エディオンについて調べてみた件

  • かつて存在した家電小売店舗としての旧エディオン(後の石丸電気)については「東京エディオン」をご覧ください。
  • 株式会社エディオン(英称:EDION Corporation)は、日本の家電量販店チェーン。かつては複数のチェーンブランドを展開する持株会社であった。売上高はヤマダ電機、ビックカメラグループ(コジマとの単純合算値)に次いで業界3位となっている。

    概要

    2002年(平成14年)3月に、中国地方を基盤とする株式会社デオデオと中部地方を基盤とする株式会社エイデンの共同で、エディオングループの持株会社として設立。2005年(平成17年)4月には近畿地方を基盤とする株式会社ミドリ電化を子会社化、2006年(平成18年)7月には関東地方を基盤とする石丸電気を関連会社化するなど、徐々に規模を拡大した。

    2009年(平成21年)10月に事業子会社を東西2社に再編し、1年後にこの東西事業子会社を吸収合併して、一連の統合を完了した。一連の再編にあたっては併せて、「地域別ブランド」戦略を打ち立て、テリトリー外の店舗を本来の地域運営会社に移管させた。

    東京証券取引所・名古屋証券取引所1部上場(会社コード2730)、本社は関西地域の基盤強化を目的に2007年(平成19年)1月から7月にかけて、愛知県名古屋市千種区から大阪府大阪市北区堂島に順次移転している。傘下には北陸地方と北海道に展開をしているサンキューがある。傘下を合わせて1,212店舗(2014年3月時点)を展開し、売上高はヤマダ電機、ビックカメラに次いで第3位である。

    また2007年(平成19年)2月8日には、都市駅前型の業態を展開するためにビックカメラと業務・資本提携を行なった。最終的に経営統合を目指していたが、方向性の違いが明らかになったことから業務提携のみにとどまり、統合は白紙化された。その後、2年間の契約有効期限の満了をもって、ビックカメラとの業務提携を解消した。

    過去には全国展開を進めるヤマダ電機など関東系家電量販店に対抗するために、2002年(平成14年)からエディオン・上新電機株式会社・株式会社ミドリ電化・サンキュー・株式会社デンコードーと業務提携、5社による「ボイスネットワーク」を結成し、オリジナル商品の企画・開発などを行っていた。しかし、2004年(平成16年)にエディオンとミドリ電化との経営統合が決定し、一旦残り3社との提携を解消。2007年(平成19年)2月には、株式会社サンキューの株式40%を取得し連結対象子会社とした。2006年(平成18年)には、家具の製造を行っているマルニグループの中核企業マルニ木工にも出資し、SPA化への意欲も見せた。

    登記上本店があるエディオン広島本店本館の地は、源流会社の一つデオデオ(旧称・第一産業→ダイイチ)の創業地でもある。

    2012年(平成24年)にヤマダ電機がベスト電器と資本・業務提携した。同年12月10日に公正取引委員会が、両社以外の店舗がない10地域の内8店舗の他事業者への譲渡を条件に合併を承認したのに伴い、2013年(平成25年)の9月から11月にかけて、ヤマダ電機とベスト電器から埼玉県秩父市・福岡県朝倉市・佐賀県唐津市・長崎県島原市・長崎県諫早市・熊本県人吉市に所在する6店を譲受した。同時に種子島が問題解消地域となっている鹿児島県でベスト電器のフランチャイズ契約をしているカコイエレクトロと、2013年10月16日にベスト電器のフランチャイズ契約を解消した上で、エディオンとフランチャイズ契約を締結し、同年10月25日から旧:ベスト電器の17店舗が「エディオン鹿児島」としてオープン(加世田店は12月オープン)した他、「ベストファミリーショップ」として営業していた鹿児島県内の小型店8店はこれに先んじて同年10月1日からエディオンの店舗として営業している。

    2013年(平成25年)8月26日には株式会社LIXILグループと資本・業務提携を結ぶことを発表。同時に第三者割当増資を行い同年9月11日を以ってLIXILグループが株式を8.00%を保有する筆頭株主となった(現在は第2位株主)とともに、エディオンは住宅リフォーム事業を強化する。

    ブランドの統一

    エディオンは一部地域に展開する家電量販店を統合してきた歴史から、統合後もその地域に根付いた店舗ブランドを使用する戦略を取り、各ブランドのエリア外に展開していた店舗を各地域のブランド名へ変更するなどして、地域毎に店舗ブランドを統一していた。

    2011年10月、2013年をめどに店名統一する方針とする記事が掲載され、2012年5月11日にはエディオンの誕生10周年を機に、直営317店舗のブランドを2012年10月1日にエディオンへ統一すると発表(発表直前の2012年3月末現在で、「デオデオ」121店・「エイデン」98店・「ミドリ」87店・「イシマル」11店)。変更そのものは同年の9月15日から順次行われたが、10月1日には、正式に直営店・京都府内と沖縄県内フランチャイズ店の店舗ブランドを会社名と同じ「エディオン」へ統一した。翌年の2013年春には京都府と沖縄県を除くフランチャイズ店舗(「ファミリーショップ」業態)も「エディオン」に屋号変更し、統一された。

    なお、子会社が運営する「100満ボルト」については、従来通りの屋号やサービス内容(保証やポイントなど)での運営となっているが、2017年以降近畿・九州地方では一部で店舗運営をエディオン本体に移管した上でのストアブランドの変更(養父店、舞鶴店、日田店、福知山店)や、近隣のエディオン店への統合(宮崎東店→エディオン宮崎本店に統合)なども行われ、これらの店舗ではサービス内容の変更も伴うことになる。

