ぽこにゃんについて調べてみた件

ポコニャン』は、藤子・F・不二雄によるSF漫画作品、および同作の主人公の名前である。本稿では、それを原作としたテレビアニメ作品『ポコニャン!』についても扱う。

沿革

漫画は1975年4月号から1978年5月号まで『希望の友』(潮出版社)で連載した。また1970年7月号から1974年1月号にかけて、前身となる『ぽこにゃん』が『ようじえほん』(潮出版社)にて連載されている。不思議な生物ポコニャンが、同居する男の子を不思議な能力と道具で助けるという内容の作品である。

連載終了後15年を経た1993年に『ポコニャン!』のタイトルでテレビアニメ化した(全170話)。テレビアニメ化にあたっては、藤子・F・不二雄の別作品『ドラえもん』と差別化を図るため、内容に大幅なアレンジを加え、視聴層も『ドラえもん』より低い幼児から小学校低学年を対象としている。同年には田中道明(藤子・F・不二雄プロ)によってテレビアニメ版の設定を踏襲した同名の漫画が描かれ『小学一年生』に掲載された。

1994年にゲームボーイとスーパーファミコンにて、アニメ版をもとにしたゲームソフトが発売された。

2016年9月3日、藤子・F・不二雄ミュージアムで上映される短編映画として『ポコニャン&ドラえもん「ポンポコニャンでここほれニャンニャン!?」』が公開され、23年ぶりのアニメ化となる。公開記念として、ミュージアム限定販売でアニメイラストが使用されたカバー付きの藤子・F・不二雄大全集『ポコニャン』が発売。

原作

ネコともタヌキともつかない不思議な生き物であるポコニャンは、太郎の家に住んでいる。ポコニャンは太郎に不思議な遊び道具を出したり、不思議な力で助けたりする。

単行本

  • 潮出版社〈希望コミックス〉
  • 上巻(1978年12月20日初版発行、同時収録「鳥人くーん!」)
  • 下巻(1978年12月20日初版発行、同時収録「ベラボー」)
  • 潮出版社〈オールカラー版〉 – 巻頭フルカラーと2色カラーで構成。大判。
  • 中央公論社〈中公コミックス 藤子不二雄ランド〉全2巻 – 現在一番多く話が収録されている。
  • 潮出版社〈希望コミックス〉 – NHKでアニメ化の際に新装版を出版。「鳥人くーん!」と「ベラボー」を収録せず、代わりに『ようじえほん』で連載された「ぽこにゃん」を収録している。
  • 小学館〈ぴっかぴかコミックス〉- 巻頭4色カラー、残りは2色カラー・モノクロでを含む構成。
  • 2004年7月30日発売 ISBN 4091480519
  • 2004年9月1日発売 ISBN 4091480527
  • 2004年10月1日発売 ISBN 4091480535
  • 小学館〈藤子・F・不二雄大全集〉
  • 2011年10月25日発行、 ISBN 978-4091434746
  • 登場人物

    道具

    ポコニャンが作ったり、どこからか持ってきたりする、不思議な道具。

    テレビアニメ

    ポコニャン!』のタイトルで1993年4月5日から1996年3月29日まで、NHK総合テレビおよびNHK教育テレビで放送された(再放送を含め全170話)。

    登場人物

    へんぽこりんパワー

    ポコニャンが持つ不思議なパワー。「ぽんぽこぽんの、へんぽこりんの、ニャン!」と呪文を唱えてからパワーの名前を叫び、パワーを使う。また、一度唱えた始めの呪文は、(各話の中では)再度唱える必要はない。一度使ったパワーは、(各話の中では)「ニャン!」で代用できる。

  • 物体を自由に飛ばし、操ることができる。
  • 自分や他人に空を飛ぶ能力を与えることができる。
  • 絵本から物を出すことができる。ただし、関係ないものも出る。
  • 足跡を出すことができる。(第103話)
  • 光の穴を使い、太古やパラレルワールド、異次元に行くことができる。光の穴は、しっぽで地面などに円を描いて出現させる。
  • ゴルフの穴(カップ)にボール等を飲み込む意思を持たせる事が出来る。穴は人や物を飲み込むと巨大化する。(第112話)
  • おもちゃなどを操って、部屋の中で魚のように泳がせることができる。
  • 海などの波を自在に操ることができる。
  • 水のない場所に波を起こすことができる。
  • ボールに化けることができる。
  • 物体を透明な玉に閉じ込めることができる。無関係の人には絶対に玉を割ることはできない。
  • 汚れている物体をピカピカにすることができる。
  • 壊れている照明を点灯させることができる。
  • ポコニャンスロット

