よみうりランドについて調べてみた件

よみうりランドは、株式会社よみうりランドが運営する東京都稲城市と神奈川県川崎市多摩区にまたがる場所にある遊園地。

概要

1964年に開園。多摩丘陵南部の傾斜に沿った広大な敷地に、絶叫マシン、観覧車、ゴーカートといったアトラクションを中心に、アシカショー(旧水族館)、遊泳プール、緑地、キャラクターショーなどを行う「太陽の広場」や多目的ホールなどがある。1999年に交通機関としてのロープウェー「スカイシャトル」の開設とエントランス部の建替など大リニューアルを実施し、2012年に「キドキド」、2014年に「日テレらんらんホール」、2016年に「グッジョバ!!」が増築された。

所在地は東京都稲城市矢野口と表記されているが、これは京王よみうりランド駅前に所在する株式会社よみうりランド本社の住所で、実際は南側の丘にある大部分の敷地が神奈川県川崎市多摩区菅仙谷4丁目に属し、電話番号も川崎MAの044となっている。また、川崎市側の敷地内にある読売ジャイアンツ旧室内練習場跡地の一部は稲城市の飛地になっている。川崎市内に所在する日テレらんらんホールで稲城市の成人式が開催されており、対象の新成人は入園招待される。

2000年代には、老朽化した社有施設が再開発によりスーパー銭湯「よみうりランド丘の湯」や介護療養型医療施設などへ建替えられた。かつて日本唯一の常設の「水中バレエ劇場」や園内を一周するモノレール「よみうりランドモノレール」、ラッコ・マナティ・魚類を展示する「よみうりランド水族館」が存在した。

  • 大人:1800円
  • 中高生:1500円
  • 子供:1000円
  • シルバー(65歳以上):800円
  • 遊園地の施設

    園内の施設

    遊戯施設

  • バンデット
  • 1988年設置のトーゴ製のローラーコースター。最高時速110kmは当時世界最速、現在でも神奈川県内最速である。最高点と最下点の高低差は78m。夏季は全身ずぶ濡れになる「スプラッシュバンデット(通常のバンデットと交互で運営)」が、冬季はイベント「ジュエルミネーション」で、車両にLEDを取り付け、コース途中で炎柱が上がる「スターライトバンデット」が運営される。これまでに期間限定で、同じコースを後ろ向きに走る「逆走バンデット」や、コース途中で火柱が上がる「ファイヤーバンデット(スターライトバンデットに継承)」などのイベントが行われた。
  • ループコースター MOMOnGA(座り乗り、立ち乗り)
  • 1979年設置の日本初のループコースター。1982年には立ち乗り型の車両が登場し、世界初のスタンディングコースターとなった。名称も当初は「ループコースター」、立ち乗り登場時は「ループ&スタンディングコースター」で、2002年にレールのカラーリングを変更して現在の名称となった。エキスポランド#ジェットコースター「風神雷神II」の脱輪事故発生以降、点検や天候などの理由でスタンディング型のみ頻繁に運休するようになっている。
  • クレージーヒューストン(スペースショット)
  • 「クレージーヒュー」は4Gの力で地上約60mまで打ち上げられ、「クレージーストン」は地上約60mから-2Gの力で強制落下する「スペースショット」である。垂直上昇と垂直落下のマシン両方が揃うのは日本では当園のみである。
  • バンジージャンプ(ワンデーパス使用不可
  • 都内で唯一のバンジージャンプ施設。料金は900円。
  • バヌアツ共和国の成人の儀式「ナゴール」がバンジージャンプの起源である事に因み、毎年成人の日に新成人は誕生日が記載された証明書を見せれば、料金が1回無料になるイベントが行われている。
  • 2008年よりCCDカメラ付きヘルメットほか計4か所のカメラで撮影された映像をDVDに編集してくれる日本初のビデオ撮影サービスが開始された。バンジー利用料金とは別で2000円。
  • ジャイアントスカイリバー
  • 地上25mの高さから、4人乗りのビニール製円形ゴムボートに乗り、水路を下るウォータースライダーアトラクション。夏期はプール施設の一部となる為、連絡通路を通りプール施設内へ入る必要がある。この時、プール入場チケットを持っていない場合は利用不可。
  • ルーピングスターシップ
  • ミルキーウェイ
  • お化け屋敷「無黒屋」
  • ヒーロートレーニングセンター”ミッション8″
  • レーザーアスレチック ?太陽の神殿?
  • アニマルレスキュー
  • 大観覧車
  • 秩父連山・新宿副都心や、冬季にはみなとみらいなど遠方まで見渡せる。
  • ゴーカート
  • 2人乗りのファミリーコース(全長600m)、1人乗りのハイウェイロングコース(全長1000m)がある。
  • アニマルコースター
  • アシカショー – 開園当初から旧水族館の建物で開催されていたが、2017年より日テレらんらんホールへ移転。園内で飼育されているカリフォルニアアシカによる公演で、ワンデーパス・ひよこパスなどでは入場フリー、入園のみの場合は1回につきのりもの券300円で観覧可能であった。ラッコ・マナティ館を継承し日本動物園水族館協会に水族館扱いで加盟。1991年の足利銀行をはじめ、アシカが登場するTVCFの多くで当施設のアシカが出演している。
  • スイーツカップ
  • その他の施設