    沿革

  • 2001年(平成13年)
  • 5月7日 – 株式会社エイデンと株式会社デオデオが事業統合に関する覚え書き締結。当初社名は『D&E』を予定していた。
  • 11月28日 – 株式会社エイデンと株式会社デオデオが株式移転契約を締結。持ち株会社名を当初予定を変更し、株式会社エディオンに決定。
  • 2002年(平成14年)
  • 3月28日 – 東京、大阪、名古屋の各証券取引所第1部に上場。
  • 3月29日 – 株式会社デオデオと株式会社エイデンが共同で株式会社エディオンを設立。デオデオ社長の久保允誉が会長に、エイデン社長の岡嶋昇一が社長に就任。
  • 9月 – 株式会社エディオン・上新電機株式会社・株式会社ミドリ電化・株式会社サンキュー・株式会社デンコードーの5社が業務提携し、ボイスネットワークを結成。
  • 2003年(平成15年)
  • 3月28日 – 株式会社ギガスカンサイ(現:株式会社ギガス)を完全子会社とする発表を行う。しかし同年11月にギガスは株式会社ケーズデンキとの経営統合に移行しエディオンとの統合は白紙に。
  • 7月1日 – 指揮命令系統を明確化するため、会長を空席とし、前会長の久保允誉が社長(同時にデオデオ会長に就任)に、前社長の岡嶋昇一が副社長に就任。
  • 2004年(平成16年)
  • 2月12日 – 大阪証券取引所第一部の上場廃止申請。
  • 3月1日 – 株式会社暮らしのデザインの全株式を株式会社オーエムシーカード(現:株式会社セディナ)より譲受、完全子会社化。
  • 3月25日 – 大阪証券取引所第一部の上場廃止。
  • 10月4日 – ボイスネットワークを解消。
  • 11月1日 – 株式会社エイデンと株式会社デオデオのインターネットショッピングサイトを統合し、エディオンダイレクトをスタート。
  • 2005年(平成17年)
  • 1月1日 – 自社オリジナル商品「KuaL」の販売開始。
  • 1月 – 会社更生法の適用を申請したニノミヤの支援を表明し、一部店舗の営業を引き継ぐ。
  • 4月1日 – 株式交換により、株式会社ミドリ電化を完全子会社化。これに伴い、ミドリ電化社長の梅原正幸、前取締役でデオデオ社長の友則和寿が副社長に就任し、副社長が3名となる。
  • 5月5日 – デオデオ・エイデン・ミドリ電化・暮らしのデザインの4社のネットショッピングサイトを一本化。
  • 2006年(平成18年)7月27日 – 石丸電気に33.4%出資し、持分法適用関連会社とする。
  • 2007年(平成19年)
  • 1月 – 本社を、名古屋市から大阪市に移転。
  • 1月18日 – 副社長の梅原正幸が物流・サービス統合推進室長に就任し、副社長が2名となる。
  • 2月1日 – 「100満ボルト」を展開するサンキューとの資本業務提携を締結。2007年(平成19年)内に同社の株式の40%をエディオンが取得することを決めた。
  • 2月8日 – 株式会社ビックカメラとの資本業務提携を締結。2年後の経営統合に向けて協議を開始。
  • 2月19日 – エイデンが、三石電化センターの全株式を取得し子会社化。
  • 3月30日 – ビックカメラとの経営統合を白紙化。業務提携は引き続き協議。
  • 3月31日 – 石丸電気への出資比率を40%に引き上げ連結子会社化。
  • 6月15日 – サンキューの株式40%を取得し連結子会社化。
  • 10月19日 – 関東地方での展開を目的として、子会社・株式会社東京エディオンを設立。2008年(平成20年)以降、デオデオおよびミドリ電化子会社の株式会社ミドリが運営する関東地方の店舗を東京エディオンに譲渡した上で「エディオン」ブランドへ転換。
  • 11月1日 – エディオン所有の石丸電気株式を東京エディオンに譲渡。
  • 11月30日 – 東京エディオン1号店となる「エディオン高井戸店」がオープン(2009年閉店)。
  • 2008年(平成20年)
  • 3月1日 – 同月31日までグループ各店で、HD DVDプレーヤー及びレコーダーを購入した顧客に対し、Blu-rayレコーダー等に交換対応を受付。
  • 6月27日 – 本店を東京都品川区西五反田8丁目9番5号(暮らしのデザイン本社内)から東京都千代田区外神田6丁目13番10号(東京エディオン本店内)へ移転。
  • 6月30日 – 子会社の株式会社暮らしのデザインをニッセンホールディングスに売却。
  • 9月30日 – 東京エディオンが、石丸電気株を追加取得して、東京エディオンの完全子会社にする。
  • 2009年(平成21年)
  • 2月1日 – エイデンが、東京エディオン、石丸電気と石丸電気の子会社3社、三石電化センターの計6社を吸収合併。
  • 2月8日 – 株式会社ビックカメラとの資本業務提携を解消。
  • 2月10日 – 2月1日の合併を受け、エディオンの本店所在地を、東京都千代田区外神田6-13-10(東京エディオン本店内)から東京都千代田区外神田1-9-14(石丸電気本店内)へ移転。
  • 4月1日 – 子会社のエイデンが、エイデン子会社のホームエキスポを吸収合併。
  • 9月15日 – 経済産業省がエディオンを産業活力再生特別措置法の適用対象に認定。デオデオとミドリ電化の合併に関して登録免許税の減免が受けられる。
  • 10月1日 – 事業子会社を東西2社に再編。株式会社デオデオが、株式会社ミドリ電化を吸収合併し、株式会社エディオンWESTに商号変更。株式会社エイデン(石丸電気等を吸収済み)が、株式会社エディオンEASTに商号変更。
  • 10月16日 – ウォルト・ディズニー・ジャパンとプロモーショナル・ライセンス&アド・スポンサーシップ契約を締結。
  • 11月5日 – レジシステムが統一され、エディオンカードが100満ボルトを除く各店で共通して利用することが可能となった。
