スパイダーマンについて調べてみた件

スパイダーマン (Spider-Man)は、マーベル・コミックが出版するアメリカンコミック『スパイダーマン』に登場する架空のスーパーヒーロー。スタン・リーとスティーブ・ディッコにより創造された。

概要

スパイダーマンは、原作者のスタン・リーとアーティストのスティーブ・ディッコによって作られて、Amazing Fantasy#15(1962年8月)で初登場した。「Spidey(スパイディ)」、「Friendly Neighborhood(親愛なる隣人)」、「Web head(ウェブヘッド)」、「Web slinger(ウェブスリンガー)」などのニックネームを持つ。キャッチフレーズは「Your Friendly Neighborhood Spider-Man(あなたの親愛なる隣人スパイダーマン)」。

リーとディッコは幼い頃に両親を失った孤児のキャラクターを考案した。スパイダーマンはコスチュームを着て犯罪と戦う事に加えて、思春期の悩みに対処する正常なティーンエイジャーだった。スパイダーマンの超人的な力と敏捷性、ほとんどの物質に吸着する能力、彼の発明したウェブ・シューターと呼ばれるウェブを撃つ手首に装着する装置、迅速に危険に反応するスパイダーセンスは、彼の犯罪との戦いを可能にしている。後に、彼は自分の会社であるパーカー・エンタープライズを設立した。

1960年代のスーパーヒーローのコミックブックにおけるティーンエイジャーの役割はサイドキックであり、主人公では無かった。スパイダーマンシリーズはこの風潮を破り、スパイダーマンの背後にあるピーター・パーカーという高校生の正体と拒絶、過ち、孤独、自己強迫観念は若い読者と共通していた 。スパイダーマンは以前のティーンエイジャーのヒーローとは異なり、バッキーとロビンにおけるキャプテン・アメリカとバットマンのような、スーパーヒーローのメンターを持っていなかった。最初のスパイダーマンの物語で、自身の失敗で彼の伯父であるベンおじさんが死に、「大いなる力には、大いなる責任が伴う」という事を知る。

スパイダーマンは、最も人気のある商業的に成功したスーパーヒーローの一つである。マーベルの主力キャラクターや会社のマスコットとして、メディアの形態、いくつかのアニメーションと実写、テレビシリーズ、新聞のコミックストリップ、一連の映画など、彼は無数に登場している。

キャラクター

  • 『アルティメット スパイダーマン』では、カーネイジに殺されている。
  • 映画『スパイダーマン3』に登場する。
  • 映画『アメイジング・スパイダーマン』では当初よりヒロインとして登場する。ピーターのガールフレンドで、オズコープ社のチーフインターン。
  • 『アルティメット スパイダーマン』では、ハリーはホブゴブリンになる。
  • スーパーヒーロー