  • WAI(Water Amusement Island)
  • 流れるプール
  • 波のプール
  • ダイビングプール
  • スイミングプール
  • それいけ!アンパンマンプール
  • キャンペーンガール
  • 聖地公園
  • 太陽の広場
  • ふれあい芝広場
  • 日テレらんらんホール
  • バーベキューパーク JU-JU
  • 屋内遊戯施設 キドキド
  • グッジョバ!!

    営業を終了した施設

  • 読売ゴルフパブリックアウトコース
  • 読売スキーセンター
  • 谷間の野外音楽堂
  • 水中バレエ劇場
  • よみうりランドアイススケート場
  • よみうりランドモノレール
  • 海水水族館マリンドーム
  • ラッコ・マナティ館
  • よみうりボウル
  • よみうりテニスガーデン
  • サーキットギャング
  • よみうりランド会館
  • ホワイトキャニオン
  • SLコースター
  • スリラーカー
  • ロープウェイ
  • 極楽園
  • ロックンローラー
  • お化け屋敷
  • ミステリー・ザ・ワールド
  • ローラースケート場
  • よみうりランドホテル(本館・別館)
  • 読売フィッシングセンター
  • パラシュートタワー(よみうりランドで最初の乗り物)
  • ふれあいの里・ワンニャン村
  • スカイロード
  • 屋内植物園
  • 大正天皇御料車展示館
  • オープンシアターEAST(よみうりランドEAST)
  • ファミリー広場
  • ツイストコースター ロビン(ローラーコースター)

    遊園地外にある施設

  • よみうりランド丘の湯(スーパー銭湯・非温泉)
  • よみうりゴルフガーデン(ゴルフ練習場)
  • 2011年3月下旬に閉鎖した大阪市内の同名施設とは異なる。
  • グリーンクラブ
  • よみうりランドスカイシャトル
  • 京王よみうりランド駅前とスカイゲートを結ぶロープウェイ。
  • 読売ジャイアンツ球場・読売ジャイアンツ室内練習場・読売ジャイアンツ寮
  • ヴェルディグラウンド
  • ファミリーマートよみうりランド前店
  • 敷地賃借施設

    よみうりランドの所有する敷地内にあるが、運営主体は別にある施設(既に閉鎖されているものも含む)。

  • 生田スタジオ – 日本テレビが管理するテレビ収録用スタジオ。以前はNTV映像センターが管理主体であった。
  • 江戸の町並みオープンセット – 上記生田スタジオの付帯設備としても使用されていたが、現在は閉鎖されている。
  • よみうりランド慶友病院 – 医療法人慶生会(青梅市)が運営する高級志向の介護療養型医療施設。よみうりランドホテル跡地に2005年に開業。
  • よみうりランドクリニックモール
  • よみうりランドケアセンター(老人保健施設)
  • よみうりランド花ハウス(特別養護老人ホーム、社会福祉法人読売光と愛の事業団運営)
  • よみうりランドフィールドアスレチックコース
  • ナイター営業「よるランド」

    会社創立60周年を記念し、開業以来初となるナイター営業「よるランド」を、2009年12月5日から1月11日の金・土・日・祝、12月23日から1月3日までの24日間にわたり開催した。