  • 11月20日 – 関東地方の全店舗ブランドを石丸電気に統一し、「エディオン」ブランドの店舗が一旦消滅。
  • 2010年(平成22年)
  • 4月1日 -エディオンEASTからエヌワークの株式を取得し、完全子会社化。
  • 10月1日 – 株式会社エディオンEAST・株式会社エディオンWESTを合併し、事業会社化。
  • 2011年(平成23年)
  • 4月1日 – エディオン子会社のコムネットを吸収合併。
  • 4月18日 – 電子マネー(Edy、iD、QUICPay)による決済を同年6月末までに直営全店舗で導入すると発表。
  • 6月29日 – 同日行われた株主総会で、登記上の本店を東京都千代田区(石丸電気本店)から広島県広島市(デオデオ本店)へ移転する提案を行い承認。即日施行される 。
  • 9月14日 – 谷山無線電機株式会社とフランチャイズ契約を結ぶ。ストアブランドをミドリに変更し寺町本店はエディオン直営店に、それ以外の店舗はフランチャイズ店「ミドリタニヤマ」とした。
  • 10月3日 – サンキューの株式を全取得し、完全子会社とする。
  • 10月4日 – エディオン傘下の店名を13年を目処に統一する方針を決める
  • 10月27日 – 楽天市場に出店。
  • 2012年(平成24年)
  • 4月4日 – 経済産業省の補助事業「エネルギー管理システム導入促進事業」におけるBEMSアグリゲータに登録されたと発表。
  • 5月11日 – 傘下4ブランドの店名統一と新コーポレートアイデンティティの導入を発表。
  • 7月31日 – 販売していた一部の電球形LEDランプの表示が実際よりも著しく優良であると示されており、景品表示法に違反したとして消費者庁の措置命令に基づき新聞広告欄に公示を発表。
  • 8月7日 – イオン株式会社が展開する電子マネー「WAON」による決済を直営全店舗、ネバーランド広島本店、携帯電話ショップの一部、京都府内の一部と沖縄県のフランチャイズ店に導入。
  • 9月15日 – 直営店舗の『デオデオ』・『エイデン』・『ミドリ』・『イシマル』のショップブランドを『エディオン』に統一開始。
  • 10月1日 – ショップブランドを『エディオン』へ正式に統一(京都府のミドリタニヤマ、沖縄県のサンエー電機館withデオデオ店舗も含む)。併せて、コーポレートロゴをショップブランドロゴと同じ「EDION」に統一。
  • 10月5日 – ショップブランド統合後初の新規店となる「エディオンイオンタウン刈谷店」をオープン。
  • 2013年(平成25年)
  • 8月1日
  • 株式会社ヤマダ電機が株式会社ベスト電器との資本・業務提携に際して公正取引委員会に申し出た問題解消処置により、株式会社ヤマダ電機から埼玉県のテックランドNew秩父店を、同社子会社の株式会社ベスト電器から九州内の直営店舗5店舗を9月以降順次当社へ譲渡することを発表。
  • 併せて、株式会社カコイエレクトロと同年10月16日付でフランチャイズ契約を行い、ベスト電器とのフランチャイズ契約を行っていた種子島店を含む鹿児島県内の28店舗を当社のフランチャイズ店舗として継承することを発表。。
  • 8月26日 – 株式会社LIXILグループと資本・業務提携を結ぶことと、LIXILグループを引受先とする第三者割当増資を行うことを発表。
  • 9月11日 – 第三者割当増資の払い込みが完了し、株式会社LIXILグループが当社の筆頭株主となる。
  • 9月29日 – 株式会社カコイエレクトロとのフランチャイズ契約締結に先立ち、この日までに鹿児島県内の「ベスト電器」28店舗の営業を終了
  • 9月30日 – 株式会社ベスト電器より「ベスト電器B・B甘木店」と「ベスト電器B・B唐津バイパス店」の2店舗を譲受(譲受に先んじて同年9月16日を以てベスト電器としての営業を終了)。改装を行った上で、同年11月1日に「エディオン甘木店」、同年11月8日に「エディオン唐津店」としてそれぞれ新規オープン。
  • 10月1日 –
  • 株式会社ヤマダ電機より「ヤマダ電機テックランドNew秩父店」を譲受(譲受に先んじて同年9月16日を以てヤマダ電機としての営業を終了)。改装を行った上で、同年10月25日に「エディオン秩父店」として新規オープン。
  • 株式会社カコイエレクトロとのフランチャイズ契約締結に先立ち、ベスト電器の小型店業態である「ベストファミリーショップ」として営業していた鹿児島県内の8店舗を、当社のフランチャイズ店舗として営業開始。
  • 10月16日 – 株式会社カコイエレクトロとのフランチャイズ契約を正式に締結。
  • 10月25日 – 鹿児島県内の「ベスト電器」17店舗を「エディオン鹿児島(うち2店舗は携帯電話専門店の「エディオンテレックス」)」として一斉オープン(店舗により、リフォームコーナー、携帯電話専門コーナー、ネバーランド(おもちゃ・ゲーム専門コーナー)も設置される)。
  • 11月1日 – 株式会社ベスト電器から「ベスト電器サンロードシティ人吉店」・「ベスト電器B・B島原店」・「ベスト電器B・B諫早店」の3店舗を譲受(譲受に先んじて同年10月14日をもってベスト電器としての営業を終了)。改装を行った上で、同年11月29日に「エディオンサンロードシティ人吉店」として新規オープン。同年12月6日には「エディオン諫早店」・「エディオン島原店」を新規オープン。なお、この3店舗の譲受をもって、株式会社ヤマダ電機・株式会社ベスト電器からの店舗譲受はすべて完了した。
  • 2015年(平成27年)4月3日 – 株式会社Tポイント・ジャパンとの間でポイントプログラム契約を締結し、同年4月20日より家電量販店で初となるTポイントサービスを開始。
  • 2016年(平成28年)2月22日 – 大阪三井物産ビルに本社事務所を移転。
  • 店舗ブランド

