エブリスタについて調べてみた件

エブリスタとは、DeNAとNTTドコモとの共同出資企業、株式会社エブリスタが提供する、小説やコミックなどの投稿コミュニティサイト (UGC)である。

概要

携帯電話、スマートフォンまたはパソコンから閲覧・投稿できる。サービスは基本的にWebブラウザで提供されるが、フィーチャーフォン版ではコミックの閲覧を専用アプリで行うことになる。また、スマートフォンにおいてはすべてのサービスを利用できるアプリが提供される (Android版/iOS版)。

基本的に利用料は無料で読み放題だが、有名作家・有名人の作品は「E★エブリスタプレミアム」として月額210円(消費税込)にて提供される(DoCoMoのみ対応)。無料のコンテンツはプロを目指す作家や個人(クリエイター)の趣味で製作された作品が中心となり、だれでも簡単に投稿も可能となっている。2014年7月時点で作品数は200万を超えている。

出版社の協賛により「エブリスタ小説大賞」を行い、優秀作品は協賛出版社より書籍化されている。他にも人気のある投稿作品は随時書籍化されており、累計100冊以上を出版している。特に、『王様ゲーム』は小説・コミックのシリーズ累計が2014年3月現在500万部を突破している。また、同サイトに掲載されている『ブラックアウト』は累計アクセス数が7000万を突破している。どちらも携帯小説の中では他サイトを含めて最高記録となっている。

現在では、旧モバゲークリエイターを統合している。既存ユーザーはエブリスタにクリエイター情報を引き継ぐことができる。

カテゴリー

  • 小説
  • コミック
  • 写真
  • エッセイ・HowTo
  • 俳句/川柳/短歌
  • イラスト
  • レシピ
  • ラジオドラマ

    投稿された小説作品をTBSラジオと、MBSラジオにてラジオドラマとして放送していた。TBSラジオでの番組名は番組表上では『エブラジスマホ小説』、番組内では『エブ★ラジ 夜の連続スマホ小説』と称されている。また、MBSラジオは『AKB48木﨑ゆりあ 2014年のシンデレラ』(TBS・東海ラジオ放送にもネット)のラジオドラマにコーナー協賛しており、毎週1作品を木﨑ゆりあがほぼ一人語りで朗読している。

    沿革

  • 2010年4月1日 – 株式会社エブリスタ設立
  • 2010年5月31日 – プレオープン
  • 2010年6月7日 – グランドオープン
  • 2010年11月26日 – スマートフォン Android用アプリ提供開始
  • 2011年6月13日 – 会員数が100万人を突破
  • 2011年7月29日 – モバイルコンテンツ審査・運用監視機構 (EMA)のコミュニティ認定サイトとなる
  • 2011年11月2日 – スマートフォンアプリのダウンロード数が150万を突破
  • 2011年11月15日 – 『E★エブリスタ 電子書籍大賞』投稿受付開始
  • 2011年11月29日 – 人気投稿小説「王様ゲーム」、Mobageでソーシャルゲーム配信開始
  • 2011年12月17日 – 映画「王様ゲーム」、全国順次ロードショー
  • 2012年2月1日 – 代表取締役社長に池上真之が就任(池田純は取締役)
  • 2012年5月31日 – 『E★エブリスタ 電子書籍大賞』出版社賞(6作品)、優秀賞(10作品)が決定
  • 2012年8月22日 – 『E★エブリスタ 電子書籍大賞』授賞式を渋谷ヒカリエにて開催
  • 2016年6月14日 – 6周年を機にサービス名を「エブリスタ」に改称。
  • 2017年5月15日 – コミックエッセイレーベル 「コココミ」を創刊。
  • 関連項目

  • spモード
  • 小説投稿サイト
  • 文学フリマ – 第21回文学フリマ東京から、「立ち読みカタログ」の提供を開始。
  • ※ 参照元:https://ja.wikipedia.org