国分寺について、調べてみた件

国 分 寺 ( こ く ぶ ん じ ) は 、 741年 ( 天 平 13年 ) に 聖 武 天 皇 が 仏 教 に よ る 国 家 鎮 護 の た め 、 当 時 の 日 本 の 各 国 に 建 立 を 命 じ た 寺 院 で あ り 、 国 分 僧 寺 ( こ く ぶ ん そ う じ ) と 国 分 尼 寺 ( こ く ぶ ん に じ ) に 分 か れ る 。 

正 式 名 称 は 、 国 分 僧 寺 が 「 金 光 明 四 天 王 護 国 之 寺 ( こ ん こ う み ょ う し て ん の う ご こ く の て ら ) 」 、 国 分 尼 寺 が 「 法 華 滅 罪 之 寺 ( ほ っ け め つ ざ い の て ら ) 」 。 な お 、 壱 岐 や 対 馬 に は 「 島 分 寺 ( と う ぶ ん じ ) 」 が 建 て ら れ た 。 

概 要 

日 本 の 国 分 寺 ・ 国 分 尼 寺 の 先 例 と し て 、 隋 王 朝 を 建 て た 文 帝 ・ 楊 堅 に よ る 大 興 国 寺 (大 興 善 寺 )が あ っ た 。 そ の 後 の 唐 王 朝 で は 、 則 天 武 后 に よ る 大 雲 寺 、 中 宗 に よ る 竜 興 寺 観 、 玄 宗 に よ る 開 元 寺 が あ っ た 。 

聖 武 天 皇 は 、 天 平 9年 ( 737年 ) に は 国 ご と に 釈 迦 仏 像 1躯 と 挟 侍 菩 薩 像 2躯 の 造 像 と 『 大 般 若 経 』 を 写 す 詔 、 天 平 12年 ( 740年 ) に は 『 法 華 経 』 10部 を 写 し 七 重 塔 を 建 て る よ う に と の 詔 を 出 し て い る 。 

『 続 日 本 紀 』 『 類 聚 三 代 格 』 に よ れ ば 、 天 平 13年 ( 741年 ) 2月 14日 ( 日 付 は 『 類 聚 三 代 格 』 に よ る ) 、 聖 武 天 皇 か ら 「 国 分 寺 建 立 の 詔 」 が 出 さ れ た 。 そ の 内 容 は 、 各 国 に 七 重 塔 を 建 て 、 『 金 光 明 最 勝 王 経 ( 金 光 明 経 ) 』 と 『 妙 法 蓮 華 経 ( 法 華 経 ) 』 を 写 経 す る こ と 、 自 ら も 金 字 の 『 金 光 明 最 勝 王 経 』 を 写 し 、 塔 ご と に 納 め る こ と 、 国 ご と に 国 分 僧 寺 と 国 分 尼 寺 を 1つ ず つ 設 置 し 、 僧 寺 の 名 は 金 光 明 四 天 王 護 国 之 寺 、 尼 寺 の 名 は 法 華 滅 罪 之 寺 と す る こ と な ど で あ る 。 寺 の 財 源 と し て 、 僧 寺 に は 封 戸 50戸 と 水 田 10町 、 尼 寺 に は 水 田 10町 を 施 す こ と 、 僧 寺 に は 僧 20人 ・ 尼 寺 に は 尼 僧 10人 を 置 く こ と も 定 め ら れ た 。 

国 司 の 怠 慢 の た め に 、 多 く の 国 分 寺 の 造 営 は 滞 っ た 。  天 平 19年 (747年 )11月 の 「 国 分 寺 造 営 督 促 の 詔 」 に よ り 、 造 営 体 制 を 国 司 か ら 郡 司 層 に 移 行 さ せ る と と も に 、 完 成 さ せ た ら 郡 司 の 世 襲 を 認 め る な ど の 恩 典 を 示 し た 。 こ れ に よ り 、 ほ と ん ど の 国 分 寺 で 本 格 的 造 営 が 始 ま っ た 。 

国 分 寺 の 多 く は 国 府 区 域 内 か 周 辺 に 置 か れ 、 国 庁 と と も に そ の 国 の 最 大 の 建 築 物 で あ っ た 。 ま た 、 大 和 国 の 東 大 寺 ・ 法 華 寺 は 総 国 分 寺 ・ 総 国 分 尼 寺 と さ れ 、 全 国 の 国 分 寺 ・ 国 分 尼 寺 の 総 本 山 と 位 置 づ け ら れ た 。 