    エディオン設立直後は、各店舗とも従来のブランドを引き続き使用していた。その結果2008年頃の関東地区では、傘下の5ブランドに加えて東京エディオン運営の『エディオン』の計6ブランドが乱立する結果となった。その後、2009年から地域ごとにブランドを一本化(関東地区の場合は『イシマル』)し、さらに2012年10月にエディオンの直営店舗については統一ブランド『エディオン (EDION)』に変更され、フランチャイズ店舗については2013年春に変更された。サンキュー運営の『100満ボルト』については変更されずに存続している。

    統合後の店名は旧ブランドの店舗からそのまま継承されるが、広島県の「デオデオ本店」、愛知県の「エイデン本店」、東京都の「ishimaru本店」は店舗ブランド統合に伴い「エディオン広島本店」「エディオン名古屋本店」「エディオン秋葉原本店」にそれぞれ改称したほか、イオンタウンやイオンモール内に出店している一部店舗(例:ミドリイオン神戸北店→エディオンイオンモール神戸北店)や沖縄県内の一部店舗(例:サンエー為又電器館Withデオデオ→エディオン為又シティ)も同様に店舗名称を改称した。但し、北九州市の「デオデオ徳力店」は近隣にあるサンリブもりつねへの移転と時期が重なったこともあり、ブランド統一後も暫く「デオデオ」のままで売り尽くしセールを行って閉店→移転した(新店名は「エディオンサンリブもりつね店」)。

    現在の店舗ブランド

    エディオン

    エディオンアウトレット

    100満ボルト

    過去の店舗ブランド

    デオデオ

    エイデン

    ミドリ

    イシマル

    (旧)エディオン

    家電販売以外の事業

    旧・デオデオ系の企業には、マルニ木工(家具製造業)、デオデオ エンジョイネット(インターネットサービスプロバイダ)などがある。また、サンフレッチェ広島やふれあいチャンネル(ケーブルテレビ)の筆頭株主である。

    旧・エイデン系の企業には、エディオンコミュニケーションズ(携帯電話販売)、エヌワーク(システム開発業務)などがある。また、2009年(平成21年)4月1日にエイデンに吸収合併されたホームエキスポ(旧サカキヤホームセンター)はホームセンターを運営していた(2014年にカーマ(現・DCMカーマ)に事業譲渡)。コムネット(家電配送・2011年(平成23年)4月1日エディオンが吸収合併)、三石電化センター(家電店の100満ボルトを運営・2009年(平成21年)2月1日エイデンに吸収合併)などもあった。

    サンキューでは、宝島王国(ゲーム販売、CD販売・レンタル)やミスターコンセント(家電修理)を運営している。

    プロバイダー事業

    2012年6月1日付でプロバイダー事業の名称を「エディオンネット」に統合し、旧名称についてはサービス形態の名称として継続される。なお、「エンジョイネット」と「クオルネット」はプランの組み合わせにより併用が可能である。

  • エンジョイネット
  • 固定回線向けサービス。NTT東日本/NTT西日本の「フレッツ」を利用したプラン、NTTドコモの「ドコモ光」を利用したプラン(2015年2月より提供開始)、ソフトバンクとの共同提供による自社プラン(ソフトバンク アライアンス)がある。
  • クオルネット
  • モバイル回線向けサービス。既存の回線を利用したMVNOである。UQコミュニケーションズ網を利用するプラン、Y!mobile網(旧イー・モバイル網)を利用するプラン、NTTドコモ網・au網及びY!mobileのPHS回線(旧ウィルコム網)を利用するプランに大別される。
  • 商品ブランド

    グループのオリジナルブランドとして、シングルライフ向け家電「キーワード(keyword)」、メーカー共同開発ブランド「クオル(KUAL)」、低価格PC「エッグプラス(EGG+)」、消耗品「MY&OUR」を展開している。また、エプソンダイレクトの販売店舗協力を行っている。

    関連会社

    連結子会社

  • 株式会社サンキュー – 家電量販店「100満ボルト」の運営。100%出資。
  • 株式会社エディオンコミュニケーションズ – 携帯電話代理店。キャリアショップ及び一部のエディオン店舗の携帯電話売り場の運営も行う。旧社名エイデンコミュニケーションズ。100%出資。
  • 株式会社エディオンハウスシステム – 住宅リフォーム、オール電化、太陽光発電システムの販売。旧社名サンキューハウスシステム。元々はサンキューの系列であり、エディオンとは孫会社であったが2012年にエディオンの子会社となった。100%出資。
  • 株式会社イーアールジャパン – 中古家電の買取及び販売。55%出資。木村メタル産業、三井物産との合弁会社。
  • 株式会社エヌワーク – ITシステムの運営及び開発。100%出資。
  • 持分法適用関連会社