    スロットマシンのコーナーが本編とエンディングの間にあり、毎回「今日は誰かニャン」の台詞と共にリールが止まり始める。毎回、2つのリールが揃ったリーチの状態になり、最後のリールが揃うか見所である。6人のキャラクター(ポコニャン、ミキ、秀作、菊の助、ノボル、アタリ)の絵柄があり、揃った場合コインの代りに揃ったキャラクターが出てくる。外れた場合、ユウが出てきて「あかんべえ」をする。出目は、当たりが6種類、外れが30種類の全36種類ある。ポコニャンスロットの全結果は、10分の放送169話分(最終回は放送なし)で、当たりは93回、外れ76回。1993年12月31日放送では、2回放送され当たり1回、外れ1回である。また、このポコニャンスロットは「ポコニャンフレンド」という名前のプライズゲームとして実現化された。スロットが揃うとポコニャンの鉛筆が景品としてプレゼントされる。

  • ポコニャンスロットの出目と放送話数 (太字は当たり)
  • スタッフ

  • 原作:藤子・F・不二雄
  • 総監督:笹川ひろし
  • 監督:原征太郎
  • シリーズ構成:雪室俊一
  • 音楽:相良まさえ、宮原恵太
  • キャラクターデザイン:橋本とよ子
  • 美術監督:内田好之
  • 音響監督:山田悦司
  • アニメーション製作:アニメーション21、小学館、日本ヘラルド映画(現:株式会社KADOKAWA)
  • アニメーションプロデューサー:菅野てつ勇(スタッフ21)
  • 制作統括:村上憲一、茂手木秀樹
  • 原画:宇田川一彦、今川よしみ、谷田陽子、河合静男、石川修、越崎鉄也、野館誠一、小島秀人、西山里枝、坪川正、白石悟、河野一男、進藤満尾、森利夫、塚本哲哉、昆進之助、浜森理宏、高橋明信、武田政次、なかじまちゅうじ、星川信芳、西尾彰子、小塚左知子、的場敦、広瀬数子、長谷川仁、矢花馨、小島彰、郷敏治、窪敏、小林之浩、小野ひろみ、長坂寛治、松下純子、行武三枝、林和男、諏訪昌夫、井上英二、井尻博之、臼井孝二、杉本功、松井陸容、渡辺和夫、言世高実、中田正彦、岩根雅明、玉井公子、長縄宏美、小塚佐知子
  • 動画:松崎靖、福崎美香、小川祐子、片寄祐子、駒田壮司、大宮ルミ子、手島典子、沢崎信孝、勝部知子、菅野由美子、本間孝宏、藤本真弓、木口準、水口豊子、星合貴彦、鈴木香里、細木隆浩、大塚岩男、言世高実、今井仁美、田頭しのぶ、花房 明、富田誠司、三浦一世、上野美智子、山田大二朗、降旗昌弘、石井邦俊、上野千夏、堀正二郎、阿武恵子、石黒直美、飯岡真理子、白石悟、上田明美、斉藤美枝子、林あけみ、森重早苗、三木俊明、西岡茂、村上えり子、今井正春、仲野一弘、南雲礼子、山崎真美、伊藤武、根本かおる、高田靖仁、佐藤元朗、進藤満尾、星野浩一、遠藤省二、永井達朗、堀越新太郎、藤田淳也、堀越久美子、鈴木晃子、秋山薫、落合 匡、小林直生、花沢宏樹、鈴木満、佐藤美智子、村上えりこ、瀬上幸雄、須藤千夏、柿原剛、松島純子、村松啓子、佐藤智子、西尾彰子、島崎知美、矢花薫、渡辺信司、槙田一章、大塚岩夫
  • 仕上:辛和美、及川教恵、柴田美知子、吉田さよ子、中島淑子、渡辺妙子、大澤孝子、笛吹康二、大須賀隆純、池田和恵、福井薫、須田由美、福間栄子、佐伯歌子、高橋由紀子、天野千秋、栗崎ひろみ、仲神加代子、成田照美、田村三枝子、久保明美、稲葉真、折目絵美子、佐々木三枝子、細田敦子、大谷京子、谷田陽子、細田敏子、開發博美、青柳留美子、五木田幸子、塩谷麗子、羽田佐代子、荒川喜代美、羽田定子、渋谷圭子、青木晴美、外山由美子、渡邊美栄子、沢井里美、伊藤貴子、高山恭代、沼田貴子、箱田明美、山崎美奈子、平賀真紀、熊本ゆか、木村千登世、志田智啓、中村忍、小川幸枝、中島和子、須藤美穂、湯浅麗子、服部洋子、氏家靖子、和田登志子、木村祥子、田中文子、渡辺恵子、前田嶺子、北野恵介、堤雅代、片山りつ子、三徳三枝、久下真由美、山縣知己、山口規子、高山照美
  • 背景:森繁、美都宮聖咲、藤原敏晃、本多美紀、下道一範、早川司、源田治行、東條俊寿、内田祥子、亀崎経史、佐藤正行、村石静恵、関口健治、伊藤朱美、水野尾純一、石津節子、中村靖、山田祐子、大江真潮、新井由章、川島むつみ、新井由華、本間薫、本吉幸子、大野美千代、子名木麻起子、菅野博司、加藤納央、越膳滝美、中山恭子、谷口百範
  • 撮影監督:白井久男
  • 編集:高山智江子、坂本雅紀、森田清次、青木正子
  • 効果:糸川幸良(宮田音響?グループ&アイ)
  • 共同制作:NHKエンタープライズ
  • 製作著作:NHK
  • 主題歌

