっており、一部の扉は敵を全滅させないと閉まったまま、鍵で開かなければ進めないなど、進む上での障害となる。各LEVELの迷宮には1?2つずつアイテムが隠されており、これを入手し、使用することでフィールドマップの探索範囲が広がっていく。ボスを倒すと命の器が出現すると同時に、トライフォースのある部屋に進め、これを手に入れると迷宮をクリアしたこととなる。ダンジョンマップでゲームオーバーになった場合は迷宮の入り口から再開となる。

アイテムを入手したり先に進むためには、マップ上に散在する謎を解く必要がある。謎は裏技的にほぼノーヒントで設置されていることもある。

メッセージの表示形式

本作と『リンクの冒険』ではゲーム中の文章は「ヒトリデハキケンジャ コレヲ サズケヨウ」といった具合に、片仮名で表記が行われている。当時のゲームにおいて、メッセージが全て平仮名または片仮名というのが主流だった。これはハードのメモリ容量の制限によるものである。ただし、当時でもプログラマー、シナリオライターなど製作者の努力と工夫によって平仮名とカタカナを混在させているソフトもあった。

アイテム

名称は2つあるものは、左が説明書、右がゲーム中での名称。※はダンジョンの宝物。

この作品におけるリンクは剣を「突く」のみであり、「回転斬り」はおろか「斬り払う」こともできない。このため後続作品と比べると攻撃可能範囲は非常に狭く、慎重な操作が要求される。

裏ゼルダ

  • 出現方法
  • 一度ゲームをクリアするとエンディングを迎え、その後名前登録画面では剣を持ったリンクの状態になり、裏ゼルダをプレイする事ができる。
  • 名前登録画面で「ZELDA」と入力しても裏ゼルダをプレイできる。
  • フィールド
  • フィールドの地形ならびにモンスターの配置は、表のLV2,3,5入口だった所以外は表と変わらない。
  • イベントやダンジョン入口(LEVEL 1を除く)の配置が異なる。
  • モンスター
  • 地上のモンスターは表と同じだが、裏ゼルダのダンジョンには表にはいないタイプの敵が出現する(前述)。
  • ゴーマー(赤)は出現せず、ドドンゴや変身後のデグドガも必ず3匹で出現する。
  • ダンジョン
  • マップは表とまるで異なり、総じて難易度も表より高めである。
  • 入手できる宝物もLEVELが表と異なる。
  • 壁の一部がすりぬけられる(すりぬけたまま戻れない場所もある)。
  • 50ルピーか命の器を差し出さないと通れない場所がある。
  • ストーリー

    ハイラル地方にある小王国で、旅を続けていた少年リンクは魔物に襲われていた老婆を助け出した。老婆の正体はこの小王国の姫の乳母、インパであった。彼女の話によると、大魔王ガノンの軍勢がこの小王国に攻め込み、力のトライフォースを奪い取った。これに対し小王国の王女であるゼルダ姫は、捕まる直前に知恵のトライフォースを8つに分け、各地に隠したという。それを聞いたリンクは、8つに分けられた知恵のトライフォースの探索と大魔王ガノンの打倒、そして姫の救出を決意する。

    登場キャラクター

    味方キャラクター

    モンスター

    本作では地上の敵と地下(ダンジョン)の敵に分かれており、地上の敵がダンジョンに登場することはなく、その逆もまた然り。また、敵によっては赤と青の2種類が存在し、総じて青の方が攻撃力・耐久力が高い。

    ダンジョンの最深部の1つ手前のボス部屋に巣食い、トライフォースの欠片を守るモンスター達。いずれも耐久力が普通の敵より数段上。場所によっては中ボスとしての登場もある。ボス部屋及びそれに隣接した部屋では唸り声が聞こえる(ボスによって異なり、計3種類)。

    他機種版

    音楽

    スタッフ

  • エグゼクティブ・プロデューサー:山内溥
  • プロデューサー:S.MIYAHON(宮本茂)
  • ディレクター:S.MIYAHON(宮本茂)、TEN TEN(手塚卓志)
  • デザイナー:TEN TEN(手塚卓志)
  • シナリオ:照井啓司
  • プログラマー:T.NAKAZOO(中郷俊彦)、YACHAN(副島康成)、MARUMARU (I.MARUI)
  • ミュージック・コンポーザー:KONCHAN(近藤浩治)
  • 評価

  • ゲーム誌「ファミリーコンピュータMagazine」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通り21.63点(満25点)。また、同雑誌1991年5月24日号特別付録の「ファミコンディスクカード オールカタログ」では「第1作にしてこの大作」、「任天堂の開発者の実力を天下に知らしめたソフトといっていいだろう。ゲームはRPGの経験値の要素をうまくアレンジし、多くの人が楽しめる内容となっている」と紹介されている。
  • 「ファミリーコンピュータMagazine」1991年5月24日号特別付録の「ファミコンディスクカード オールカタログ」巻末に収録されている「ディスクカード部門別BEST5」では、キャラクタ4位、音楽3位、熱中度1位、オリジナリティ2位、総合評価2位を獲得している。
  • 関連作品

    書籍

  • 『ゼルダの伝説』(乱丸、徳間書店、1986年)
  • 必勝テクニック完ペキ版4『ゼルダの伝説』(こばやし将、徳間商店、1986年)
  • 『ゼルダの伝説』(未将崎雄、JICC出版局、1989年)
  • 『ゼルダの伝説 蜃気楼城の戦い』(双葉文庫、1986年)
  • 『アドベンチャーヒーローブックス 新・ゼルダの伝説』(勁文社)

    発売当初、ファミコン雑誌『ファミリーコンピュータMagazine』誌上で製作スタッフであった宮本茂と手塚卓志による謎解き質問コーナーが連載された。また、『ファミ通』創刊号では、ディスクシステム発売記念RPGとして記念すべき最初の新作紹介に、2ページに亘りエンディング画面つきで特集された。

    ※ 参照元:https://ja.wikipedia.org