  • 株式会社マルニ木工 – 家具の製造・販売。
  • フランチャイズ加盟会社

  • 谷山無線電機株式会社 – 京都市内の5店舗。同社運営の店舗は「エディオンタニヤマ」という屋号を用いている。
  • 株式会社吉備ケーブルテレビ – 岡山県のゆめタウン高梁内にあるエディオンマルフジ1店舗の運営。
  • 株式会社フジ – 広島県のエディオンフジグラン三原店1店舗。なお、他のフジグランに入居しているエディオンはエディオンの直営店。
  • 株式会社カコイエレクトロ – 鹿児島県内に「エディオン鹿児島」17店舗。
  • 株式会社サンエー – 沖縄県内の全店舗の運営。
  • 株式会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ(通称CCC) – 二子玉川の蔦屋家電の運営。当初はCCCが運営していたが、2017年の4月よりエディオンのフランチャイズに加盟。広島店は逆にエディオンがCCCのフランチャイズに加盟する形で運営している・
  • *ファミリーショップを除く

    以前の関連会社

  • エディオンWEST – デオデオ・ミドリ電化が統合して出来た運営会社。エディオンと合併した。
  • エディオンEAST – エイデン・石丸電気・東京エディオンが統合して出来た運営会社。エディオンと合併した。
  • 暮らしのデザイン – 通販会社

    過去の提携会社

  • ビックカメラ – 2007年(平成19年)2月8日に資本業務提携を締結し、2年後の経営統合に向けた協議を開始した。しかし、ビックカメラがエディオン傘下に入ったとのイメージが先行し、ビックカメラ社内での反発もあったため、2007年(平成19年)3月30日に経営統合計画を白紙化し、3%の相互出資と社外取締役の相互派遣にとどめる。2009年(平成21年)2月8日の契約期間満了で、提携を解消し、同日付けで両社の社外取締役が辞任する。それぞれ相互に出資している株式については、今後協議をする。
  • カード・独自保証制度

    2015年(平成27年)現在、エディオングループ(サンキューを除く)で発行されている会員カードは、次の4種類に分かれる。

    エディオンカード

  • 『エディオンカード』はエディオングループの長期修理保証・ポイントサービス機能付きクレジットカードである。
  • 修理保証料およびグループ外利用でのポイント獲得特典などの「会員サービス利用料」として、年会費980円(税別)が必要。
  • 2009年(平成21年)11月以降のエディオンカード新規発行元は、セディナ(旧OMCカード扱い・JCBもしくはVISA)およびオリエントコーポレーション(オリコ。マスターカードもしくはJCB)。
  • 付帯カードとしてETCカードが発行できる。オリコ発行カードに対しては無料発行。セディナ発行カードに対しては、2010年(平成22年)2月以降の申込では新規発行手数料1,050円が別途必要。
  • 導入後しばらくして、セディナ・オリコ発行分も「配偶者カード」が追加発行可能となった。申込みは、エディオングループ各店舗での受付となる。エディオンカードを持った会員本人と配偶者本人の来店が申込みに必要である。
  • 100満ボルトの『株主ポイントジャックスカード』とはポイントの相互利用が出来なかったが、2015年10月に『100満ボルトカード』に変更されてからは会員規約がエディオンカードと共通化され(ネットショップ関連の規約はエディオンカードのみ適用)、100満ボルトからエディオンに変更される店舗も出ているため、エディオン各店でも長期修理保証やポイントの利用ができるようになった(引き続きジャックスと提携)。
  • エディオングループ各店舗での支払い利用時は、エディオンカードの提示により現金・デビットカード・電子マネーもしくはクレジットでの商品購入に際して、商品ごと代金全額の支払い後にポイントが付く(家電品・パソコンは税別100円ごとに1ポイント。消耗品・パソコンサプライなどは税別100円ごとに3ポイント。映像・音楽ソフトは税別100円ごとに5ポイント)。グループ外店舗等でのエディオンカード利用時は、税込100円ごとに1ポイントが付く。1ポイント1円分として、1円単位で商品の購入代金に充てることができる。ポイントの有効期限は、獲得年度の残り(3月31日まで)+2年間
  • 5年間・10年間の長期修理保証は、購入単価が税込5,250円以上で1年以上のメーカー保証があるエディオングループ指定商品が対象である。商品1点ごと、保証期間中の税別修理金額の累計が購入金額に達するまでの保証となる(そのため修理金額の累計が購入金額を超える場合は超えた分を別途支払うか修理を中止することとなる)。メーカー保証期間中はメーカー保証が優先される。また単年度(4月1日から翌年3月31日まで)での適用合計額は「1世帯あたり税別40万円まで」の制限がある。
  • エディオンカードを解約・会員資格を喪失した時点で、すべての長期修理保証は終了する。また、パソコン(エディオングループ指定機種を除く)や携帯電話などは長期保証の対象外である。長期保証対象品は、購入時の保証明細(レシート)などで確認できる。
  • 2008年(平成20年)10月新規発行分からデオデオ・エイデン(旧東京エディオン含む)の『eeカード』(過去の制度参照)が、『エディオンカード』に名称を変更した。eeカードはセディナ(旧オーエムシーカード)発行分はすべて更新時にエディオンカードに切り替えられる。
  • 同時期にミドリ電化は『ポッキリカード』(ジャックス提携)→『ミドリちゃんカード』(NICOS提携)を廃止してエディオンカードに移行した。石丸電気『アイアイUCカード』も2009年(平成21年)11月3日限りで廃止し、エディオンカードに移行した。
  • デオデオ・エイデンのエディオンカードは、eeカード時代より両ブランド店舗共通でポイント利用が可能。ミドリ電化のエディオンカードも、2009年(平成21年)11月のグループ統合システム稼働でデオデオ・エイデンと共通でポイント利用が可能である。
  • ライフが提携カード事業を大幅縮小する事になったのを受け、2009年(平成21年)10月新規申込分より、デオデオのエディオンカードはオリコ発行となり、店頭の案内パンフレットが更新された。また、既存のライフからオリコへの変更手続きを順次DMで案内している。なお、関東地方のデオデオの店舗(現在は閉店)で申込されたカード会員へはセディナへの移行を案内している。公共料金などの支払いなどを旧カードで登録している場合の新カードへの登録変更手続は、カード保有者が契約先ごとに独自でしなければならず、切替えにかかる手間への代償に、店舗での購入合計・税込5000円ごとに500円分ずつ利用できる割引券を、切替えた会員に13,000円分程度ずつ発行している。
  • なお、ライフ発行のeeカード・エディオンカードは、カード券面記載の有効期限によらず、2010年(平成22年)9月30日をもって使用終了となった。その後は、ライフ発行のプロバーカードとして引き続き使用可能となり、更新時にeeカード・エディオンカードと同一番号・ブランドのプロバーカードがオリコ・セディナ発行の新カードに切り替えた人を含む既会員に送付される。また、ライフETCカードはプロバーカード付帯扱いとなる。同時に、旧カード会員限定の年会費無料ゴールドカード(JCBブランド)への切り替えが案内された。
  • エイデンのeeカード・エディオンカードはライフの発行であったが、ライフの提携カード事業縮小を受け、セディナの発行に移行した。2011年4月新規受付分より、オリコ発行分の受付を開始した。
  • 石丸電気、ミドリ電化のエディオンカードは、当初セディナの発行だったが、同じく2011年4月新規受付分より、オリコ発行分の受付を開始し、エイデンとともにセディナ発行分の店頭での申し込み受付が縮小されている。ただしセディナのホームページでは引き続きエディオンカードについても案内され、「あんしん保証カード」会員はwebでの申し込みが可能となっている。また既発行分については、デオデオでのライフ提携カードのようにオリコへの変更の案内はされておらず、セディナ発行のカードで引き続き利用することが可能である。
  • ストアブランドを「エディオン」に統一した2012年9月発行分から、カードフェイスのデザインが変更された。このため、店頭での新規申込を縮小したセディナ発行の新デザインカードは既会員の更新・再発行分が多い。
  • エディオンIDカード