    スーパーヴィラン

  • アニメ『スパイダーマン』ではホブゴブリンの方が先に登場しており、グリーンゴブリンの装備はホブゴブリンの物が薬品により変質したものとされる。
  • 映画『スパイダーマン2』ではメインヴィランとして登場する。また、映画ではシニスター・シックスは結成されていない。
  • 映画『アメイジング・スパイダーマン2』ではオクトパス自身の登場はないものの、オズ・コープの極秘施設にアームのみ保存された状態で登場している。(同様にライノのアーマーやゴブリンのスーツ、グライダーも保存されている。)
  • 『アルティメット スパイダーマン』ではコナーズ教授(後述)によってピーターの血液とコナーズ教授の血液からヴェノムのスーツのデータを基に作り出された人造生命体。身体構造を安定させるために人を殺害、吸収し続け、ピーターを狙う最中にグウェン・ステーシーを殺害した。
  • 映画『スパイダーマン3』ではベンおじさんを殺害した張本人。脱獄中に素粒子実験場の素粒子分解装置に入り込んでしまい、体の分子が全て砂状になってしまった。病に侵されている娘のペニーを救う為に強盗を繰り返す。街中でダンプに詰まった砂を吸収して砂の巨人になり一度はスパイダーマンを破るも、パワーアップしたブラックスパイダーマンとの戦いの中、破壊された配水管から噴出した激流によって泥になってしまい流されるが娘への想いによる執念からどうにか生き延び、ピーター=スパイダーマンに逆恨みしていたヴェノムの誘いに乗りMJの誘拐に加担し、再び巨人化して警官隊をなぎ払い、スパイダーマンを追い詰めていく。が、援軍として駆けつけてきたニューゴブリン=ハリーとの一騎討ちに敗れる。ヴェノムを撃退したスパイダーマンの前に現れ、ベンに説得されたが、相棒が駆け付けた事に気を取られた拍子に銃を暴発させてしまった事でベンを殺してしまったという真相を告白し、今でもその事を後悔し続けていた事を話し、それを聞いたスパイダーマン=ピーターに「許す」と言われ、砂嵐になって姿を消した。
  • 映画『スパイダーマン2』ではカート・コナーズとしては登場しており、オットー・オクタヴィアスの親友という設定。
  • 映画『スパイダーマン3』ではピーターの依頼を受け、シンビオートを調査した。小説版では続編で彼がリザードに変貌する事を仄めかす描写がある。ゲーム版ではリザードとなって登場している。
  • 映画『アメイジング・スパイダーマン (映画)』では、ヴィランとして登場する。
  • 映画『スパイダーマン2』ではジョン・ジェイムソンとしては登場しており、MJの婚約者だった。
  • アニメ『スパイダーマン』ではグリーンゴブリンよりも先に登場しており、ここで登場するのは原作では四代目にあたるジェイソンである。
  • 『アルティメット スパイダーマン』におけるホブゴブリンの正体はハリー・オズボーンである。グリーンゴブリン(ノーマン)と死闘を繰り広げた末に殺される。
  • 『アルティメット スパイダーマン』ではTVタレントであり、視聴率を稼ぐためにスパイダーマンに挑むもあっけなく倒される。その後、違法な遺伝子実験の結果、狼のような姿となる。
  • 1990年代のアニメ『スパイダーマン』には一度(二話に渡ってだが)しか登場していない。
  • 2003年制作の『スパイダーマン 新アニメシリーズ』では、マックス・ディロンとして登場。ピーター達の級友で、彼と同じく冴えないいじめられっ子だった。何とかクラブのパーティに参加しようとしたが、ダグを初めとするメンバーに逆に馬鹿にされて追い返され、失意の中でネオンへの落雷に遭遇し感電して電気が人型に集まった「電気人間」となる。復讐心に染まって暴れまわった挙句ダグを感電死させるが、スパイダーマンと戦った末にアース線を刺されて、電気となり街の送電網へと拡散した。シリーズ終盤になって復活し、ひそかに想いを寄せていた女性を自らと同じ電気人間にしようと暗躍するが、これもスパイダーマンに阻止される。最期にはバッテリーの中に閉じ込められた末に海に投げ込まれ、ショートを起こして爆発し、海中に飛散して死亡した。
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』ではメインヴィランとして登場する。オズコープ社の優秀な電気技師だが冴えない容姿と性格から誰にも好かれなかった。スパイダーマンに助けられた恩から彼に執着するようになる。そんなある日作業中の事故(感電し水槽に落ちた際に遺伝子操作された電気ウナギに噛まれた)でエレクトロに変貌し、その力をコントロールできずに街を破壊してしまう。その際に現れたスパイダーマンに自分の名前を覚えてもらってなかったことや、彼が愛されている様子を見たことからスパイダーマンを憎むようになる。
  • 『アルティメット スパイダーマン』では登場するたびにスパイダーマンに一蹴される三流の悪役として度々登場する。
  • アニメ『スパイダーマン』ではピーターと同じ大学に通う留学生で、放射能を帯びた吸血コウモリに噛まれてコウモリ人間と化してしまう。
  • 『アルティメット スパイダーマン』ではマイルズ・ウォーレンがハリーのカウンセラー役として登場。また、メイおばさんと付き合っていた。
  • アニメ『スパイダーマン』ではキングピンに失敗の責任を取らされ、生体ロボットにされた。
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションでは、観客のビークルを攻撃し最後にはスパイダーマンに敗れている。
  • 漫画