律 令 体 制 が 弛 緩 し て 官 に よ る 財 政 支 持 が な く な る と 、 国 分 寺 ・ 国 分 尼 寺 の 多 く は 廃 れ た 。 た だ し 、 中 世 以 後 も 相 当 数 の 国 分 寺 が 、 当 初 の 国 分 寺 と は 異 な る 宗 派 あ る い は 性 格 を 持 っ た 寺 院 と し て 存 置 し 続 け た こ と が 明 ら か に な っ て お り 、 国 分 尼 寺 の 多 く は 復 興 さ れ な か っ た が 、 後 世 に 法 華 宗 な ど に 再 興 さ れ る な ど し て 現 在 ま で 維 持 し て い る 寺 院 も あ る 。 な お か つ て の 国 分 寺 跡 地 近 く の 寺 や 公 共 施 設 ( 発 掘 調 査 な ど ) で 、 国 分 寺 の 遺 品 を 保 存 し て い る 所 が あ る 。 

国 分 寺 建 設 地 の 選 定 

国 分 寺 の 建 設 地 の 選 定 に お け る 条 件 は 、 石 田 茂 作 の 諸 国 国 分 寺 の 調 査 成 果 に よ り 『 東 大 寺 と 国 分 寺 』 に よ り 示 さ れ て い る 。 

地 形 的 条 件 

都 市 計 画 的 条 件 

政 治 的 条 件 

一 覧 

所 在 地 は い ず れ も 創 建 当 初 の も の 。 ( 推 定 ) は 推 定 地 、 ( 未 詳 ) は 所 在 不 明 、 複 数 記 載 は 説 の あ る も の 。 

表 注 

※ 参照元:https://ja.wikipedia.org



/天気/マルイ/ランチ/ラーメン/居酒屋/市役所/カフェ/図書館/セレオ/ホテル/郵便局/焼肉/賃貸/病院/駅ビル/そば/カラオケ/美容院/皮膚科/イタリアン/バイト/マンション/居酒屋飲放題ミライザカ/大学/グルメ/銭湯/内科/カレー/ディナー/ケーキ/本屋/焼き鳥/公園/寿司/飲み屋/整形外科/眼科/山水/時刻表/歯医者/ファミレス/再開発/居酒屋個室/耳鼻科/スタバ/バス/駐輪場/ジム/ダイソー/駐車場/タクシー/パン屋/うどん/喫茶店/ホームセンター/映画館/ムタヒロ/飲み放題/バー/マック/ユニクロ/ハンバーガー/和食/ピザ/中華/ビジネスホテル/レンタカー/保育園/恵比寿屋/観光/ツインタワー/きぬたや/甚五郎/個室/スーパー/ロフト/レストラン/ステーキ/北口/回転寿司/労政会館/漫画喫茶/食べ放題/女子会/餃子/うなぎ/整体/温泉/中古マンション/プール/肉/フットサル/おすすめ/タワーマンション/ベガスベガス/花屋/日本酒/羽田空港バス/食べログ/幼稚園/メンタルクリニック/紅/とんかつ/ベーグル/モナコ/整骨院/ゲーセン/タイ料理/ネットカフェ/クリーニング/お好み焼き/北口カフェ/古着屋/デート/南口/フジランチ/さんたま/住みやすさ/若松屋/ネイル/居酒屋安い/定食/居酒屋おすすめ/アルバイト/タリーズ/鳥貴族/地図/不動産/心療内科/ティップネス/カフェスロー/婦人科/つけ麺/食事/トキシラズ/梅の花/ブックオフ/産婦人科/ローソン/パスタ/電気屋/求人/ゴミ/セブンイレブン/うめづ/まねきねこ/床屋/スイーツ/牛角/鍋/宴会/西友/ゆうちょ/コーヒー/駅前/一滴/薬局/一人暮らし/コインランドリー/昼飲み/アパート/すぷーん/神社/動物病院/新宿/ドラッグストア/夜ご飯/ホール/淡々/物件/体育館/家賃/tsutaya/府中バス/古本屋/バル/焼肉食べ放題/一休/百均/エル/小児科/みどりの窓口/韓国料理/マツエク/ドトール/利休/ガスト/コンビニ/セレオレストラン/フレンチ/ショッピング/パンケーキ/パン/モーニング/温野菜/粗大ゴミ/gu/ワイン/サイゼリヤ/