  • クレジット機能なしで上記エディオンカードと同内容の「長期修理保証」「ポイントサービス」のある会員カード。会員サービス利用料・年会費2,000円(税別)で発行されている。
  • あんしん保証カード

    エディオンポイントカードに代わる新しい入会無料・年会費無料・クレジット機能なしのカードで、ポイントは現金・デビットカード・電子マネーでの購入時のみ付与される。ポイントの付与率は、家電品・パソコンにはポイントが付与されない点以外はエディオンカード・IDカードと同等。ポイントの有効期限は獲得年度の残り(3月31日まで)+1年間に固定された。

    ポイントカードと大きく違う点は、エディオンカード・IDカードと同様に長期修理保証が標準で付いたことである。対象品目はエディオンカードと比べ少ないが、5年間・10年間の他に3年間の補償対象商品もある。但し5年間・3年間の保証対象はエディオンカードよりは条件が厳しくなっている。

    Tカード

    2015年(平成27年)4月20日からエディオンでTカードの発行並びに取り扱いを開始した。既に他のTポイント加盟店(TSUTAYA・ファミリーマートなど)で発行したTカードを所持している場合はエディオンでもそのまま利用できる。

    ポイントの付与単位は「エディオンカード」・「あんしん保証カード」と異なり、購入商品に関係なく一律税抜200円毎に1ポイントが付与される(加算されるポイントは購入金額合計で計算されるのではなく、購入した商品ごとに計算される)。また、「エディオンカード」・「あんしん保証カード」ではポイント付与の対象外となる「エディオンカード」以外のクレジットカード決済や申込クレジットの場合でも同一条件で付与される。貯まったポイントは「エディオンカード」・「あんしん保証カード」と同じく、1ポイント1円分として利用できる。

    過去の制度

    かつてデオデオ(ダイイチ)では家電購入が頻繁な顧客を上得意様と呼び、「ゴールデンアップル会員」とも称した。特定の時期には、一般客に通知されない上得意客向けの招待販売会である「ゴールデンアップル商談会」が各店舗で開かれた。店頭で一般客向けセールと同時に行われるが販売価格が異なり、会期中に商談会案内DMを持参し、これを店員に見せた場合にDM掲載の安い価格で買える仕組みとなっていた。

    現在では「ゴールデンアップル会員」は「エディオンカード会員」とほぼ同義となっており、上得意様条項に当てはまる顧客であってもクレジットカード加入が無いと「ゴールデンアップル会員」条項からは除外される。そのため「カード会員ではないゴールデンアップル会員」は存在せず、DM送付先はエディオンカード会員に限られている。