    原書

    詳細はBibliography of Spider-man titles(英語版ウィキペディア)を参照

    翻訳

    日本オリジナル

    小説

    原書

    翻訳

    その他のメディア

    映画

  • スパイダーマンSpider-Man, 2002年)
  • スパイダーマン2Spider-Man 2, 2004年)
  • スパイダーマン3Spider-Man 3, 2007年)
  • アメイジング・スパイダーマンThe Amazing Spider-Man, 2012年)
  • アメイジング・スパイダーマン2The Amazing Spider-Man 2, 2014年)
  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)
  • スパイダーマン:ホームカミングSpider-Man: Homecoming, 2017年)
  • スパイダーマン: スパイダーバースSpider-Man: Into the Spider-Verse, 2018年)
  • スパイダーマンの設定は「実写では再現不可能」と言われていたが、映画『スパイダーマン』は当時のCG技術を結集させ、再現に成功した。実写映画シリーズは3で完結する予定が好評のため4?6の製作が発表されたが、学生期を描く作品にするため、ソニーピクチャーズはサム・ライミとトビー・マグワイアを降板にし、新たなリブート作品『アメイジング・スパイダーマン』を制作する事を発表した。同作以降は3D映画として公開されている。『アメイジング・スパイダーマン』も続編2作品とスピンオフ作品の制作が予定されていたが、2作目の興行収入が配給側の予想を大きく下回った影響もあり、ソニー・ピクチャーズは当初の予定を変更してマーベル・スタジオとのパートナーシップを締結し、『マーベル・シネマティック・ユニバース』の新シリーズとして再びシリーズをリブートすることが決定。『アメイジング・スパイダーマン』シリーズは事実上の打ち切りとなったが、新シリーズの単独映画の配給はソニーが引き続き担当する。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)が新スパイダーマンのデビュー作となり、2017年には新シリーズ第1作となる『スパイダーマン:ホームカミング』が公開された。MCUでもスパイダーマンの登場に合わせ、『アイアンマン2』や『アベンジャーズ』の展開を基にした新設定が加えられた。

    テレビドラマ

  • The Amazing Spider-Man (1977年、米CBS)
  • スパイダーマン (1978年)
  • アニメ

  • スパイダーマン 旧アニメシリーズ (Spider-Man) (1967年)
  • アメリカではグラントレーが製作したが倒産してシーズン2以降はラルフ・バクシが担当。現在は日本でも製作国のアメリカでも未放送。ただしアメリカでは、マーベル・コミックの公式サイトで配信されたことがある。
  • スパイダーマン (Spider-Man) (1981年)
  • 日本未放映作品
  • スパイダーマン&アメイジング・フレンズ (Spider-Man and His Amazing Friends) (1981年)
  • 日本ではトゥーンディズニーで放送、OVAはディズニーXDで放送。
  • スパイダーマン (Spider-Man: the Animated Series) (1994年)
  • 日本ではカートゥーンネットワークで放送、後からこの作品以降ディズニーXDで放送した(2003年版を除く)。
  • スパイダーマン・アンリミテッド (Spider-Man Unlimited) (1999年)
  • スパイダーマン 新アニメシリーズ (Spider-Man: The New Animated Series) (2003年)
  • 日本では日本テレビで放送、TOKYO MXでも放送された。
  • スペクタキュラー・スパイダーマン (The Spectacular Spider-Man) (2008年)
  • アルティメット・スパイダーマン (Ultimate Spider-Man) (2012年)
  • アメリカ合衆国のディズニーXDと同時にテレビ東京系列で放送した。6局ネットでは初めてのアニメシリーズ。(日本のディズニーXDは遅れ放送)
  • マーベル スパイダーマン(2017年)
  • 日本のDlifeで日本最速放送。(日本のディズニーXDは遅れ放送)
  • ゲーム