    オープニングテーマ(OP)は1つのみだが、エンディングテーマ(ED)は5種類をランダムに使用している。(1993年12月31日放送分のEDは、3話分を1つのEDにまとめられて放送されたため、第116?118話の各EDについては再放送から記載)

  • オープニング
  • 賽は投げられた
  • 作詞・作曲:立川俊之/歌:大事MANブラザーズバンド
  • エンディング
  • おやじと話す – 第1 – 5、13 – 23話(全16回)
  • 作詞・作曲:立川俊之/歌:大事MANブラザーズバンド
  • 幸福(しあわせ)のプレゼント – 第6 – 8、24 – 28、34 – 38、76、83、91、95、99、103、108、115、124、128、131、138、143、144、147、149、150、155、160、162、164、166話(全35回)
  • 作詞:及川眠子/作曲:山口美央子/歌:CHIHARU
  • けっこんしようよ – 第9 – 12、29 – 33、77、80、102、106、114、125、137、159話(全17回)
  • 作詞・作曲・歌:MOONCATS
  • 湯あがりハッスル – 第39 – 46、60、67、78、82、85 – 87、89、93、94、97、98、100、105、110、116、119 – 122、126、130、133、134、136、161、163、167、170話(全37回)
  • 作詞:彩木香/作曲:長内悟/歌:YUKA
  • ポコニャラ音頭 – 第47 – 59、61 – 66、68 – 75、79、81、84、88、90、92、96、101、104、107、109、111 – 113、117、118、123、127、129、132、135、139 – 142、145、146、148、151 – 154、156 – 158、165、168、169話と1993年12月31日放送分(全66回)
  • 作詞:藤子・F・不二雄/作曲:赤坂東児/振付:瀬戸口清文/歌:リン・M・ハリス
  • サブタイトルリスト

    全170話。NHK総合での放送時に年間予定以外の放送(ニュース、国会中継、相撲など)で休止が多かった。またこの度重なる休止によって、当初の放送予定は大幅に変更されて放送された。リストは、初回放送順に準拠したものである。物語としての最終話は第148話。

    ビデオソフト

  • 1993年から1994年にかけて日本ヘラルド映画から選り抜きでの収録でVHSビデオソフトが計16巻発売された。
  • 2011年に藤子・F・不二雄ミュージアム開業記念企画としてTCエンタテインメントから発売された「藤子・F・不二雄TVアニメアーカイブス」シリーズに選り抜き形式で計6話が収録され、モジャ公と共に初DVD化となった。
  • シアターアニメ

    タイトルは『ポコニャン&ドラえもん「ポンポコニャンでここほれニャンニャン!?」』。藤子・F・不二雄ミュージアム施設内にあるFシアターで、開館5周年の記念日にあたる2016年9月3日より短編映画として公開。アニメ化としては1993年のテレビアニメ版から23年ぶりであり、前作に引き続き三田ゆう子がポコニャンを演じる。ストーリーは原作の「ここほれニャンニャン」に沿っており、大幅なアレンジが加えられた前作には登場しなかった太郎が初登場するほか、ドラえもんとのび太が登場キャラクターとして加わっている。

  • 原作 – 藤子・F・不二雄
  • 企画 – 大倉俊輔
  • 監督・絵コンテ – 大杉宜弘
  • 演出 – 善聡一郎
  • 作画監督 – 三輪修、中本和樹
  • 美術監督 – 荒井和浩
  • 色彩設計 – 松谷早苗
  • 音響監督 – 田中章喜
  • 制作 – シンエイ動画
  • ゲームソフト

    ※ 参照元:https://ja.wikipedia.org