  • ダイイチ時代、家電品購入者のうち頻繁に来店・購入を行う上得意客に対しては、ほぼ無条件で対象商品購入時に(メーカー保証を含めて)3年間の無料修理保証が付与されていた。会員カード類は存在せず、自宅電話番号(住所・氏名と合わせて店舗に登録ずみのもの)を店員に口頭で告げることにより、対象商品の延長保証書が印字発行された。
  • 1997年(平成9年)4月、ダイイチからデオデオに商号を変更すると同時に、『デオデオメンバーズカード』を導入。国際ブランドのないハウスカードで、発行元はライフカード・オリエントコーポレーション・日本信販・全日信販。その後、長期修理保証の期間が3年間から5年間に変更されるが、対象者は従来の「上得意様」ではなくカード加入者のみとなった。カード未加入顧客にとっては通常のメーカー保証のみとなり、この場合はアフターサービス内容の低下となったが、一方でカードに加入さえすれば一見客でも長期保証を受けることが出来るようになった。
  • メンバーズカードにはカードポイント制度が導入され、同時にポイント専用カード『デオデオエンジョイカード』(後のエディオンポイントカード)も発行を開始した。これは「18歳未満または高校生の顧客」および、「クレジット機能・長期保証制度を求めない18歳以上の顧客」向けの現金支払い専用ポイントカードである。
  • その後、出光カードとの提携による国際ブランド付き『デオデオ出光国際カード』も発行され、こちらは「デオデオ以外での買物利用」(カード払い)でもポイントが付与された。
  • その後、発行元をライフに一本化する際に国際ブランド(マスターカード、後にVISAも追加)付き『デオデオeeカード』となり、デオデオ以外での「全てのカード支払い利用」でポイントが付与される様になった。デオデオeeカードへの切り替えについては、デオデオメンバーズカードのライフ発行分を所持していた人は自動更新だったが、その他カード会社発行分を所持していた人は切替申込手続が必要だった。
  • エイデンも、オリコ・ミリオンカードやオリックスと提携のThe倶楽部カードを発行していたが、エディオングループ成立後の2003年 – 2004年に、自社ポイントカード(The倶楽部カード)・長期保証制度(まもるくん)からeeカードに移行し、デオデオと制度を統一した。
  • エディオンあんしん保証カードの導入に伴い、当カードは新規発行・再発行を終了した。利用サービスは継続されている。

    入会無料・年会費無料のポイント専用カード。クレジット機能なし。ポイントは現金もしくはデビットカードでの購入時のみ付与される。ポイントの付与率はエディオンカード・IDカードと同等。ポイント有効期限も獲得年度の残り(3月31日まで)+2年間と、エディオンカード・IDカードと同等(サービス開始当初は、これより1年間短い獲得年度の残り(3月31日まで)+1年間であった)。

    エディオングループ・4ブランドの店舗で共通して使えるが、発行の有無は店舗ブランドによって異なった。エイデンの店舗では発行がない。カード表面デザインには、発行店のブランド3種がそれぞれ入る。

    ポイント専用カード単体では長期保証機能がないが、同居家族にエディオンカード・IDカード会員があればその本人会員と双方同意の上で「家族会員」として登録し、家族会員は購入ポイントと商品の長期修理保証を本人会員のカードに付与することができる(ただし、貯まったポイントの使用は本人会員のみ可能である)。家族会員は、自分のポイント専用カードを提示しての会計時に、ポイント付与先を指定しないと意図せず本人会員カードに付与されることもあるため、会計ごとに付与先を指定したほうが確実である。

    スポンサー

    CM

    下記全国ネット番組にてスポンサーとして、CMを放送している(全てネットワークセールス枠)。CMキャラクターは、2012年9月10日から100満ボルトを除く店舗のブランド名統一に伴い、ブランド名統一を案内するセリーヌ・ディオン出演のCMを放送。(BS放送のエディオン提供番組があった頃は、デオデオがエディオンになるという内容で全国放送された。)その後、本田望結が起用されている。2013年3月からは本田と徳井義実(チュートリアル)が店員役で共演している。徳井起用前には同社女子陸上競技部所属の木村文子が店員役として出演した時期があった。

    店舗ブランド統一以前は、2008年(平成20年)7月からタレントの所ジョージを、2009年(平成21年)10月からウォルト・ディズニー・ジャパンが管理するディズニーキャラクターを、2010年からオリジナルキャラクターの「エディ店長」を起用している。スポンサー表記は「エディオングループ」であり、CM内容は地域別店舗ブランド時代は原則同じだが、店舗ブランド名は地域により異なる。

  • 関東地方 – ishimaru
  • 東海地方・長野県 – エイデン
  • 近畿地方 – ミドリ
  • 中国・四国・九州地方 – デオデオ
  • 北海道・北陸地方 – 100満ボルト(サンキュー)
  • なお、東北地方や新潟県、山梨県ではエディオングループの家電量販店がないが、グループCMは放映された。またグループ共通とは別に、それぞれが独自のCMも放映していた。