  • スパイダーマン MD(1991年10月18日)
  • スパイダーマン ザ ビデオゲーム セガ・システム32(1991年)
  • MAXIMUM CARNAGE スパイダーマン&ベノム カーネイジの逆襲 MD(1995年5月26日)
  • スパイダーマン PS(2001/04/26)
  • スパイダーマン/ピーター・パーカー(声 – 三木眞一郎/英 – リノ・ロマノ)
  • メリー・ジェーン・ワトソン(声 – 佐久間レイ/英 – ジェニファー・ヘイル)
  • ドクター・オクトパス(声 – 辻村真人/英 – エフレム・ジンバリストJr.)
  • ヴェノム(声 – 根本央紀/英 – ダラン・ノリス)
  • カーネイジ(声 – 坂口候一/英 – ディー・ブラッドリー・ベイカー)
  • スコーピオン(声 – 梁田清之/英 – ダラン・ノリス)
  • ミステリオ(声 – 坂口候一/英 – ダラン・ノリス)
  • ライノ(声 – 梁田清之/英 – ディー・ブラッドリー・ベイカー)
  • ブラックキャット(声 – 佐久間レイ/英 – ジェニファー・ヘイル)
  • パニッシャー(声 – 梁田清之/英 – ダラン・ノリス)
  • リザード(声 – 辻村真人/英 – ディー・ブラッドリー・ベイカー)
  • J・ジョナ・ジェイムソン(声 – 辻村真人/英 – ディー・ブラッドリー・ベイカー)
  • 強盗(声 – 三木眞一郎)
  • ナレーション(声 – 宗矢樹頼/英 – スタン・リー)
  • スパイダーマン GB(2001年4月27日)
  • スパイダーマン -ミステリオの脅威- GBA(2002年4月26日)
  • SuperLite 1500シリーズ SPIDER-MAN PS(2002年10月31日)
  • SPIDER-MAN2 ~ENTER:ELECTRO~ PS(2002年10月31日)
  • スパイダーマン/ピーター・パーカー(声 – 三木眞一郎/英 – リノ・ロマノ)
  • メリー・ジェーン・ワトソン(声 – 冬馬由美)
  • エレクトロ(声 – 坂口候一)
  • その他吹替声優 – 宗矢樹頼、川津泰彦、中嶋聡彦、長嶝高士
  • SPIDER-MAN PS2・GC・Xbox(2003年2月13日)
  • スパイダーマン2 PS2(2004年9月30日)、DS(2005年1月06日)、PSP(2006年10月31日)
  • Ultimate Spider-Man DS(2006年)、GC(2006年)、PS2(2006年8月24日)
  • スパイダーマン3 PS2・PS3・Wii
  • MARVEL SUPER HEROES アーケードゲーム(1995年11月)・SS(1997年8月8日)・PS(1997年9月25日)
  • MARVEL SUPER HEROES VS. STREET FIGHTER アーケードゲーム(1997年3月)・SS(1998年10月22日)・PS(1999年2月25日)
  • MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES アーケードゲーム(1998年2月)・DC(1999年3月25日)・PS(1999年11月11日)
  • MARVEL VS. CAPCOM 2 NEW AGE OF HEROES アーケードゲーム(2000年3月)・DC(2000年03月30日)・PS2(2002年9月19日)・Xbox(同左)
  • MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds PS3・Xbox 360
  • MARVEL ULTIMATE ALLIANCE PS3・Wii
  • ザ・スーパー忍
  • en:Spider-Man: Battle for New York GBA・DS
  • en:Spider-Man: Friend or Foe PS2・PSP・Xbox 360・Wii・DS・PC
  • en:Spider-Man: Web of Shadows PS2・PSP・Xbox 360・Wii・DS・PS3・PC
  • en:Spider-Man: Shattered Dimensions Xbox 360・Wii・DS・PS3・PC
  • en:Spider-Man: Edge of Time Xbox 360・Wii・DS・PS3・3DS
  • en:Marvel Nemesis: Rise of the Imperfects PS2・PSP・DS・Xbox・GC
  • en:Marvel: Ultimate Alliance 2 PS2・PSP・DS・Xbox 360・PS3・Wii
  • en:Marvel Super Hero Squad PS2・PSP・DS・Wii
  • en:Marvel Super Hero Squad: The Infinity Gauntlet Xbox 360・PS3・DS・3DS
  • ボードゲーム