    各日16時よりナイター営業チケットが販売され、アトラクション乗り放題と入園料込で一律1000円。20時まで開園していた。

    園内には数々のイルミネーション、降雪・流れ星の演出、人気コースター「バンデット」のナイター営業特別バージョン「スターライトバンデット」の運行を行なった。

    2010年以降は、広大な芝生エリアにイルミネーションを敷き詰めた「ジュエルミネーション」として、ナイター営業が例年11月から2月にかけて開催されている。

    その他

  • 1970年代からプロ野球の読売ジャイアンツが毎年、オープンシアターEAST(よみうりランドEAST)にてファンイベント「GOGO巨人軍」をキャンプイン直前の1月最終日曜に開催している。
  • 1980年代には全日本プロレスのファンイベントも夏休み中に開催されていた。EASTステージで開催されるなど場所や開催内容はGOGO巨人軍に準じており、所属する日本人選手だけでなく来日外国人選手も来場し開催されていた。
  • 1999年のリニューアル時にマスコットキャラクターとしてランドドッグ星からよみうりランドに降り立ったという設定のイヌを擬人化した「ランドドッグ」が登場。2016年より設定を変更し、それまでのランドドッグ(オス)は『グッド』に改名、メスの『ラッキー』が加わった。
  • 以前は、腹話術人形の「よみうりランドくん」がマスコットキャラクターであった。
  • 以前は「きらきらサンデー」という、文化放送制作のアイドルが中心で歌を披露する公開放送番組が毎週行なわれていた(毎週日曜12:30-13:00、1990年代後半まで)。
  • 1980年代後半にはペプシコーラ主催の夏BOYコンテストが行われた。
  • 2014年と2017年にSCRAP主催の体験型謎解きイベントリアル脱出ゲーム遊園地ツアーが開催され、2014年はオリジナル作である夜の遊園地からの脱出東京公演と2017年もオリジナル作である夜の魔王城からの脱出東京公演が開催し夜間臨時営業扱いとして開催した。
  • 2016年3月29日に放送された「日経スペシャル ガイアの夜明け」で「グッジョバ!!」のオープンまでの道のりが紹介された。
  • 交通アクセス

    所在地:東京都稲城市矢野口4015-1

  • 京王相模原線京王よみうりランド駅から
  • よみうりランド直営ロープウェイ「スカイシャトル」で約5分。
  • 京王相模原線京王よみうりランド駅から小田急バス読01で約10分。
  • 徒歩の場合、「巨人への道」階段(全283段)をジャイアンツ球場の前まで10分近く登り、さらに坂道を徒歩10分。
  • 矢野口駅から京王よみうりランド駅まで徒歩約15分で到達するため、南武線利用でのアクセスも可能である。
  • 小田急小田原線読売ランド前駅から小田急バス読01で約10分。
  • 小田急小田原線新百合ヶ丘駅から小田急バス新07で約20分。
  • 3月中旬から6月中旬までと、9月中旬から11月中旬までの日曜祝日には、小田急バスが新宿駅西口から吉祥寺駅経由でよみうりランドまで一部直行の路線バスを運行している(2012年現在1日2往復)。
  • 中央自動車道:稲城ICを経由し稲城大橋を出て約2km、または調布ICから約5km。
  • 東名高速道路:東名川崎ICから約8km。
  • 駐車場は7時30分から22時まで営業。乗用車:1500円、二輪車:無料。
  • スカイシャトル

    「巨人への道」石標

    新宿駅を結ぶ路線バス(季節運行)

