クリスマスケーキについて調べてみた件

クリスマスケーキ(英語: Christmas cake)は、クリスマスを祝って食べるケーキで、イギリス、アイルランド、並びにその他の英連邦諸国や日本、フィリピンなどの国々で広く親しまれている。

イギリスのクリスマスケーキ

イギリスのクリスマスケーキは特に12月24日(クリスマス・イヴ)や12月26日(ボクシング・デー)のティータイムに供される習慣がある。

イギリスではクリスマスケーキのほかバースデーケーキやウェディングケーキなどもダークフルーツケーキを土台にしていることが多い。ダークフルーツケーキはドライフルーツをふんだんに入れた硬めの生地のケーキである。

日本のクリスマスケーキ

日本のクリスマスケーキの歴史は、菓子メーカー不二家創業の1910年(明治43年)まで遡る。現代の日本では、スポンジケーキにホイップクリームやバタークリームを塗り、砂糖細工(メレンゲドール)のサンタクロースやクリスマスツリー、イチゴやチョコレートを飾りつけたものが一般的である。これは、不二家が1922年(大正11年)頃から広めたものである。近年、日本の一部や韓国ではバースデーケーキのように、クリスマスケーキにろうそくを灯すものも見られ、サンタクロースを象ったろうそくも見うけるが、英連邦諸国でクリスマスケーキにろうそくの火を灯すことはない。また、日本では慣習的にクリスマス当日ではなく、イブの晩に食べられることも多い。

クリスマスに関連するパン類・デザート類

  • フランス – ビュッシュ・ド・ノエル、パチチョイオ(プロヴァンス地方のみ)
  • イギリス – クリスマスプディング、ダンディーケーキ
  • ドイツ – シュトレン、マルツィパーン、レープクーヘン
  • イタリア – パネットーネ、パンドーロ
  • フィリピン – プト・ブンボン、ビコ
  • オーストラリアおよびニュージーランド – パブロバ
  • ロシア – プリャーニク
  • イスラエル(およびユダヤ教徒世帯全般。クリスマスではなくハヌカーとして祝う。) – スフガニア
  • ※ 参照元:https://ja.wikipedia.org