    提供番組

  • めざましテレビ(フジテレビ)
  • 情報プレゼンター とくダネ!(フジテレビ)
  • 中川家 家電の流儀(テレビ大阪)
  • ヒデキの感激!NEXTハウス(BSジャパン)
  • ウェークアップ!ぷらす(読売テレビ製作・日本テレビ系列)
  • 情報ライブ ミヤネ屋(読売テレビ制作・日本テレビ制作、一部曜日のみ)
  • 朝だ!生です旅サラダ(朝日放送製作・テレビ朝日系列)
  • ドラHOTプラス(東海テレビ)
  • AKBINGO!(日本テレビ)
  • 爆報! THE フライデー(TBS系列。山陽放送・中国放送のローカルスポンサー)
  • サンデードラゴンズ(CBCテレビ)
  • おはよう朝日です(朝日放送、木曜スポンサー)
  • FNNスーパーニュース(フジテレビ)
  • 開運!なんでも鑑定団(テレビ東京)
  • NEWS23(TBS、~2009.3、1月以降はPT扱い)
  • 奇跡体験!アンビリバボー(フジテレビ)
  • 東海テレビ制作昼の帯ドラマ(東海テレビ制作・フジテレビ系列)
  • スティッチ!(テレビ東京)
  • リロ アンド スティッチ ザ・シリーズ(テレビ東京)
  • 統合前のデオデオの本店所在地で、かつテレビ東京系列局のない広島県では、テレビ新広島(フジテレビ系列)が遅れ放送していたが、番組販売扱いだったためか、エディオングループ全体としてもデオデオ単独としてもスポンサーとならず、ディズニー関連のCMがPT扱いで流れたのみでだった。
  • スティッチ! ?いたずらエイリアンの大冒険?(テレビ朝日)
  • スティッチ! ?ずっと最高のトモダチ?(テレビ朝日)
  • 使える芸能人は誰だ!?プレッシャーバトル!!(毎日放送)
  • 暮らしの学校?もっと知りたい!住まいと家電?(BSジャパン)
  • スポーツ

    エディオン女子陸上競技部およびエディオンアーチェリー部は、デオデオの実業団を移管したものである。

    エディオンブランドへの統合以前は、CMと同様にそれぞれが担当する地域の店舗ブランド表記でスポンサーをしていた。ブランド統合に伴いそれらも再編されているが、ここでは旧ブランド名による区分けで表記する。下記太字表記のチーム名は、社会貢献活動としてオフィシャルホームページに明記されている団体(2016年現在)。

  • サンフレッチェ広島 – 関連会社。エディオンが球団筆頭株主であり、社長の久保允誉が球団会長も兼務している。1997年からユニフォーム(胸)スポンサー。また、統合以前からエディオンとして提供も行っており、2012年エディオン統合後ロゴデザインの初使用となるユニフォームをFIFAクラブワールドカップ2012で用いている。
  • 広島東洋カープ – 広島地区が中心。MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島へベンチ広告を提供する他、2013年度からプロ野球公式戦開催日に懸賞金付き看板を右中間沿いに設置した(この箇所に打球が当たれば賞金100万円が支給される)。
  • 福岡ソフトバンクホークス – 福岡地区が中心。
  • 中日ドラゴンズ – 2010年(平成22年)からオフィシャルパートナーシップ契約を締結した。ヘルメット広告(中日ドラゴンズ主催試合)をはじめ、オフィシャルパートナー呼称権などの権利が含まれる。なお、プロ野球はユニフォーム左袖およびヘルメットスポンサーに規定があり、セントラル・リーグでの掲示はホーム用ユニフォームに限られている。
  • エディオン愛工大OB BLITZ – 2007年(平成19年)よりスポンサー。ブランド統合に伴ってチーム名も変更された。
  • VERTEXホッケーチーム – 旧名古屋フラーテル。過去には所属選手の1人にエディオン社員が在籍していた。2016年VERTEXとして再編成した。2015年まで社会貢献活動としてエディオンのHPに記載されていたが、2016年からは除外されている。なおスポンサーとしては継続している。
  • FC岐阜 – 2010年(平成22年)から2012年までユニフォームスポンサー(2010袖、2011-2012背中)。エディオンブランドへの統合に伴い規定に抵触するため、2013年以降ユニフォームスポンサーからは外れている。
  • ガンバ大阪 – 2006年からクラブスポンサーを務めていた。2009年(平成21年)にエディオンWESTとして統合した際にスポンサーから外れている。
  • 福井ミラクルエレファンツ – 2010年後期よりユニフォーム(上胸)スポンサー。
  • ツエーゲン金沢 – 2013年6月よりオフィシャルパートナ。ホームゲームにおいてセンターサークルへ広告掲示。
  • 島根スサノオマジック – 2010年から2011年までユニフォームスポンサーを務めた(2010年腹、2011年右胸およびパンツ)。なお本体ではなく松江店のみがスポンサーをしていた。
  • 北海道日本ハムファイターズ – 北海道地区が中心。
  • ネーミングライツ

    現在、以下の施設のネーミングライツを取得している。

  • エディオンスタジアム広島 – 2013年(平成25年)より、陸上競技部とサンフレッチェ広島のホームである広島広域公園陸上競技場(広島ビッグアーチ)の命名権を獲得した。なおクリーンスタジアム規定(命名権行使禁止)が適用されるFIFA(国際サッカー連盟)主催・主管サッカー国際試合を除く。
  • エディオンアリーナ大阪 – 2015年9月1日より大阪府立体育会館の命名権を取得した。なお大相撲春場所で同会場を使用する場合は、放送法第83条(NHKの広告放送の禁止)の規定を適用し、従来通りの「大阪府立体育会館」で案内するが、同会場での他の競技(体操・球技など)をNHKが中継する場合は抑制的な扱いながら命名権名称で案内することがあり、必ずしも第83条が厳格に適用されてないため、大相撲での案内に関しては他の本場所開催会場(両国国技館・愛知県体育館・福岡国際センター)が命名権による名称を付与していないことを考慮した上でのNHKの自主的判断の可能性もある。
  • 不祥事

    エディオンから上新電機に転職した元部長が、エディオンの営業の秘密事項を不正取得し上新電機に漏洩したとして、大阪府警察に2015年1月13日に不正競争防止法違反容疑で逮捕された。

    ※ 参照元:https://ja.wikipedia.org