  • スパイダーマン THE GAME OF THE AMAZING SPIDER-MAN(1984年)
  • アトラクション

    1999年、アメリカ・フロリダ州オーランドのテーマパーク「ユニバーサル・オーランド・リゾート」内にあるアイランズ・オブ・アドベンチャーで、コミック版スパイダーマンをテーマにした「The Amazing Adventures of Spider-Man」が登場。2004年にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンにも多少の改良を加え、「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド」として登場。移動型ライドと3D映像を駆使したアトラクションで、とても評価が高く現在もUSJの人気アトラクションとなっている。なお、日本版ではナイトゴーグル(3Dメガネ)が青色への変更や、ライド乗車中の写真撮影などが追加されている。

    2012年3月8日には新たなプロジェクターを採用し、より高解像度の映像に一新された。日本でも4K解像度のプロジェクターに変更され、「NEWアメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D」として2013年7月5日にリニューアルされた。

    登場する敵は、「シニスターシンジケート」のドクター・オクトパス、ホブゴブリン、エレクトロ、ハイドロマン、スクリーム。待ち列内に敵のプロフィールなどの載ったボードがあり、アトラクションの待ち時間の具合によっては見られることがある。

  • スパイダーマン/ピーター・パーカー(声 – 猪野学/英 – クリス・エジャリー)
  • ドクター・オクトパス(声 – 稲葉実/英 – パット・フラリー)
  • ホブゴブリン(声 – 千葉繁/英 – パット・フラリー)
  • エレクトロ(声 – 中尾隆聖)
  • ハイドロマン(声 – 渡部猛/英 – ビル・ファッガーバッケ)
  • スクリーム(声 – 茶風林)
  • カイドールテン(声 – 肝付兼太)
  • J・ジョナ・ジェイムソン(声 – 立川三貴/英 – クリス・エジャリー)
  • フローリ博士(声 – 田村淳)
  • シェリナ課長(声 – 田中敦子)
  • トラックのおじさん(声 – 熊倉一雄/英 – マイケル・ウォリス)
  • 舞台

    当初の上演開始は2010年12月を予定していたが、主要スタッフ・キャストのケガ発生、資金の不足等々問題が重なり、6回ほど延期された。

    配信元

    文化的影響

  • フランスのアラン・ロベールは、高層ビルに命綱無しで登ることから「スパイダーマン」と呼ばれている。
  • レーシングドライバーのガブリエル・タルキーニはスパイダーマンファンで、白地に蜘蛛の巣をデザインしたヘルメットを使用している。
  • レーシングドライバーのエリオ・カストロネベスは、レースに優勝するとよく観客席の金網によじ登るパフォーマンスを見せることから、ファンや関係者から「スパイダーマン」と呼ばれている。
  • 歌舞伎役者・中村獅童はスパイダーマンファンで、映画のプロモーションの際、スパイダースーツを着て協力し、「アメイジング・スパイダーマン2」の日本語吹替え版ではエレクトロの声を担当した。また舞台のカーテンコールで、蜘蛛糸を投げスパイダーマン・パフォーマンスすることもある。
  • DJ OZMAは2007年9月にユーロビートソング「Spiderman」を発表している(マーク・フォスターのカバー曲。原曲はVIP MEGA EUROSTAR 3rd Stageなどに収録されている。)
  • おぼっちゃまくんの「シンパイダーマン」というキャラクターは、このスパイダーマンのパロディである。
  • アメリカではスパイダーマンに似たカラーリングのレッドヘッドロックアガマというトカゲがペットとして人気である。
  • オーストラリアの学生によって『Italian Spiderman』というパロディ動画が作られ、動画共有サイトで人気を集めている。
  • 『スパ淫ダーマン』(原題:Spiderbabe)は、スパイダーマンをパロディにしたポルノ映画。
  • ※ 参照元:https://ja.wikipedia.org