    最寄駅・京王よみうりランド駅

    よみうりランドでロケが行われた作品

  • アルプスの若大将(1966年5月28日。東宝系劇場公開) – 京南大学スキー部の練習シーンで「エバースノースキー場」として登場する。
  • ウルトラマン 第24話「海底科学基地」(1966年12月25日。TBS系) – 海水水族館や水中バレエ劇場がそれぞれ潜水艇の窓の外の魚類や水中でダイバーが活躍するシーンに使用された。
  • 快獣ブースカ 第31話「飛んで来た遊園地」・第32話「すてきな快獣の日」(1967年6月7・14日。日本テレビ系)
  • ウルトラファイト(1970年 – 1971年。TBS系)
  • ウルトラマンA 第5話「大蟻超獣対ウルトラ兄弟」(1972年5月5日。TBS系) – O型の血液を持つ女性が蟻地獄に引き込まれるシーンに登場。
  • パパと呼ばないで 第4話(1972年10月25日、日本テレビ系) – 噴水広場(のちのEAST)で主人公がデートの待ち合わせをする。
  • 太陽にほえろ! 第28話「目には目を」(1973年1月26日。日本テレビ系列で放映) – 誘拐犯との身代金受け渡し現場としてアイススケート場が登場。
  • ロボット刑事 第3話「時計発狂事件」(1973年4月19日。フジテレビ系)
  • 雑居時代 第9話(1973年11月28日。日本テレビ系) – 主人公である十一と阿万里がゴーカートに乗りに来る。EASTの前身である歌謡ステージと観客席も登場する。
  • 仮面ライダーX 第4話「ゴッド恐怖の影!!」(1974年3月9日。毎日放送制作・NET系) – 小暮博士の娘・冴子が友人2人と遊びに来た遊園地として登場。
  • 俺たちの旅(日本テレビ系) 第22話「少女は切なく恋を知るのです」(1976年3月22日)では、主人公の浩介が真弓にデートをせがまれて遊びに来る遊園地として極楽門周辺やコーヒーカップが登場、第33話(1976年5月23日)では浩介の妹がかつての恩師と来園し、歌謡ステージでの「花と歌の祭典」の様子が映っている。
  • 大都会 PARTII 第31話「殺人計画No.4」(1977年11月1日、日本テレビ系) – 交番爆破犯(蟹江敬三)が園内のトイレにて爆破殺人を決行し失敗する。
  • 大都会 PARTIII(日本テレビ系) 第8話「野獣の叛乱」(1978年11月21日)および、第17話「誘拐」(1979年1月30日)
  • ゆうひが丘の総理大臣 第20話(1979年2月28日。日本テレビ系) – 生徒がデートする遊園地としてアイススケート場や園内が登場。
  • ザ・ハングマン 第20話「恐怖の水中逆さ吊り」(1981年4月3日。朝日放送制作、テレビ朝日系)- 水中バレエ劇場がハンギングの舞台となった。「特別アンコールショー 悪い奴ほどよく泳ぐ!」と銘打って、偽宝石を密輸した上に高く売りつけた悪党どもに悪事を白状させた。
  • 西部警察 PART-II 第40話「ペガサスの牙」(1983年3月20日、テレビ朝日系、石原プロ製作) – 犯罪者が園内に車で逃げ込み、大門軍団とカーチェイスを展開。スキージャンプ台横の丘陵地で銃撃戦シーンの末、犯人確保となる。
  • 星雲仮面マシンマン 第22話「ピエロの秘密指令」(1984年6月8日)および、第25話「ミイラ男の挑戦」(1984年6月29日)
  • 江戸川乱歩の美女シリーズ『炎の中の美女』(1984年11月10日、テレビ朝日系) – 犯人と主要人物が極楽門からEAST場内で言い争いをし始め、明智探偵がEASTステージ上で犯罪の謎を解く。同シリーズの「妖しい傷あとの美女」(1985年3月9日)では近藤玲子水中バレエ団が撮影協力をしている。
  • ビー・バップ・ハイスクール(1985年12月14日、東映系劇場公開) – 冒頭のアクションシーンおよびヒロイン(中山美穂)が観覧車に連れ込まれるシーンで登場。
  • あぶない刑事 第9話「迎撃」(1986年12月7日。日本テレビ系) – 犯罪者に追われた松村課長が逃げ込んだ遊園地として登場、おばけ屋敷内部などで逃走を繰り広げる。EASTのステージで事件が解決を迎える。
  • CHAGE and ASKA PV「夢の番人」(1993年3月3日)
  • ウルトラマンティガ 第10話「閉ざされた遊園地」(1996年11月9日。毎日放送制作・TBS系) – ゴーカートなどが登場。劇中、ジェットコースターのミニチュアがウルトラマンティガが転倒した拍子に破壊されている。
  • ストーカー・誘う女 第5話「のぞきたい彼の家」(1997年2月6日。TBS系) – 主人公・森田一家が遊びに来た遊園地として登場。ストーカー化するミチルが楽しげな森田一家を遠巻きに見つめ続けるシーンがメリーゴーランドなどで撮影された。
  • ウルトラマンダイナ 第5話「ウイニングショット」(1997年10月4日。毎日放送制作・TBS系)
  • Run for money 逃走中 第21回「大統領暗殺計画」(2011年3月6日。フジテレビ系) – 架空のテーマパーク「卑弥呼ランド」として企画の舞台となった。来園中の大統領の暗殺計画が進行している設定で進行された。
  • クイズ☆タレント名鑑 第23回(2011年4月24日。TBS系) – 「run for money 逃走中」のパロディ企画「ギリギリ有名人が逃走中」が収録された。
  • ルーリー・うめ子の何でもやります課!? – 2011年8月と9月(撮影は同年6月)
  • ヒルナンデス!(2013年8月13日。日本テレビ系)
  • ハナエ MV「JUVENILE!!!!」(2013年10月23日)
  • 相棒 Season 12 第14話「顔」(2014年2月5日。テレビ朝日系)
  • ※ 参照元:https://ja.wikipedia.org